IoT(アイ・オー・ティー)ってなんの略? どんな意味?【ビジネスデジタル用語豆知識】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. IoT(アイ・オー・ティー)ってなんの略? どんな意味?【ビジネスデジタル用語豆知識】

WORK

2018.06.13

IoT(アイ・オー・ティー)ってなんの略? どんな意味?【ビジネスデジタル用語豆知識】

ビジネスシーンでデジタルに関連する用語が日常的に使われるようになっています。耳慣れない言葉が出てくると、戸惑ってしまいますよね。この機会にビジネスシーンでよく登場する表現を、チェック! 今回は「IoT」をピックアップします。

「IoT」って簡単に言うとどういうこと?

最近頻繁に目にしたり、耳にする「IoT」という言葉。

読み方は「アイ・オー・ティー」です。なんとなく通信系の言葉だというのは理解できていても、内容まではわからない! という人もいるかも。

この機会に正しい意味をチェック!

【問題】
「IoT」って、簡単に言うとどんな意味?

1.コンピュータ以外のものをインターネットに接続し情報がやりとりされること

2.携帯電話の通信で生活を便利にすること

正解は?

IoT
(c)Shutterstock.com
はてな
(c)Shutterstock.com

1.コンピュータ以外のものをインターセットに接続し情報がやりとりされること

建築物や電化製品、医療機器などの“モノ”をインターネットに接続し、情報をやりとりすることを指すことばです。

アイ‐オー‐ティー【IoT】

《Internet of Things》
あらゆる物がインターネットを通じてつながることによって実現する新たなサービス、ビジネスモデル、またはそれを可能とする要素技術の総称。従来のパソコン、サーバー、携帯電話、スマートホンのほか、ICタグ、ユビキタス、組み込みシステム、各種センサーや送受信装置などが相互に情報をやりとりできるようになり、新たなネットワーク社会が実現すると期待されている。物のインターネット。インターネットオブシングス。(デジタル大辞泉より)

身近なものをインターネットに繋げるようなイメージで捉えておけばOK!

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.26

編集部のおすすめ Recommended

Feature