“女っぽカジュアル”の秋トレンドは? この3アイテムに注目! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. “女っぽカジュアル”の秋トレンドは? この3アイテムに注目!

FASHION

2021.09.06

“女っぽカジュアル”の秋トレンドは? この3アイテムに注目!

秋に取り入れやすいトレンドをピックアップ! 着こなし方とともにお届けします♪ 今回は女っぽカジュアルに欠かせない「アウター、シューズ、パンツ」に注目です。

秋に活躍するスポーティアウターなら…
【ビッグシルエットなMA-1】がおすすめ!

ゆったりとした長め丈のMA-1でリラクシーな女っぽカジュアルが完成

ふんわりスカートを使った、女性らしいホワイトコーディネート。MA-1とハイテクスニーカーでかっこよくスポーティに着くずすのが今っぽい。オーバーサイズのカジュアルアウターも、まろやかなキャメル色ならラフすぎない。

ブルゾン¥75,900(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町〈レリタージュ マルティニーク〉) ニット¥17,600(カイタックインターナショナル〈ヤヌーク〉) スカート¥31,900(RHC ロンハーマン〈RHC〉) バッグ¥58,300(CPR TOKYO〈アニタ ビラルディ〉) 靴¥34,100(T-square Press Room〈D.A.T.E.〉) ピアス¥6,600(ディス)

光沢素材ならきれいめ感も! おすすめのMA-1

(左)MA-1の王道・カーキ。オーバーサイズで〝既視感〟を脱して。
ブルゾン¥61,600(ニアー〈ニアー ニッポン〉)

(中)カジュアルデザインと優しげなピンクベージュ。相反する要素がシンプルスタイルをおしゃれに見せる。
ブルゾン¥19,800(アーバンリサーチ ロッソ ルミネ有楽町店〈ラート〉)

(右)ハンサムなユニセックス感もMA-1の魅力。
ブルゾン¥110,000(マスターピースショールーム〈サイ〉)

ストレスフリーかつおしゃれに見えるトレンド靴なら…
【ごつめソール靴】がベスト!

軽やかワンピース×重めブーツはこの秋、すぐに試したいおしゃれの掛け算

シンプルなワンピースに、ボリューミィなソールが特徴的な〝ぼてっ〟としたサイドゴアブーツ。重心を足元へ落とすことで、スタイリングの鮮度が急上昇。ボディバッグをプラスしてアウトドア要素を高め、さらに旬を感じて。ソール全体に厚みがあるので、履き心地はラクなのにスタイルよく見せられるのもうれしい。

靴¥62,700(T-square PressRoom〈LʼAUTRE CHOSE〉) ワンピース¥71,500(マスターピースショールーム〈サイ〉) 肩に掛けたニット¥53,900(イレーヴ) バッグ¥7,500(COS 銀座店〈COS〉) リング¥27,500(UTS PR〈ルフェール〉)

まずは黒からチャレンジして! おすすめの重めブーツ

(左)ブーツだけでなく、レースアップシューズやローファーも、今年はソールに厚みが。見慣れたデザインが今っぽく進化。
靴¥37,400(マルティニーク ルコント ルミネ有楽町〈PELLICO SUNNY〉)

(中)スクエアトウでもボリューム感アップ。
靴¥26,950(ダイアナ 銀座本店〈ダイアナ〉)

(右)筒回りはすっきりしていて、重めボトムとのバランスも良好。
靴[9月展開予定]¥52,800(アマン〈ペリーコ サニー〉)

リモートと出勤を上手くつなぐトレンド服ならコレ!
きれい見えデザインが豊富な【ドロストジョガーパンツ】

頑張りすぎず、きちんと見える! 肩の力が抜けた、理想的な通勤スタイル

スウェットなどカジュアル度高めだったジョガーパンツも、きれいめデザインが復活! リラックスウエアとしての要素をもちながらも、とろみシャツやキトゥンヒールを合わせればONの表情に。シャツの前身ごろは半分だけイン。ドロストディテールを装いのポイントに、ゆるっと感を程よくアピールしたい。

パンツ¥18,700(アプワイザー・リッシェ) シャツ¥10,500(COS 銀座店〈COS〉) 手に持ったジャケット¥59,400(カリテ スケープ コレド日本橋店〈カリテ〉) バッグ¥170,500(アルファ PR〈アエタ〉) 靴¥35,200(PIPPICHIC) ピアス¥30,800(レム)

大人カジュアルの代名詞が帰ってきた! おすすめのドロストジョガーパンツ

(左)サテンの光沢としなやかな落ち感が美しい一本。
パンツ¥24,200(エストネーション〈エストネーション〉)

(中)程よいハリを備えたダークカラーの一本なら、ニット地でもきれいめ。立体的なフォルムとソフトなはき心地を兼備して。
パンツ¥41,800(オットデザイン〈ルーム エイト〉)

(右)適度に女らしいスモーキーピンク。裾リブの切り込みが軽やかなアクセントに。
パンツ¥9,990(PLST)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2021年Oggi9月号「秋トレンドの上手な楽しみ方8」より
撮影/谷口 巧(Pygmy Company/人物)、魚地武大(TENT/静物) スタイリスト/縄田恵里 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/泉 里香(Oggi専属) 構成/旧井菜月
再構成/Oggi.jp編集部


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature