Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活日記
  4. ゴナール注射を続け、高タンパクな食生活で自然妊娠を目指したい【妊活日記35】

LOVE

2019.01.27

ゴナール注射を続け、高タンパクな食生活で自然妊娠を目指したい【妊活日記35】

33歳兼業主婦ライターが妊活を実録リポートするブログ的連載第35回。不妊専門院に通い始めて5か月。不妊治療の医師と、不妊鍼灸の鍼灸師に言われたことを整理。

【33歳の妊活日記】by OLライターHana

バリバリと仕事をしてきた20代、30歳を越えこのまま独身バリキャリを貫くのかと思ってた矢先に社内の先輩男性と縁あって32歳で結婚。

さぁ次は妊娠と考えた2016年5月から、2018年の今、未だ妊娠に至らず…自分の努力だけでも越えられない壁があることに気がつき、同時に同じ悩みを抱える30代女性の多さを知る。

自分は妊娠できるのか、その答えはまだ見つかっていないけれど、同士のような女性たちへのエールもこめ、またこれから先、妊娠に悩む女性たちに少しでも役立てばと、実録で33歳兼業主婦ライターが妊活をリポートします。

これまでの記事:妊活日記一覧はこちら

(c)Shutterstock.com

#35 不妊治療院では、再びタイミングで頑張りましょうと言われ…

今年の7月に不妊クリニックの通院を開始して4か月目。季節は秋を過ぎ、冬へと向かいはじめました。不妊治療院でタイミングで自然妊娠を目指しましょう先生に言われたことで、足取りも軽くなり、その足でいつもの鍼灸院に向かいました。

今振り返って思うのは、4か月間、今日この日まで本当に自分の治療、自分の体に対して、ひいては自分の未来に対して、当事者意識が欠如していたように思います。

おそらく鍼灸師の鈴木さん(仮)はこんな私に対して怒っていたのでしょうね。

不妊治療をしている他の人はどうなんだろう?

私の場合は、不妊クリニックに行けば、治療をしてもらえれば、妊娠するってどこかで思っていました。だからお医者さんに完全に委ねていたというか。人任せ。クリニック任せ。つまり我がごととして考えていなかった。

だからいつも質問もせずに「はいはい」とステップアップしていた感じ。もちろんステップアップすること自体は納得していたけれど、なぜその治療なのか、なぜ私の卵は大きくならないのか、もっと積極的に治療に臨むべきだったのかと思います。

でもまだこの時はそこまで客観的には考えられていないのですが…。

診察
(c)Shutterstock.com

親身な鍼灸師の鈴木さん(仮名)に今後の方針について報告

この日鍼灸院につくと、いつもの鈴木さん(仮名)が今日の診察結果を尋ねてきたので、先生から言われたことをそのまま話しました。話の途中から鈴木さん(仮名)の表情が、いつもよりもさらに気の毒さを増して、私への同情と呆れと怒りを交えた感情になってきて。。。

あー鈴木さん(仮名)はO先生の治療=ゴナール注射に戻るでは妊娠は厳しいと思っているんだな。予想通り、私が話を全て終えたところで、鈴木さんにドクターの治療方針を真っ向否定されました。

鈴木さん(仮名)「Hanaさん。Hanaさんはこれだけ排卵に苦戦していますよね。同じような患者さんを今までもたくさん診ていますけど、ゴナールを最大量注射したり、Hmgを連日打てば大概のケース排卵までは至ってますよ。

これだけHanaさんが排卵しづらいことがわかった今、タイミングを狙うなんて悠長すぎます!

年齢のことも考えて、採卵だけでもした方がいいです!

採卵ってわかります? 今の年齢のたまごをとっておくことができるんです。これからタイミングを狙って、そのまま長期間妊娠できなかったらその分妊娠できる確率は下がっていくんですよ」

初めは他の患者さんの例を出して遠まわしな言い回しをしようと試みていたのだろうけど、話しながらどんどん熱を帯びてありがたいけど、マジきっつ~!! この鍼灸院、いや鈴木さんの助言が毎度毎度グサっとくるわあ(涙)

しかも、不妊クリニックが自然妊娠を狙いましょうといって、東洋医学の鍼灸院が体外受精のために採卵しておきなさいなんて、考え方逆転してるじゃん! どないなっとるねん。

鍼治療
(c)Shutterstock.com

話題は変わり、私の普段の生活内容について探ってきた

しかし、鈴木さん(仮名)の話をうけて、私が来たときと打って変わって浮かない表情になったので、鈴木さん(仮名)は焦ったのか話題を急に変えてきました。

鈴木さん(仮名)「Hanaさん。今日は病院の後、ここへはお昼は召し上がってからいらっしゃいましたか?」

Hana「あ、はい。食べてきました~」

のほほんと答えるわたし。まさかこの話も鈴木さんの事情聴取の手口だとはつゆ知らず、まんまと答えた。

鈴木さん(仮名)「じゃあお腹いっぱいで、今日の施術は眠くなっちゃうかな。ちなみに何を召し上がったんですか~?」

Hana「トマトリゾットです!」

鈴木さん(仮名)「外食?」

Hana「いえ、自炊です。昨日作った残りを・・・」

遠慮がちを装って、自炊だった私は堂々と答えた!

さてはこやつ(鈴木さん(仮名)ごめんなさい)、私が外食って答えるのを期待していたな。ふふん。この前、叱られてから私はできるだけ自炊生活してるのじゃ。ここからの怒りポイントなくしたな! いひひ!

鈴木さん(仮名)「あー・・・ Hanaさんはお米とかパンとか結構お好きなんですか?

Hana「うーん好きというか、普通には食べますけど・・・」

え? なに? その反応なによ? なんなのよ? 外食してたら外食を怒るつもりだったんじゃないの? なに? 何をいったらアウトなの!? 負けないわよー!

謎の探り合いの会話が繰り広げられる・・・

鈴木さん(仮名)「リゾットのほかは何を召し上がったんですか?」

!? そっかー、鈴木さんは私が食べ過ぎてないかを確認するつもりね!? 大丈夫よ。私はリゾット以外食べていない!

Hana「リゾットだけです。トマトもかなり入れたので・・・」

ふふん。トマトが入っていたんだから。野菜入りよ。私が食べたのはチーズリゾットじゃないの。 トマトリゾット! どう!? ヘルシーでしょ!

鈴木さん(仮名)との心理戦はまだ続く・・・

鈴木さん(仮名)「へえ。トマトいいですね。Hanaさんは結構丼ものとかお好きです? 結構OLさんとかでも牛丼とか召し上がる方多いですよね」

ん? なによ。急に世間話だったの?? っもう! 紛らわしいわ!

Hana「丼もの好きではないですけど、営業で時間がないときとかは結構食べちゃうときありますよね。松屋とか。すごいボリュームですけどね。」

鈴木さん(仮名)「あ~! やっぱり」

え~~!! なに!? 今の会話のどこ!? NGワードはなに? まさか松屋!?

時間がないときの話でしょ!? 毎日松屋なわけじゃないわ!

これから鈴木さん(仮名)が何を言わんとしているのか全くわかりませんでしたけど、どうやら私の回答は鈴木さんの推理通りだったようです。

そうして、鈴木さん(仮名)からこんなことを言われました。

鈴木さん(仮名)「Hanaさんみたいな多嚢胞気味の方って、糖代謝に原因があることも多いんです。」

Hana「え? ああ。先生に初めに言われました。でも、私の場合体重や体毛の感じからして、その可能性は低いって言われてそのままなんですけど。」

鈴木さん(仮名)「そうですか。結構、糖代謝に原因があって、糖尿病の薬で排卵する人もいるんですよ。でももしそうでないとしても、糖の過剰摂取は排卵しづらくしてしまうんです。

これからちょっと血糖値があがりにくい食事を意識してください。甘いお菓子とかの間食は避けて小腹がすいたらナッツを食べてください。それから白米、パスタ、パンこのあたりは量を減らして。もし食べるなら、玄米とか全粒粉のパンとか。嫌でなければオートミールが一番おすすめです。それと、たんぱく質は食べていますか?」

Hana「たんぱく質??」

鈴木さん(仮名)「そうです。お肉とかたまごとか」

Hana「お肉は豚バラとか? よく食べてますけどダメですか? たまごはほとんど食べていないです。旦那が嫌いなので」

鈴木さん(仮名)「豚肉じゃなくてできるだけ、赤身の牛肉を食べてください。卵巣のたまごを育てるにはできるだけたんぱく質を取らないといけないんです。豚バラは油が多くてたんぱく質は少ないからできれば避けてほしいな。豚バラ食べるなら、お魚食べてください。卵も本当は毎日1個は食べてほしいです。」

Hana「へえ! わかりました。炭水化物を減らして、赤身の肉とたまごを食べればいいんですね!」

単純な私の頭の中は焼肉とたまごでいっぱい。鈴木さん(仮名)は私が素直に納得したので、少しほっとした表情をしました。

食材
(c)Shutterstock.com

鈴木さん(仮名)「そうですね。ぜひお食事から見直してみてください。それと最近は帰宅時間はどれくらいですか?」

Hana「8時です! この前言われて、もう残業辞めたので、できるだけ定時で会社を出るようにしています。」

鈴木さん(仮名)「うーん、8時もまだ遅いですね。でもお仕事を変えられないということでしたら、帰宅後はスマホ、パソコン、テレビはできるだけ見ずに、とにかく早めに布団に入ってください。」

ええ~!! 私8時に帰宅でも前と比べたらかなり頑張っているのに! まだダメなの!? そんな僧侶みたいな生活しないと妊娠ってできないの!?

そして、鈴木さん(仮名)からの本日最後の質問。

鈴木さん(仮名)「ちなみにHanaさん、ご主人は家事は手伝ってくれていますか?

Hana「いえ、私が基本的に全部やります。」

私のこの回答に対してはその日明確な返事は鈴木さん(仮名)からはありませんでした。

でもこの日鍼灸院を出るときに「Hanaさんは働きすぎ、動きすぎだから早く寝る、休日は休むを意識して」と言われたので、旦那と家事も分担して、休む時間を取る必要があると伝えたかったのでしょう。

こうして、私のクリニックと鍼灸院を跨ぐ熱い1日は終わりました。結果、明日からの、いや今日から私がするべきことは、整理されました。

■不妊治療院と鍼灸院へ行き、見えてきた今自分がすべきこと

1.ゴナールを100単位ずつ毎日注射すること。
2.炭水化物を減らすこと。
3.たんぱく質を取ること。
4.しっかり休むこと。

この4つならなんだかやれそうな気がする。少しずつ生活、体質を改善しながら妊娠を目指そうと思い始めたスタートの日なのでした。

つづく

これまでの記事:妊活日記1〜34はこちら

※この連載は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

Hana 33歳兼業主婦ライター

広告代理店で働くアラサー主婦OL。結婚2年目。主婦業、仕事に追われながらも、ただいま子作り奮闘中。夢は、家族でハワイ移住。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature