Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活日記
  4. 胎嚢らしきもの… 心拍未確認の状態のまま私は旅立つことを決意【妊活日記52】

LOVE

2019.12.24

胎嚢らしきもの… 心拍未確認の状態のまま私は旅立つことを決意【妊活日記52】

妊娠成立とは言われても心拍はまだ確認できない時期に、ハワイ旅行を予約していた…。33歳兼業主婦ライターが妊活を実録リポートするブログ的連載第52回。

OLライター Hana

【33歳の妊活日記】by OLライターHana

バリバリと仕事をしてきた20代、30歳を越えこのまま独身バリキャリを貫くのかと思ってた矢先に社内の先輩男性と縁あって32歳で結婚。

さぁ次は妊娠と考えた2016年5月から、未だ妊娠に至らず… 自分の努力だけでも越えられない壁があることに気がつき、同時に同じ悩みを抱える30代女性の多さを知る。

自分は妊娠できるのか、その答えはまだ見つかっていないけれど、同士のような女性たちへのエールもこめ、またこれから先、妊娠に悩む女性たちに少しでも役立てばと、実録で33歳兼業主婦ライターが妊活をリポートします。

これまでの記事:妊活日記はこちら

(c)Shutterstock.com

妊娠は成立? でもまだ心拍は確認できていない

私、アラサーOL33歳。生理不順歴、かれこれ20年。結婚歴2年、不妊治療歴1年。

ついに、ついに妊娠が成立した。

しかし、現時点ではまだ赤ちゃんの心拍は確認出来ていない。

妊娠とは、一体何回のハードルが準備されているのだ… と若干妊活にウンザリしている自分もいた。

それに、先日の妊娠判定の時のエコー写真を先生がくださったのだけれども、家についてバッグから取り出してみたら、ボールペンで余白に「胎嚢??」と書いてあった。

ちょw

「?」ってどういうことやねん!!

でも確かに「胎嚢らしきもの」と言っていて、断定はしていなかったしな・・・

まあそれくらい現時点では、生命としては存在しているかどうかがわからないレベルなのかもしれないな。。。

しっかし、長年の私の脳内シミュレーションでは、妊娠検査薬で陽性反応が出た瞬間に… もしくは病院で妊娠判定ができたその瞬間に…

妊活から解放されて、脳内お花畑になれると思っていたけれど、それはとても大きな間違いでした。

ひとつステップが進めばまたひとつ新しいハードルが出てきて、浮き足立つどころか地に足がのめりこみそうな心情でした。

期待しないように。

がっかりしないように。

動じないように。

驚かないように。

悲しまないように。

そしてまたまた、ネットで検索したい気持ちがむくむくと…

やっぱり心拍確認について調べてしまう自分がいて、ネットには良い情報、悪い情報、よくわからない情報、玉石混交。

夜中に検索して、不安になって、安心しての繰り返しでした。

しかも…

実は私の不安はもうひとつ…

今のわたしの状態で飛行機に乗ってハワイに行く? 行かない?

なんと…

今週期は排卵していないと言われた時に、思い立って2週間後にハワイ旅行を予約していたのだった〜〜〜〜!!!!

妊活シンドロームの自分をリフレッシュさせるにはちょうどいいやと思って、安易に予約をしてしまったのです。

(c)Shutterstock.com

心拍確認の2週間前に私は飛行機に乗って、ハワイに行くのか…!?

こんなにこんなに妊娠するのが大変だったのに、ここはするっと飛行機なんぞに乗ってしまうのか!?

ネット検索をすると「私なら絶対に乗りません」「キャンセル料なんて惜しむべきではない」というコメント。

しかし逆に「妊娠に気づいたのがだいぶ後だったため、飛行機にガンガン乗って出張をしていた」なんてツワモノの方も…。

正解はなく、自分で決めるしかないのかなと思っていました。

ただ、こんな時は頼れるママン(母)に相談だ。

ということで、ママンに電話をすると…

(c)Shutterstock.com

ママン「念のため病院にも確認をして、先生がOKだったら行ってきなさい。あんたがもし不妊治療をしていなかったら、今の時点で妊娠に気づかないまま行ってるでしょ。大事に大事にしたい気持ちもわかるけど、この時期の赤ちゃんって万が一があった時には、それはもう誰のせいでもないのよ。あまり行動を制限して、慎重に慎重にって生活しているのもあなたの性格的に良くないと思うわよ」

Hana「ほう…」

なるほど。ママン。踏ん切りがついたよ。しかし、まずは病院に確認だな。

念のため診察予約を入れて、先生に聞いてみることにしました。何度か診ていただいた女医の先生でしたが、「特に飛行機に乗ったということで、胎児に影響が出るということは考えづらいでしょう」とのこと。

まあ「ぜひ行ってきてください」とは言われないものの、この時期の自分の行動が胎児に影響を与えるということは基本的にないそう。

まだお腹の中にいるのかいないのか、その存在は感じられないのに、謎に”抜き足差し足忍び足”で歩いたり、電車で押されないようにささっと隙間に滑り込んだり、日常生活で忍者のような動きを始めた自分自身にも少し怖くなっていたので、ここは思い切ってハワイへ行くことにしました。

(この判断については、本当に賛否両論あると思いますので、決してオススメはしません。ただ、私の場合は通常妊娠の人ならばまだ妊娠に気づいていないような時期だったので、先生的にはそこまで行動制限する必要はないとおっしゃっていました)

そんなわけで、私は心拍確認前にハワイへと旅立ったのです。

しかし… ハワイで待ち受けていたものは青い海、眩しい太陽、美味しいご飯ではなく…

これまでの記事:妊活日記はこちら

※この連載は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

Hana 33歳兼業主婦ライター

広告代理店で働くアラサー主婦OL。結婚2年目。主婦業、仕事に追われながらも、ただいま子作り奮闘中。夢は、家族でハワイ移住。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature