Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. ワーキングニュース
  4. ガジェットにも【働き方改革】の波! Surfaceの新製品が素晴らしいワケ

WORK ワーキングニュース

2017.11.03

ガジェットにも【働き方改革】の波! Surfaceの新製品が素晴らしいワケ

働く女性のパートナー、マイクロソフトの「Surface」ファミリーに新製品が登場。10月14日(土)に行われた製品発表会の模様と新製品についてリポートします!

ビジネスシーンでみなさんはどのようなアイテムを愛用していますか? ノート型PC、スマホ、スマートウォッチ、タブレットetc. そういった仕事を効率化するためのツール類に、もっと愛嬌が加わったなら、お仕事の時間がもっともっと楽しくなるはず!

働く女性に向けて「Marimekko for Microsoft Surface」シリーズが登場♡

(中央)スリーブ各¥8,240、(右・左端)タイプカバー各¥21,400

“ノートPCとしてもタブレットとしても”! 2in1の使い勝手の良さなどで働く女性から親しまれているマイクロソフトの「Surface(サーフェス)」シリーズに、フィンランドを代表するブランドMarimekkoデザインの製品が加わりました。既に今年6月から発売されているモバイル専用PCシールに加え、ノートPCやモバイルPCを収納するスリーブ(2種)、「Surface Pro」向けのタイプカバー(2種)が、お目見え。

10月14日(土)、表参道ヒルズにて発売記念イベントを開催

当日は、フィンランドより Marimekko の Tiina Alahuhta-Kasko CEO と、フィンランド大使館の Jukka Siukosaari 大使が招かれ、新商品の発表に加えて、Marimekko の歴史や、フィンランドにおけるデザインとテクノロジーを意識した働き方を学ぶトーク セッションが行われました。

(右から)Jukka Siukosaari大使、Tiina Alahuhta-Kasko CEO、日本マイクロソフト平野拓也 代表取締役社長

Marimekkoのデザインが与えるチアフルで明るい印象がSurfaceに加わることで、よりイキイキとした気持ちで仕事や作業ができるようにとの思いが込められて誕生した今回の新製品。

イベントの冒頭で「意外な組み合わせに見えるかもしれないが、弊社のミッションでも注力しているのが『働き方改革』。現在の働き方はダイバーシティ、ジェンダーフリーなどを組み合わせて素晴らしい職場となる。Marimekkoも同様の考えを持っていたことが協業のきっかけ」と、平野氏。

以前は、文房具(もっとおしゃれに表現するのなら、ステーショナリー)で個性を出したり自分だけの作業場作りを楽しんだもの。使用するツールの多くがデジタル機器に変わった今も、その気持ちまで変わらなくていいんだった!と、働く環境について改めて気づきを得るトークセッションとなりました。

靴下に注目。チャーミングなJukka Siukosaari 大使

詳しい新製品情報はコチラから

ちなみに…、Marimekkoを代表するこのテキスタイルの名前を知っていますか?

このテキスタイルの名は【Unikko(うにっこ/けしの花)】。Marimekko創業者であるArmi Ratiaが「Marimekkoは二度と花柄をプリントしない」と、発表したすぐ後の1964年に生まれたそう。デザイナーのMaija IsolaはArmiの決定を気にも留めず、抗議の意味を込めて、全て花柄のコレクションを作りました。そのひとつがUnikkoであり、のちに真のアイコン、創造性、強さ、勇気、信念を代表するアイコンとなったそうです。

そんなデザインにまつわるストーリーも、現代の働く女性にぴったりだと思いませんか。


【 おすすめの関連記事 】Read more

Today’s Access Ranking

ランキング

2017.11.20

人気のキーワード

PopularKeywords

編集部のおすすめ Recommended

●Oggi12月号で値段の間違いがありました。236ページ掲載の”パーカー”のボールペン(下)の値段は、正しくは¥20,000です。訂正いたします。

Feature