2020年の秋冬ファッションは"映える服"で更新! 上質な素材や色味できれいめに着こなす35選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 冬ファッション
  5. 2020年の秋冬ファッションは“映える服”で更新! 上質な素材や色味できれいめに着こなす35選

FASHION

2020.10.24

2020年の秋冬ファッションは“映える服”で更新! 上質な素材や色味できれいめに着こなす35選

「シンプルなのにおしゃれ」「大人の余裕を感じる」といった、そこはかとなく漂う上質な佇まい。秋冬ファッションにほしいのは、そんな日常を彩るトレンド感。今回はおすすめの旬アイテムとともに、働く女性のためのリュクスなコーデをご紹介します。

【目次】
2020年秋冬ファッションのおしゃれの正解は?
2020年はきれいめ○○で今っぽく着こなす
上質ワードローブを取り入れた秋冬コーデ
最後に

2020年秋冬ファッションのおしゃれの正解は?

トレンドとは唯一無二のものではありません。では複数あるトレンドの中から、2020年の秋冬はどんなファッションを取り入れるべきか… ひと言で表すなら「大人の意志を感じる」スタイル。シルエットや素材感、色など、さまざまな方向から“映え”を意識した一枚を選びましょう。

・ボリューム袖
・こっくりとした秋冬カラー
・上質な素材と縫製
・異なる素材のコントラスト
・オーバーサイズのトップス&アウター

2020年はきれいめ○○で今っぽく着こなす

旬のアイテムをなんとなくで着こなすと“映え”が足りないので、まずはトレンドアイテムやカラーの着こなし方をチェックしていきましょう。ボリュームトップスのシルエットを生かすボトムスの合わせ方や、きれい色の色合わせなど、大人の女性らしいメリハリのあるスタイルを提案します。

【1】サテンスカート

サテンスカート

カジュアルな日のスカートはトレンドのツヤ素材を選んで、きれいめに更新。ニット×ジレなど、オーバーシルエットとの組み合わせは、ツヤ効果と長め丈で洒落感たっぷりに着こなして。

シルエットや素材で魅せるカジュアルコーデ

【2】ニットベスト

ニットベスト

ラフなニットは端正なシルエットのベストを選んで、今っぽいおしゃれに。レディライクなフリルブラウスとの素材感のコントラストを楽しみつつ、ブラウスの甘さを武骨なストレートデニムで受け止めて。

ENFÖLD【ニットベスト】で広がる秋の着こなし|金子 綾さんレコメンド♡

【3】レトロ柄

フレンチシックなスタイルが叶うレトロ柄スカート。ボディコンシャスなマーメイドスカートにVネックカーディガンを合わせてエレガントすぎず新鮮に。仕上げに丸いフォルムのエコファーバッグを合わせて。

噂の【エコファー】ひとつ買ってみるならどれ?|ミンク風・テディベア風・カラーファーetc.

【4】ニットワンピース

気張って見えないのに季節感や旬なシルエットが叶うニットワンピース。単調になりがちなシルエットも、ヘアバンドやスカーフで目線を上げたり、アクセントになるバッグを合わせたりしてメリハリを。

シーン別【飲み会スタイル】|どんな場でもスマートに、でも心は弾けて♡

【5】ヴィンテージっぽい

レトロ配色のボーダーニット、フレア型のデニム、アームがゆったりしたオーバーサイズ風なトレンチといった定番アイテムのコーディネートも、こんな感じでアップデートするのが今の気分です。

気分はジェーン・バーキン♡ 旅先ヴィンテージコーデ

【6】トラッド

トラッドスタイルに欠かせないアウターといえば、ダッフルコート。定番のネイビーはもちろん、大人な雰囲気のグレージュやカーキ、鮮やかなイエローやオレンジにも注目です。

【今欲しい定番コート】本物を知る大人のための新ダッフル

【7】ビビッドカラー

ビビッドカラー

「今年はいつもに増してビビッドカラーが気になる」とスタイリストの金子綾さん。ビビットカラーは黒合わせが基本ですが、今季はビビッド×ビビッドもアリ、とのこと。

金子綾の “It…”|ビビッドカラー

【8】ピンコッタ

肌なじみのよいピンク+テラコッタの新色「ピンコッタ」は今季の注目色。ピンクがもつ女らしさと、くすみ系カラーならではのシックさという、いいとこどりができるのが強みです!

「ピンコッタ」って何!? 秋のオフィス映えカラーはピンクの替わりに「ピンコッタ」!

【9】ジェイドグリーン

グリーンは今季の流行色のひとつですが、青みのある翡翠のようなジェイドグリーンは、日本人の肌色と相性◎。艶のないマットなウールやニット素材なら、着回しの使い勝手も抜群!

おしゃれプロが注目! グリーンでもカーキでもない「ジェイドグリーン」って、どんな色?

【10】ベルテッドコート

ウエストマークでメリハリがつくベルテッドコートは、スタイルUP効果がすごい! アウターで気になる、着ぶくれ問題を解決してくれます。ワイドパンツのようなボリュームのあるボトムに、ショート丈のベルテッドコートは相性抜群です!

【4万円以下で発見!】ベルテッドコートはスタイルUP効果がすごい!

【11】コクーンコート

丸みを帯びた女っぽいシルエットのコクーンコートは、はおるだけでエレガントなオーラを放ってくれる今季らしいアイテム。大人のミニで、華奢なひざ下を出して女っぽく着こなすのが◎。

【4万円以下で発見!】コクーンコートなら着やせも女っぽさも叶う

【12】グレンチェックコート

今季注目のグレンチェック柄。マニッシュに切れ味よく着られるグレンチェックはコートで取り入れるのも◎。ジェイドグリーンのニットや、小物をプラスして、小粋な女っぽスタイルのできあがり!

【発見! 4万円以下コート】グレンチェックコートの実力

【13】ダウンベスト

ダウンベストは、白を選んで、全体をホワイトトーンでまとめれば、週末カジュアルの美人度を上げるコーディネートが完成。ダウンベストはすっきり着こなすのがポイントです。

ダウンベストをスッキリ着るなら♡ ホワイトトーンコーデ

【14】ライダース

人気のライダースはニット、パンツといったベーシックなアイテムでつくる辛口シンプルな着こなしに仕上げつつ、足元にファー付きパンプスを投入して、今っぽくアップデートするのがコツ。さりげないオシャレ感のあるコーデに仕上がります。

出番の多いライダースを新鮮に着こなすコーデは?

【15】赤みブラウン

どのブランドでも必ず見つかるちょっと焦がしたようなトーンが今どきな赤みブラウン。トレンドカラーの筆頭ブラウンは赤みのあるトーンを選んで女らしく仕上げるのが正解。カジュアルに転ぶとほっこり野暮ったくなるので素材もキレのあるものを吟味して。

【秋冬】トレンドキーワード13選! お買い物の予習はこれで完璧♡

【16】ローゲージカーディガン

ボリューミィなローゲージカーディガンに、ラムファー付きのカシミアストール。ピュアな白ニットは、ほかをボーイッシュにまとめて甘さを引き算。クリーンなホワイトニットコーデにやんちゃなスパイスを効かせて◎。

クリーンなホワイトニットにやんちゃなスパイスを効かせて

【17】ブルゾン

モーヴピンクのスカートを黒で締めて辛口方向にリード。上品な小ぶりバッグではなく、大きめバッグをラフに持つドライな雰囲気が今っぽい。ボトム以外をダークカラーでまとめることで、フレアスカートのドラマティックな女らしさを際立たせて。

ドラマティックなモーヴピンクのスカートをドライに着こなして

上質ワードローブを取り入れた秋冬コーデ

トレンドのアイテムを投入するときは、上質な素材やシルエットにこだわるのが大人のセレクトです。シンプルなシルエットのトップスにボトムは鮮度の高い柄物を合わせたり、シンプルな組み合わせの着こなしにはアクセサリーでトレンド感を出したり… ポイントは“映える”メリハリ感。

【1】ボリューム袖ニット×チェック柄タイトスカート

ボリューム袖ニット×チェック柄タイトスカート

今年はレパートリーが広がるボリューム袖ニットで、秋冬らしいきれいめフェミニンンスタイルに。ハイウエストタイトにインすると、シックな配色のチェック柄と相まってクラシカルな雰囲気がより引き立つ。

狙うべき【4大ニット】三尋木奈保さんが指南します!

【2】テーパード白デニム×きれい色モヘアニット

テーパード白デニム×きれい色モヘアニット

この秋冬はデニムスタイルを太めのテーパードに切り替えるのが、今っぽさへの近道。リラクシーなモヘアニットや甲浅パンプスできれいめにまとめれば、こなれ感漂う今年らしいカジュアルが手に入る。

きれいめ顔したカジュアルセンスを磨く方法は? Oggi最新号をちょっぴりお届け

【3】ニット×チェック柄タイトスカート

華やかなチェック柄タイトスカートにシンプルなネイビーニットを合わせたコーデ。トレンドのチェック柄スカートもパープル系を選ぶとレトロな印象に。

毎日の通勤に頼りたい♡【美脚黒パンツ&ミディ丈タイトスカート】|Oggi的鉄板アイテム!

【4】ライダース×ニットワンピース

ゆるすぎず、かといってタイトフィットしすぎない、太めリブのニットワンピースにライダースを合わせた辛口コーデ。トレンドのテラコッタ色はブラウン配色でぐっと大人に。

「何かある日」の【ワンピース】コーデ12選|仕事にプライベートに大活躍!

【5】チェック柄ジャケット×ネイビーニットスカート

チェック柄ジャケット×ネイビーニットスカート

コクのあるイエローとネイビーのシャープな配色コーデ。ストイックなネイビーのニットタイトスカートや、極端に大きさが違うバッグで、チェックをモードに着こなして。

仕事もおしゃれも!「かっこいい私」でいるための10ヶ条

【6】ワンピース×ロングブーツ

今季、トレンド前線にカムバックしたロングブーツ。まずは、ワンピースに合わせて、王道のモテバランスを楽しむのが◎。トレンチをはおって、甘さをセーブするのもポイントです。

ワンピース×ロングブーツで鉄板モテコーデ♡

【7】ジャケット×デニム

ジャケット×デニムのコーディネートは、流行のベロアフラット靴を合わせるのが◎。いつもの定番コーディネートも旬なアイテムを1点投入することで、ぐっと華やかに仕上がります。

ジャケット×デニムを華やかに仕上げる、流行のベロアフラット靴コーデ

【8】白ニット×カラーパンツ

定番白ニットには季節感のある大人カラーであるボルドーのパンツを合わせるのが◎。スニーカーを足元にもってくれば、シックな休日のスニーカースタイルに仕上がります! ファーバッグでかわいげをプラスすればデートの日にもOK。

休日お出かけの日の愛され白ニット×カラーパンツコーデ

【9】ワイドパンツ×カーディガン

トレンドのワイドパンツを女っぽく着るには、ベージュやグレーで淡色グラデーションでまとめるのが◎。やさしい色合いは親しみやすく、上品きれいなオフィススタイルにぴったりです。

トレンドのワイドパンツを女っぽく着るには…

【10】ピンクパンツ×ジャケット

ピンクパンツは、マニッシュなグレージャケットを肩がけして、颯爽とハンサムに着こなすのが◎。インナーに着たパリッとしたクリーンな白ブラウスもコーディネートの印象に強さをくれるポイントです。

ピンクパンツをハンサムな印象で履くなら…

【11】チェック柄ジャケット×ボルドーパンツ

王道のジャケパンスタイルも今年は、柄と色でアップデートするのが着こなしのコツ。トラッドなダブルのチェックジャケットと女っぷりのいいバーガンディのパンツを合わせて、きちんと感とトレンド感のいいとこ取りコーデのできあがり。

チェック柄ジャケット×ボルドーパンツで最旬オフィススタイル

【12】ニット×チェック柄パンツ

Vネックのニットは、1枚で着て華奢な鎖骨を印象的に見せるのが◎。今年旬なチェックのパンツを合わせれば、今っぽい空気感に仕上がります。

【ニットの秋】着るなら今でしょ! ニット6

【13】ボーダーニット×デニム

ボーダーニット×デニムのカジュアルスタイルは、ご近所飲みの日のコーデにぴったり。少し大ぶりなシルバーアクセサリーを利かせるのがポイントです。

ご近所飲みの日はボーダーニットでリラックス

【14】ラメニット×ワンピース

ラメニットにキャミワンピをレイヤードすれば、女らしさをキープしつつ肩ひじを張らないスタイルのできあがり! フェミニンになりすぎないように、ちょっとゴツめのアクセサリーを合わせるのがポイントです。

【デートコーデ】彼との接近戦♡ キャミワンピにラメニットを重ねて

【15】キャスケット×ジャケット

今季トレンドの黒キャスケットは、ジャケット×チノパンのちょい辛マリンコーデにぴったり! 太さ違いのバングルを重ねづけして、カジュアルを格上げ。

意外? キャスケットにジャケットがクールにハマる

【16】黒ワイドパンツ×スニーカー

大人の余裕がにじみ出るコーデは、いつものデニムを黒ワイドパンツに変えて。この作戦に有効なのは、上質なウール素材。しなやかな落ち感があればワイドでもはきやすいし、何より大人っぽさが違うから。スニーカーで足元を重めにつくるのが好バランス。

いつものデニムを黒ワイドパンツに変えれば、大人の余裕がにじみ出る

【17】ツイードジャケット×デニム

一見するとフリンジに見えるツイードは、着るだけで海外セレブのようなジェニックな着映え感が◎。潔くデニムと組み合わせてミニマルに着こなして。

【秋冬】トレンドのチェック柄ジャケットのコーデだけを選りすぐり13選!!

【18】ノーカラージャケット×アースカラースカート

秋マストなジャケットは、ベージュ×変形ツヤ感ラペルで人と差のつく配色に。ウエストがシェイプされてすっきり見えるデザインなので、マキシ丈スカートと合わせてもシャープな印象。秋らしさたっぷりのアースカラーと組み合わせて、いつもの通勤配色をアップデートさせて。

秋マストなジャケットは、ベージュ×変形ツヤ感ラペルで人と差のつく配色に!

最後に

20代前半の頃は、背伸びしたおしゃれはほほえましく映りますが、アラサー世代になると、いつまでも服を着こなせていないおしゃれ下手感が強調されてしまいます。だからこそ、「がんばりすぎない」けど「シンプルで上質なものを選ぶ」ことが、トレンド感のある秋冬ファッションを楽しむ秘訣です。迷ったときは素材や色でコントラストを効かせて、メリハリシルエットにトライしてみてくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.11.29

編集部のおすすめ Recommended

Feature