Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 癒しはシーシャ!? 現役東大生×敏腕ホテル経営者の女性の秘密

WORK

2018.07.15

癒しはシーシャ!? 現役東大生×敏腕ホテル経営者の女性の秘密

今回ご紹介するのは、ホテルプロデューサー・龍崎翔子さん。様々な分野でキャリアを輝かせている女性が「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、人生観を映し出すドキュメンタリー番組「7ルール」を振り返り、仕事をする女性たちへのヒントを見つけます。

龍崎翔子さんってどんな人?

ホテルプロデューサー・龍崎翔子さん

今回ご紹介するのは、ホテルプロデューサー・龍崎翔子さん。

幼い頃からホテル経営を目指していた龍崎さんは、2015年に19歳の若さで母と一緒に会社を設立。

現在、22歳にして北海道富良野市の小さなペンション経営を皮切りに、京都・大阪・湯河原など、全国5ヵ所のホテルの企画・デザイン・運営を手掛けています。

龍崎さんがつくるホテルが若い世代を中心に支持される秘密は、ホテルに仕掛けられた、滞在時間を少しでも有意義に過ごしてもらうための斬新なアイデア。

たとえば、大阪・弁天町の「HOTEL SHE,OSAKA」には全客室にレコードプレーヤーを設置し、湯河原温泉の「THE RYOKAN TOKYO」では、文豪に愛された土地にちなんで「原稿執筆パック」を提供しています。

そんなホテル業界の常識を打ち破る感性の持ち主、龍崎さんですが、ここまで聞くと、「一体、何者なのだろう」と思う人もいると思いますが、なんと現役の東大生でもあるんです!

湯河原温泉「THE RYOKAN TOKYO」

■小学生でホテル経営を志すことに…

龍崎さんが最初にホテル経営を目指したのは、なんと小学生の頃。

小学2年生のとき、家族でアメリカ大陸をドライブ旅行した際に「ホテルってなんで代わり映えしないんだろう?」と感じたことが出発点。

この経験を機に「将来、日本一の東大に入ってホテルを経営する」と目標を掲げた龍崎さんは、高校時代に1日12時間の猛勉強をこなして東大入学を果たしました!

そして現在では、幼い頃に感じた疑問を忘れずに、街の雰囲気や歴史、個性を感じられる空間作りをしています!

龍崎翔子さんの「7つのルール」

さて、そんな龍崎さんが「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」とは…

■1.街の空気感をホテルに織り込む

龍崎さんが手掛ける「HOTEL SHE,OSAKA」は、立地する大阪・弁天町が港町で倉庫群が建っていることから、海のブルーとレンガを基調にした外観に。街の空気感をホテルに織り込むことを心がけているのだそう。そのようなことを考え始めたのが小学2年生の頃ということには驚きです!!

HOTEL SHE,OSAKA

■2.二次会は行かない

会社の成長とともに、1年前には2人しかいなかった社員が20人に。そんな折、はじめての社員総会が開催されましたが、打ち上げでは2次会に参加せず足早に帰路につく龍崎さん。夜遊びに魅力を感じないので、2次会は行かない主義なのだとか。

■3.写真1枚で世界観を伝える

ホテルのPR写真にはプロのモデルを起用し、写真1枚でホテルの魅力が最大限伝わるように工夫しているという龍崎さん。通常、予約サイトのホテルの写真は、ベッドの写真などが多いが、使用体験を想像できるような写真を出したいという。

■4.東大で「習う」ことはやめない

ホテル業だけでも忙しいなか、東大にも通い続けている龍崎さん。それは、自分で独りよがりな勉強をすると、どんどん自分の世界に入ってしまい、間違ったまま突き進んでいってしまう可能性があるからなのだとか。ちゃんと正しい先生に正しい方法で習うことが大切だと感じ、大学は通い続けているのだそう。

東大生

■5.あえてミーハーになる

龍崎さんが東大生の友人と最近よく行くというのが、近年ブームのシーシャ(水タバコ)が吸えるお店。流行しているものは流行している理由や社会的背景があったりするので、それを積極的に吸収したいと思っているのだとか。

打合せ

■6.欲しいものは自分で作る

仕事にとどまらず、欲しいものがなければ、自分で作ることがポリシーの龍崎さん。いまは、託児所や保育園、幼児教育などにも興味をもっているのだそう。

■7.日本を3ミリ面白くする

龍崎さんは、自分のホテルがどうなるかということより、ホテル業界をどのように耕していくかということを考えているという。洋服を選ぶ感覚でホテルに泊まることができような社会にすることを目指し、そして自分がそのトリガーでありたいと思っているのだそう。

経営

22歳にして自分が経営するホテルのことだけではなく、「日本を3ミリ面白くする」ということに思いを注ぎ、日々休みなく突き進む龍崎さん。今後、ホテルを通してのような世界をみせてくれるのか楽しみです♡


次回の「7ルール」の放送は、7月17日(火)よる11時~11時30分です。2週に渡る夏のグルメSP! 第一弾は、24時間営業の大人気そうめん店の店主・田中嘉織さん

しごとなでしこでは、番組を振り返り、仕事をする女性たちへのヒントを見つけていきます! ぜひチェックしてみてくださいね♡

初出:しごとなでしこ

セブンルール(カンテレ/フジテレビ系列 全国ネット)

【放送日時】毎週火曜よる11時~11時30分
番組は“今最も見たい女性”“最も見せたい女性”に密着し、7つのルールを手がかりに、その女性の人生観を映し出す新感覚ドキュメント。スタジオでは、YOUさん、若林正恭さんに加え、芥川賞作家の本谷有希子さん、俳優の青木崇高さんが縦横無尽な人生観トークを繰り広げます。

【7RULES(セブンルール)オフィシャルWeb site/SNS】

オフィシャルWeb

Twitter

Instagram

ホテルプロデューサー 龍崎翔子

1996年生まれ 京都府出身 22歳。19歳の時に母親と共にL&Gグローバルビジネスを設立。「ソーシャルホテル」をコンセプトに掲げ、北海道・富良野にプチホテル「petit-hotel #MELON富良野」を開業。その後、京都・東九条の「HOTEL SHE, KYOTO」、大阪・弁天町の「HOTEL SHE, OSAKA」、神奈川・湯河原のCHILLな温泉旅館「THE RYOKAN TOKYO」をプロデュース。今年のGWには北海道・層雲峡で「ホテルクモイ」をリニューアルオープンさせた。業界に新風を巻き起こす気鋭のホテルプロデューサーで、現役の東大生。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.15

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature