Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活日記
  4. 妊活はかかるお金の負担も大きく、仕事も辞められずストレスフル【33歳の妊活日記16】

LOVE

2018.07.06

妊活はかかるお金の負担も大きく、仕事も辞められずストレスフル【33歳の妊活日記16】

33歳兼業主婦ライターが妊活を実録リポートする連載第16回。不妊治療専門病院に通い始め、不妊治療スタート。排卵誘発剤から自己注射へ変化する治療。かかるお金も増えていく。

【33歳の妊活日記】by OLライターHana

バリバリと仕事をしてきた20代、30歳を越えこのまま独身バリキャリを貫くのかと思ってた矢先に社内の先輩男性と縁あって32歳で結婚。

さぁ次は妊娠と考えた2016年5月から、2018年の今、未だ妊娠に至らず…自分の努力だけでも越えられない壁があることに気がつき、同時に同じ悩みを抱える30代女性の多さを知る。

自分は妊娠できるのか、その答えはまだ見つかっていないけれど、同士のような女性たちへのエールもこめ、またこれから先、妊娠に悩む女性たちに少しでも役立てばと、実録で33歳兼業主婦ライターが妊活をリポートします。

これまでの記事:妊活日記一覧はこちら

OL旅
(c)Shutterstock.com

#16 分で自分に注射するなんて、これまで考えたことがなかった

排卵誘発剤クロミッドが全く効果出ず、自己注射へとステップアップすることになったhana。次こそは妊娠できるかもしれないという期待と、注射でもダメだったらこれからどうしようという不安のもと、病院へ通うのでした。

さて。

今この記事を読んでくださっている読者の方の中で、自分で自分に注射をしたことがある方ってどのくらいいらっしゃるのでしょう?

私は注射そのものは苦手ではなかったものの、自分で自分に注射ができるのか、とても不安でした。

ただ、自己注射をすることが決まった折、またもや良きタイミングで、会社の妊活先輩からアドバイスをもらえたのでした。

会社の先輩からアドバイス
(c)Shutterstock.com

その女性は、私と同じ部署でほぼ同じ仕事をしている方だったのですが、少し前に入院のためとのことで会社を休んでいたのです。何にも知らない私は普通に「体調大丈夫?」と会議前に話しかけてみました。

すると…

同僚「うん! 大丈夫だよ! 実は妊活しててね。私、多嚢胞なの。自己注射してるんだけど、薬が効きすぎて卵巣が腫れちゃって、安静のため入院になっちゃったんだ」

Hana「( ゚д゚)!! 私も! 私もなの! 来週あたりから注射するの」

急に芽生える、仲間意識。仕事でこんなにフランクに話をすることなかったのに、妊活という共通テーマが私たちをつないだ!!

同僚「あ、そうなの! 一緒一緒! 急にたまごが注射で成長すると、こんなこともあるから気をつけてね」

Hana「そうなんだ。もう大丈夫なの?」

同僚「うん! またリセットだけど、大丈夫だよ」

Hana「それならよかった。ところで注射って痛い? 私怖いんだけど」

同僚「あ、それね。全然痛くないよ。めんどくさいけど。針が普通のと違って、めちゃめちゃ細いんだよ。だから大丈夫大丈夫!」

そんな励ましを、偶然にももらえ、自己注射に対する不安が少し晴れたのでした。

注射
(c)Shutterstock.com

そこで、実は前回の診察の最後に自己注射の練習ムービーを頂いていたので、この同僚との会話の後に携帯で見てみることに。

まぁ、注射のやり方が淡々と説明されているだけのムービーでしたが、同僚のアドバイスもあり、なんとかやれそう。

そして次のお休み、注射レクチャーと注射器などを貰うためいつもの病院へ。

看護師さん「ムービーはご覧になりましたか?」

Hana「はい。見ました」

看護師さん「では今日は実際に注射器と、タオルを使って練習をしますね」

初めはモタモタするものの、3回の練習でなんとなく段取りがわかるようになりました。見たことがない方はイメージつかないかもしれませんが、説明すると。。。

注射器をくるくると回して、病院で言われた薬剤の容量をセットします。注射はお腹にするので、洋服をまくって皮膚をアルコール消毒し、注射器のボタンを押しながら垂直にお腹に注射します。慣れればほんの1分もかからずできるようになります。

注射器
(c)Shutterstock.com

練習をした後、先生に呼ばれました。いつもの先生とは違う先生でした。

先生「どう? 注射はできそう??」

Hana「はい! 大丈夫かと思います」

先生「ではプラノバールを服用して、生理がきたらその後から注射開始です。一応クロミッドも併用しましょう。生理5日目からクロミッドを飲んで、その後一日置きに注射ね。

不妊治療日程表を渡しますのでその通りに服用、注射をしてください。あなたの場合は、多嚢胞気味で卵の数が多いから急にたまごがたくさん成長して卵巣が腫れたら大変なので、注射は一日置き。初めは一番少ない容量でスタートしましょう」

こうしていよいよ自己注射が開始されたのでした。

一回あたりの注射器など支払いは1万6千円くらいとなかなかの金額

ちなみに気になる方も多い妊活費用ですが、一回あたりの注射器などでお支払いは確か1万6千円くらいでした。なかなかの金額ですよねぇ。

ズバリ妊活はお金がかかります。もちろんどんな治療をするのかにもよりますが。

費用
(c)Shutterstock.com

「仕事を辞めて妊活に集中したい」

そんな思いをゆくゆく私も持つことになるのですが、仕事を辞めたら今度は妊活を満足にできなくなる可能性もありそうな額が毎回のお支払いで飛んでいくんです。

通常時でもストレスの多い妊活なのに、さらに毎回お支払いを気にしながら治療を受けるのもまたつらい。これまた妊活の難しさです。

自己注射が始まり、自分は本格的な妊活に足を踏み入れたのだ…そんな気持ちで病院を後にしたのでした。私が初めて不妊治療専門クリニックを訪れたのは、初夏のとても暑い溶けそうな日だったのですが、この日の帰り道にはすでに秋の涼しい風が吹いていました。

季節は変化しているのに、全く手応えのない妊活に不安を感じながら、その日は歩いて帰りました。

つづく

これまでの記事:妊活日記はこちら

※この連載は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

初出:しごとなでしこ

Hana 33歳兼業主婦ライター

広告代理店で働くアラサー主婦OL。結婚2年目。主婦業、仕事に追われながらも、ただいま子作り奮闘中。夢は、家族でハワイ移住。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.03.25

編集部のおすすめ Recommended

Feature