Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. エッセンスって本来はどんな意味? 間違えていると赤っ恥すぎる!

WORK

2018.07.06

エッセンスって本来はどんな意味? 間違えていると赤っ恥すぎる!

今回ピックアップするのは、会話でもよく使う「エッセンス」。仕事はもちろん、ちょっとした日常会話でも使う言葉なのできちんと理解しておきたい!

エッセンスという言葉、本来はどんな意味?

ちょっと生真面目すぎる文章だから、笑いのエッセンスを入れて、このプレゼン資料を作り直してくれない?」と先輩に話しかけられたら、どんな資料を作るべきだと思う?

この「エッセンス」ということば、わかっているようで意味を間違えている人もいがちなだけに、この機会に正しい意味を知っておきたい!

ことばセンス&知識に関して自己点検。「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるビジネスウーマンに♪

【問題】
「エッセンス」の正しい意味は?

1.本質、最も大切な要素

2.本質に少しだけ加えるもの

正解は?

ビジネス会話
(c)Shutterstock.com
はてな
(c)Shutterstock.com

1.本質、最も大切な要素

英語の《essence》が語源で「精髄」や「本質的なもの」を示します。

エッセンス(essence)
1 本質的なもの。最も大切な要素。精髄。
2 植物から抽出した香気の高い精油。アルコールに溶かしたもの。化学合成もされる。食品の香り付けに使用。香油。「バニラエッセンス」
(デジタル大辞泉より)

冒頭の先輩の指示は、資料に“笑い”の本質を入れるという意味に…!? 先輩は「エッセンス」を違う意味合いで使っているかもしれませんね。

ちなみに、英会話では、風味をつけたり、趣や特色を加えたいときは、《flover》(フレイバー)を使うことが多いです。

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.24

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature