Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活日記
  4. 妊娠検査薬で偽陽性!? モヤモヤしたまま旅へ… 自分の変化に気づいた【妊活日記49】

LOVE

2019.09.10

妊娠検査薬で偽陽性!? モヤモヤしたまま旅へ… 自分の変化に気づいた【妊活日記49】

限りなくゼロの可能性に近い妊娠を疑い、2回目の妊娠検査薬にトライ。33歳兼業主婦ライターが妊活を実録リポートするブログ的連載第49回。

OLライター Hana

【33歳の妊活日記】by OLライターHana

バリバリと仕事をしてきた20代、30歳を越えこのまま独身バリキャリを貫くのかと思ってた矢先に社内の先輩男性と縁あって32歳で結婚。

さぁ次は妊娠と考えた2016年5月から、未だ妊娠に至らず… 自分の努力だけでも越えられない壁があることに気がつき、同時に同じ悩みを抱える30代女性の多さを知る。

自分は妊娠できるのか、その答えはまだ見つかっていないけれど、同士のような女性たちへのエールもこめ、またこれから先、妊娠に悩む女性たちに少しでも役立てばと、実録で33歳兼業主婦ライターが妊活をリポートします。

これまでの記事:妊活日記はこちら

(c)Shutterstock.com

限りなくゼロの可能性に近い妊娠の疑いに2度目の検査薬

結婚して2年、妊娠を意識して同じく2年。本格的な不妊治療を開始しておよそ1年。

限りなくゼロの可能性に近い妊娠を疑い、妊娠検査薬を使用。うっすら陽性線が見えた気もするけれど、やっぱり見えない気もした。
本当は見えていない線を、無理やり見ようとしたという表現が近いかもしれない(なんだかドラマチック)

でも、ママンからの「偽陽性」指摘により、その陽性の線は見えなくなり、妊娠への期待は粉々に砕け散った(少しドラマチックに)。

排卵誘発剤による、妊娠検査薬、偽陽性の疑い。偽りの陽性の疑い・・・もはや何が真実かわからなくなることばですよね。

そんな旅行当日にして、妊娠シンドローム真っ只中の私は、予定していた友人との国内旅行に新幹線で旅立ったのでした。この日ばかりは妊活のことを忘れて、リフレーッシュ!!

(c)Shutterstock.com

なんて書きたいですけれど、妊活シンドロームど真ん中女子の私は旅行中も偽陽性のことで頭がいっぱいでした。

「妊娠検査薬 偽陽性 妊娠」なんてワードを立ち寄ったカフェのトイレで検索したり・・・(ああ。今私が見たいのでは、るるぶでもことりっぷでもないの。妊娠初期症状のスレッドが猛烈に見たいのよ〜ϵ( ‘Θ’ )϶)

それから子宝なんて関係ない神社で「子宝」をお祈りしたり・・・(神様迷惑だったかしらね)

(c)Shutterstock.com

極めつけは・・・日本酒が有名な場所に行ったのですが、空気を読まずにノンアルコールを頼んだ私・・・みんな目がテン。本当にKYも甚だしい。

しかし、万が一の中の万が一を考えて、どうしても飲めなかったの〜〜(なんていう確立の低さ)限りなく0に近い妊娠を疑って、1杯のアルコールが飲めない。

でも。

だって。

こんなに、こんなに苦労してここ(偽陽性)まで来たっていうのに、一杯のお酒で無駄な後悔したくないの。

しかし、ほんとうにKYもいいところ。その時の友人たちに今この場を借りて謝罪します… ごめんなさい。

そのような訳で、心身のリフレッシュ(主に私は心)目的の旅行は妊活シンドロームを助長させる旅になっただけでした。そして、帰宅後、荷物を片付けるや否や・・・

(c)Shutterstock.com

「妊娠検査薬〜」(byドラえもん)

で、妊娠の有無を再検査。

本当に、私こわいですね。書いていて怖いです。

でも排卵誘発剤を使用したことによる偽陽性は一時的なもので、尿の中のホルモンが変化すると共に偽陽性は陰性に変わるとネットに記載されていたので、2日経った今日も検査をしてみて、消えているのか消えていないのかどうしても確認したかったんです。

まさに執念。もはや怨念。

でもどういう訳だか、私みたいな人間のためにか、妊娠陽性反応に執念を燃やす女性たちのためになのかは知らないけれど、妊娠検査薬の大半は2本セット(笑)

なので前回の残りの1本がたまたま残っていたからさ。と自分に言い聞かせながら、検査。

検査・・・

ん??

んんん??

前回と同じく目を細めると見えなくもない偽陽性。2度も偽陽性を出されちゃあ、さすがの私も黙っていられない!

ネットに聞いてもわからない!

(c)Shutterstock.com

なんと、私は通っているクリニックに電話をしてみたのでした。こういう時の自分のおかしな行動力、幼少期からなんですよね。

Hana「すみません。そちらに通っている者ですが、今週期は排卵の可能性が少ないので妊娠の可能性はなさそうという話だったのですが、1回だけ突然吐いたので、念のために妊娠検査薬を使ってみたら、薄く陽性反応が出たのですが、これは・・・ 注射によるものでしょうか?」

電話に出た方は、慌てた様子で「ドクターに確認します!」と言ってすぐに保留。保留音が2周くらいしたくらいの頃、先ほどの方がドクターに確認したみたいで電話口に戻ってきました。

看護師さん「えっと今ドクターに確認したのですが。Hanaさんですよね・・・」

Hana「はい! 私、hanaです。」

看護師さんも私の気迫の電話に押されてか、単純に焦ってなのか、謎の中学英語的なやりとりをした後ゆっくり状況を切り出してくれました。

看護師さん「今回妊娠検査薬で陽性が出ているということなんですが、もしも妊娠が成立していた場合、今日の時点では妊娠3週なんですね。妊娠3週の時点って、通常の場合は自覚症状もないですし、病院に来ていただいても妊娠の成立はわからないんですよ。なので、2週間後に予約をお取りしましょうか?」

Hana「え!! そうなんですか。わかりました。じゃあ予約だけしておきます。あ、でももし生理が来た場合もこの予約のタイミングで伺っていいですか?」

看護師さん「はい! 大丈夫ですよ。では●日の14時に。お大事にしてくださいね」

心臓が口から出そうなという表現は大きすぎるかんじですが、ドキドキの電話は終わりました。つまり、妊娠しているかしていないかは今の時点ではわからないということか。。。うーん。がっかり。

あら??

いつものがっかりと少し違うことに気づきます。

今まで卵胞が育ったかどうかに一喜一憂し、たまごの成長に期待して、たまごの大きさにがっかりすることの繰り返しだったのに、今の私は妊娠したかどうかに一喜一憂している!

これってすごい進歩。

もしも、今回ただの偽陽性だったとしてもこうやって少しずつ、前に進めていたんだなぁとじんわり嬉しい気持ちになりました。

(c)Shutterstock.com

つづく

これまでの記事:妊活日記はこちら

※この連載は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

Hana 33歳兼業主婦ライター

広告代理店で働くアラサー主婦OL。結婚2年目。主婦業、仕事に追われながらも、ただいま子作り奮闘中。夢は、家族でハワイ移住。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.11.12

編集部のおすすめ Recommended

Oggi12月号 P183に掲載のバナナ・リパブリックのコートの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥25,818 →(正)¥27,637

Oggi12月号 P242に掲載のイレーヴのジャケットの本体価格に誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)¥66,000 →(正)¥72,000

Feature