もう迷わない!【大人のブラウスコーデ27選】秋冬におすすめの色別・デザインブラウスで女っぷりを上げよう | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. シャツ・ブラウス
  4. ブラウスコーデ
  5. もう迷わない!【大人のブラウスコーデ27選】秋冬におすすめの色別・デザインブラウスで女っぷりを上げよう

FASHION

2020.10.21

もう迷わない!【大人のブラウスコーデ27選】秋冬におすすめの色別・デザインブラウスで女っぷりを上げよう

今回の主役は「ブラウス」。季節を選ばず着られるアイテムだからこそ、秋から冬にかけてどう着こなすべきか悩みますよね。アウターとの相性を考えた色別ブラウス、一枚で着ても映えるデザインブラウス、ダサ見えしない白ブラウスコーデなど、大人が着てかっこいいおすすめの着こなしをご紹介します。

【目次】
大人の女性におすすめの秋冬ブラウスは?
ベーシックからきれい色まで【色別】ブラウスコーデを確認
シンプルコーデが映える【デザイン別】ブラウスをチェック
秋冬はクリーンな【白ブラウス】でヘルシーな着こなしに
最後に

大人の女性におすすめの秋冬ブラウスは?

1年を通して活躍するブラウス。アウターを脱いだときとのギャップを楽しめる秋冬は、パッと華やぐようなブラウスやカラーブラウスを着たくなります。また、大人の女性なら白ブラウスにもこだわりを。上質な素材感、こなれたデザインのものを選べば、真面目な雰囲気を払拭してくれますよ。

・フェミニンブラウスで華やかさを
・襟付きブラウスはレイヤードコーデ向き
・白ブラウスはデザイン性の高い首元でこなれ感アップ

ベーシックからきれい色まで【色別】ブラウスコーデを確認

秋冬に求められるブラウスは、ずばり上質感とこなれ感。コートやジャケットから、ちらっとのぞくきれい色ブラウス、一目で見てわかる品のいいベーシックカラーなど、女らしさを後押しする色別ブラウスで着こなしを盛り上げましょう。

【1】グレーブラウス

グレーブラウス

カジュアルなデニムにボクシーなフォルム袖ブラウスを合わせて、大人っぽさの中にほんのり甘さが潜む着こなしに。立体的でメリハリのあるボリューム袖が、日常着をドラマティックに引き上げてくれる。

今必要なのは【着映えトップス】! この秋ゲットするべき一枚は…|秋トレンド

【2】ラベンダーブラウスコーデ

ラベンダーブラウス×ギンガムチェックのワイドパンツに、バサッと黒カーデをはおったコーデ。モノトーン合わせにすることで、トップスのきれい色パープルを際立たせて。

モノトーン合わせでトップスのきれい色パープルを際立たせて♡

【3】白ブラウスコーデ1

白ブラウス×ネイビーパンツにグレージャケットを合わせたトラッドコーデ。ダークカラーのボトムスが多くなる秋冬は、ツヤ感のある白ブラウスが華やぎアップのポイントに。

特別な日にも役立つ! 万能【淡色ツヤブラウス】コーディネート7選

【4】白ブラウスコーデ2

白ブラウスコーデ1

白ブラウスに白スカートを合わせ、きちんとした女らしい印象に。適度な光沢のあるボンディング素材。黒の細ベルトでブラウジングさせると、今っぽさの中にもクラシカルなニュアンスが。

ハリ感素材のブラウス&フレアスカートを。きちんとした女らしさがアップします

【5】白ブラウスコーデ3

白ブラウスコーデ2

とろみ素材のレイヤードが、〝上品リッチ系〟ならではのかっこよさを体現。モノトーンのシャープ感も、着流しカーディガンやブラウスの素材やストライプのスカートのおかげで白ブラウスがより映えるコーデに。

先方の企業を訪問する日はストライプを効かせた上品モノトーンの出番。どんなオフィスにもなじんで、頼りになる!

【6】紺ブラウスコーデ

とろみのある紺ブラウスは落ち感のある生地でこなれた印象。きちんと感のある紺ブラウスに、パッと映えるテラコッタの組み合わせで頼りがいと華やかさ、どちらもゲット!

信頼ネイビー×華やかテラコッタ配色コーデでプレゼン大成功!

【7】黒ブラウスコーデ

黒ブラウスコーデ

ふんわりフォルムの黒ブラウスには小物で大人っぽく振って。パンツスタイルもまろやかに女性らしく着こなすことが〝愛されフェミニン系〟のできあがり。

営業チームから送られてくる数字と向き合う長丁場のデスクワークDay… 締め付け感のないとろみパンツが頼りになる

【8】ブラウンブラウスコーデ

ブラウンブラウスコーデ

正面はきちんと、後ろ姿は華やかなブラウンブラウスが最適。アイスブルーやシルバーの清潔感のある色使いでみんなに好かれるバランスを狙いましょう。

部の新年会きれい色のスカートと肌見せで宴に華を添えて

【9】ピンクブラウスコーデ

ライトベージュ×淡ピンクの色合わせは、だれの目にも好印象。通勤からお仕事終わりのプライベートまで、きちんとしたイメージを維持。とろみ系ピンクブラウスでシンプルパンツをフェミニンに仕上げて。

三尋木奈保流【くるぶし丈タックパンツ】を3段活用ステップで着回し!

【10】赤ブラウスコーデ

秋カラーのブラウスは、ベージュ×変形ツヤ感ラペルのジャケットで人と差のつく配色に。アースカラーのマキシ丈スカートと合わせてと組み合わせて、いつもの通勤配色をアップデートさせて。

秋マストなジャケットは、ベージュ×変形ツヤ感ラペルで人と差のつく配色に!

【11】水色ブラウスコーデ

水色ブラウスに細かいチェック柄の美脚クロップドを合わせたオフィスコーデ。かっちりしたジャケットよりもブラウスなどやわらかなトップスを合わせて。ツヤ素材ならより女っぽく◎。

おじさんにならないチェックパンツの選びとは?

シンプルコーデが映える【デザイン別】ブラウスをチェック

女性らしいやわらかなシルエットが魅力のブラウスは、大人の女性こそ積極的に選びましょう。映えるトップスがあるだけで、カジュアルなボトムスも上品に。また辛口なボトムと合わせても凛とした表情に早変わりするので、マンネリになりがちな秋冬のコーデに取り入れてみてくださいね。

【1】ボクシーなフォルム袖ブラウス

ボクシーなフォルム袖ブラウス

スクエアネックの黒ブラウスを主役に、コントラストの強いカラースカートを合わせたコーデ。ボクシーなシルエットのフォルム袖は、スタイルアップを叶えてくれる長め丈タイトで縦ラインを強調して。

秋へのシフトに大活躍!【フォルム袖ブラウス】着回しコーデ

【2】丸襟ブラウス

丸襟ブラウス

ボーイッシュなグレースウェットからのぞく、今シーズン話題の丸襟ブラウス。ボトムも旬のエコレザーのタイトを選び、辛口な光沢感を加えてミックス&マッチなスタイルを堪能して。

【マットトップス×光沢スカート】で秋らしくお洒落をアップデート♡

【3】バックリボン付きフォルムブラウスコーデ

辛口なグレーの色落ちデニム×女らしいフォルムの白ブラウスのきれいめカジュアルコーデ。首回りのギャザーと、ほどよい肌見せを叶えるリボン付きのバックシャンで、どの角度からでも美人見え。

色落ちデニムは辛口なグレーに注目! きれいめカジュアルでジムへGO

【4】ふんわり袖ブラウスコーデ

トラッドなチェック柄のタイトスカートをブラウスで女らしく昇華したコーデ。長め丈タイトスカートのシュッと感には、ふんわりとしたブラウスでコントラストをつけるのがバランスよく着こなすコツ。

特別な日にも役立つ! 万能【淡色ツヤブラウス】コーディネート7選

【5】白ノースリーブブラウスコーデ

旬アイテムの〝オールインワン〟を主役にしたキレイめカジュアルで出かけるのが正解。白のノースリーブブラウスをインナーとして合わせることで女性らしい印象に。

オールインワンをモノトーンでまとめてきれいめ大人カジュアル

【6】白ギャザーブラウスコーデ

白シフォンブラウスは印象的なギャザー使いと、さりげない透け感がつくるオフィスで浮かないほどよい甘さが絶妙。キャメルの配色でメリハリを利かせるのが◎。

【Liesseの落ち感ギャザー使いブラウス】ほんのり秋気分、洗える着回しスタメン服

【7】半袖ブラウスコーデ

半袖ブラウスコーデ

顔周りを自然とトーンアップさせてくれる白ブラウスは、襟のカッティングやほどよくボリュームのある袖にこだわって今どきに風に。清楚な服に映える、チョーカー&かっちりバッグがアクセント。

彼の目を意識した白×ピンクのニュアンス配色は小物使いでキリッと知的に。「今日何かあるの?」とは言わせない!

【8】レースブラウスコーデ

透け感のあるレースブラウスとタイトスカートという女性らしい着こなしに、あえてメンズライクなダブルジャケットをはおることであか抜けを狙って、リラックス感と頼れる印象を手に入れて。

TPOにしばられない! どんなときも好印象なアイテム〝ジャケット〟

【9】ギャザーブラウスコーデ

自立した大人の「女っぽい」を目ざすなら、カーキのギャザーブラウスで辛口のエレガンスをプラス。足首を華奢に見せる丈とシルエットの黒パンツと合わせて、洗練された女っぽさを手に入れて。

甘いだけのフェミニンはもう卒業! 自立した大人の女っぽコーデ

秋冬はクリーンな【白ブラウス】でヘルシーな着こなしに

きれい色ブラウスを選びたくなる秋冬ですが、一周回って白ブラウスが大人の着こなしに上質なエッセンスを加えてくれます。スタンドカラーやレース柄などデザイン性が高いものは、シンプルな着こなしもひと際目を引く上品コーデがつくれると、多くの女性に人気です。

【1】白ブラウス×チェック柄スカート

白ブラウス×チェック柄スカート

スタンドカラーの白ブラウスに大きなチェック柄スカートを合わせた旬の着こなし。スリットスカートの足元は辛口モードな黒ブーツを効かせて、ヘルシーな女っぽさを楽しんで。

秋らしいエッセンスを散りばめて

【2】白ブラウス×ダークグリーンのエコレザースカート

白ブラウス×ダークグリーンのエコレザースカート

旬のエコレザースカートにクリーンな白ブラウスを合わせたコーデ。漆黒のような深みのあるグリーン×白のモード感強めな配色も、ボーダーやローファーで少しカジュアルダウンさせると今どきのムードに。

モードに決まる万能ボトム!【エコレザースカート】着回しコーデ

【3】白ブラウス×黒デニムパンツコーデ

白のレースブラウス×黒デニムパンツにトレンチを合わせたトラッド&カジュアルな装い。足元の温かみのあるボルドーローファーはレースとも相性抜群。足首に抜け感を出してより女らしく。

レースとも相性抜群! パンプス感覚で履けるツヤレザーのボルドーローファー

【4】白ブラウス×ベージュスカートコーデ

白ブラウス×ベージュスカートのきれいめ通勤スタイルにカーキのトレンチを合わせたコーデ。アウターやスカートのツヤ感を、足元にもリンクさせてまとまりのあるコーディネートに。

脱ブーツ!【ソックス】にシフトして、軽やかな足元で抜け感を♪|ソックスコーデ7選

【5】白ブラウス×黒パンツコーデ

白ブラウス×黒パンツコーデ

ネックの詰まったプルオーバーの白ブラウスと、ワンタックでややハイウエスト、すそが細すぎず太すぎずのテーパードの黒パンツを合わせて。シンプルだけど上品なコーデに。

【大人気エディター三尋木奈保】究極シンプル服4枚で「着回しセルフブランディング」論

【6】白ブラウス×カーディガンコーデ

白ブラウスにリラックス感のあるロングカーデは、休日にぴったり。ネイビー×白の定番爽やか配色は、白の面積を増やしてより清楚な印象に。

のんびりおひとりさまショッピングへ。そろそろ秋服が気になるー♪

【7】白ブラウス×ニットカーディガンコーデ

白ブラウスにきれい色ざっくりニットカーデと黒のボトムでカジュアルな通勤コーデに。ローファーを合わせてトラッドに仕上げて。

【秋冬】コーデの主役に! トレンドおすすめニット&コーデ10選

最後に

今回は秋冬に着たいエフォートレスなブラウスコーデをご紹介しました。大人になると冒険をしにくくなりますが、ベーシックカラー×デザイン性、スタンダードなデザイン×旬カラーなど、色とデザインのどちらかにベーシックを押さえておくと、着回ししやすくなります。シンプルな白×トレンドのボトムスなど、メリハリをつける着こなしもすてきでしたね。この秋冬はぜひ、いろいろなブラウスコーデを楽しんでみてくださいね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.11.24

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号「すみません、先輩もわかりません!」P210に掲載のTBS山本里菜アナ着用のワンピースの価格に誤りがありました。正しくは¥29,000(税抜)になります。お詫びして訂正いたします。

Feature