Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. いるいる〜…「社内不倫確定!」と噂されているふたりの怪しい行動3パターン

LOVE

2018.08.16

いるいる〜…「社内不倫確定!」と噂されているふたりの怪しい行動3パターン

「あのふたり、絶対不倫してるよね?」と社内で噂になる男女って、意外と「いるいる」。噂の発端は、ちょっとした“奇行”にあったりも。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするライター・並木まきが、「社内不倫確定!」と噂されているふたりの“怪しい行動”を紹介。

1:一緒の出張ばかり/出張の際に同じフロアに泊まりたがる

出張
(c)Shutterstock.com

■「つい先日不倫が確定した社内カップル(既婚男性と独身女性)ですが、怪しいねと噂されていたときに、常に一緒に出張に出かけていたんです。

別にそれぞれひとりで行けばいい仕事内容でも、何かと理由をつけてふたりで行ってたんです。結局その男性の家庭は崩壊し、離婚したんです。

出張という名の不倫旅行ってなんかセコくていやですよね」(Ema/30歳)

■「うちの会社で不倫中だと噂されている男女(両方既婚)は、出張の際に必ず同じフロアに泊まりたがるのが不自然なことから、みんなが怪しんでいます。

男性は喫煙者ですが、女性は非喫煙者。なのに、同じ喫煙フロアに部屋を手配するよう、女性側からいつも言われるんです。

行き来するのが楽なのと、宿泊者しかフロアに入れないセキュリティキーの問題があるからじゃないかともっぱらの噂ですよ」(アキ/34歳)

タバコを吸わないのに、喫煙フロアに宿泊したがるなんて、確かに不自然!

宿泊先を手配する人は、その場では涼しい顔して当事者の要望を受け入れていても「このふたり、怪しすぎ!」と思っている典型的な奇行かも…。

2:会社を休む日がほぼ同じ

休日
(c)Shutterstock.com

■「わが社で噂があるふたり(既婚男性と独身女性)は、部署は別だしそのふたりが話す機会もないので普段はあまりわからないんですが、同期で集まったときに『●●さんと▲▲さんって、同じときに有休とってない?』って気づいた子がいて、そこからみんな静かに観察しています。

言われてみれば確かに同じ日に休んでいることが多く、会社ではお互いが知らん顔しているのも逆に怪しく見えてきて(笑)。

今では、同期のLINEグループで『今日、●●さん休んでるけど、そっちは!?』などと探偵ばりの連絡が入ってくるようになっていて、みんなの注目の的です(笑)」(みっこ/31歳)

有休をとる日が被りまくりなのは、確かに怪しさを感じる!

部署が違うから気づかれにくいと思っているのかもですが、同期の情報網って侮れませんからね~。

3:帰り道と違う路線でバッタリが多い

帰りの電車
(c)Shutterstock.com

■「勤務先で『不倫中では?』と噂されている男女(既婚男性と独身女性)は、その男性の自宅への帰り道と違う路線での目撃談が多いんです。

一緒にいるところを見た人はまだいないんですけど、その男性が自宅に帰るなら使わないはずの路線に乗っているのを何人も見ていて、それがその噂の対象になっている女性が使う路線なんですよ。

きっと不倫がバレないように別々に帰っているんでしょうけど、あまりにもしょっちゅう、その男性を特定の路線で見かけるので『間違いない!』と噂になっています」(ゆいか/29歳)

■「うちの職場の不倫カップルは泥沼です。既婚男性二人がひとりの独身女性を取り合っているんです。

どちらの男性もその女性の家に行っているらしく…彼女の家から会社までの路線で両方の男性を、出勤時も帰宅時も見かけるんです。

同じ車両でその男性たちに会っちゃった日はどんな顔していいのか困ります」(夢未/26歳)

一緒にいる場面を見たわけではなくとも、通勤に使う電車ではないはずの電車で目撃談が多いと、確かに怪しい~。

本人たちは上手に隠しているつもりかもしれませんが、周りからみると“奇行”でしかないですよねー。


「この関係は絶対にバレていないはず!」と思っているのは当人たちだけで、周囲からは「怪しいよね〜」と思われている男女って、意外と「いるいる」。

みなさんの職場にも、噂になっている男女が“奇行”をしてはいませんでしょうか。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

初出:しごとなでしこ

並木まき

ライター・時短美容家。シドニー育ちの東京都出身。28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。数多くの人生相談に携わった経験や20代から見てきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を活かし、Webメディアなどに執筆。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature