Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 女の天敵「冷え」と戦う! 血行の促進を期待できる植物や精油5選

BEAUTY

2018.10.15

女の天敵「冷え」と戦う! 血行の促進を期待できる植物や精油5選

手足が冷えて寝つきが悪い、いつも顔色がさえない、疲れやすくて風邪をひきやすい…。体が冷えると、特に女性にとっていいことはひとつもありません。本格的な寒さがやってくる前に、植物のパワーで冷えを予防しましょう!

【冷え対策】ちょっとした不調に効く「自然ぐすり」

熱を生み出す筋肉が少なく脂肪の多い女性の体は、熱量が作りにくく冷えやすいと言われます。また、ホルモンバランスが乱れやすいため自律神経を正確にコントロールできず、それが血行不良を引き起こすことも。

そこで、“植物の力を取り入れて健康的に女性らしく生きる”ライフスタイルを提案している『からだとこころの不調をととのえる初めてのフィトテラピーノート 自然ぐすり生活』(南上夕佳著/ワニブックス)から、冷えによいといわれる植物や精油をご紹介します。

からだとこころの不調をととのえる初めてのフィトテラピーノート 自然ぐすり生活

■1:ヴァンルージュ(赤ぶどうの葉)

とくに下半身の冷えに。抗酸化作用やアンチエイジング効果のあるポリフェノールの量は、赤ワインと比べ約300倍といわれています。葉を乾燥させたものが自然食品店やネットで買えるので、ハーブティーにして取り入れてみるといいでしょう。

ヴァンルージュ(赤ぶどうの葉)
(c)Shutterstock.com

■2:しょうが

生ではなく、加熱または乾燥させることで、ショウガオールという成分が発生。それが血流をスムーズにしてくれるといわれています。ですので料理に使う場合は加熱調理がおすすめです。しょうが粉など乾燥させてパウダーにしたものならより手軽に使えます。

しょうが
(c)Shutterstock.com

■3:マジョラムの精油

手と足先など、末端が冷える人は試してみて! キャリアオイルや手持ちのクリームに1~2滴垂らして、手、足先のほかにもお腹・骨盤・仙骨のあたりに塗るのがおすすめ。

マジョラムの精油
(c)Shutterstock.com

■4:ローズマリーの精油

血行促進効果や加温作用があるといわれています。 生理中のお腹の冷えにもおすすめですが、妊娠中や授乳中は避けたい精油。使い方はマジョラムを参考に。

ローズマリーの精油
(c)Shutterstock.com

■5:柚子やオレンジの精油

皮に含まれるリモネンはからだを温めるといわれる成分。使い方はマジョラムを参考に。

柚子やオレンジの精油
(c)Shutterstock.com

書籍『からだとこころの不調をととのえる初めてのフィトテラピーノート 自然ぐすり生活』には、ハーブティーやサプリメント、精油など、植物を使った“おばあちゃんの知恵袋”的な伝統療法を上手に取り入れる様々な方法が紹介されています。ぜひチェックしてみてくださいね。

初出:しごとなでしこ

教えてくれたのは…南上夕佳さん

植物療法士/ルボア フィトテラピースクール 副代表/INTIME ORGANIQUE by lebois インストラクター。ホルモンバランスを崩したことをきっかけに植物療法専門校「ルボアフィトテラピースクール」にてAMPP(フランス植物療法普及医学協会)認定資格を取得。日本における植物療法の第一人者森田敦子に師事。自身の体験を活かし女性のライフステージに合わせた健やかな美しさと幸せをテーマに、老舗百貨店やレストラン、企業で数々のセミナーやカウンセリングを行う。最新著書『からだとこころの不調をととのえる初めてのフィトテラピーノート 自然ぐすり生活』が好評発売中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.06.27

編集部のおすすめ Recommended

Feature