Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 「唆す」は、なんと読む? ヒントは、会話でも使われるアノ言葉の漢字表記です

WORK

2018.10.20

「唆す」は、なんと読む? ヒントは、会話でも使われるアノ言葉の漢字表記です

日本語の「いま」を見つめる国語辞典『大辞泉』が発信しているクイズで、ことばセンス&知識に関して自己点検。「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるビジネスウーマンに。今回ピックする言葉は「唆す」。

「唆す」って正しく読める?

「先輩の家に友達と遊びに行ったんだけど、その先輩がまるで小さな子を唆すようなことばかり言っていて、ちょっと幻滅しちゃった」と友人からLINEが届いたら「唆す」を正しく読める?

【問題】
「小さな子を唆す」あなたは、どちらで読みますか?

1.かどわかす

2.そそのかす

正解は?

「唆す」ってなんて読む?
(c)Shutterstock.com
はてな
(c)Shutterstock.com

2.そそのかす

「そそのかす」と読みます。

【ことばの総泉挙/デジタル大辞泉】では87%が正解していました(2018年10月6日現在)。

そそのか・す【唆す/嗾す】
(1)その気になるように仕向ける。特に、おだてて悪いほうへ誘い入れる。
(2)早くそうするように勧める。せきたてる。
※ ※
「唆」の字を使った熟語には、「教唆(きょうさ)」「示唆(しさ)」などがあります。なお、「かどわかす」は誘拐するという意味で、「勾引かす」「拐かす」と書きます。
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
▶︎ことばの総泉挙/デジタル大辞泉

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.03.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature