Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 彼氏に浮気をされる前に! 兆候を見逃さないチェックリストと防止策

LOVE & WEDDING

2018.04.26

彼氏に浮気をされる前に! 兆候を見逃さないチェックリストと防止策

確証はないけど、最近彼氏の様子がおかしい/浮気されてるかも…と悩んでいる方、そんなときはささいな兆候を見逃さないように、思い切って「彼氏が浮気をしているかもしれない度」をチェック! 実際に不倫や浮気経験のある男女の浮気をしてしまった理由のアンケート結果や今後彼氏に浮気をされないための防止策もご紹介します。

【目次】
彼氏が浮気をしているかもしれない度をチェック!
彼氏の浮気の理由は?
彼氏の浮気防止に効果的な行動

彼氏が浮気をしているかもしれない度をチェック!

■彼は大丈夫? 彼氏の浮気チェックリスト

彼氏が浮気をしているかもしれない度をチェック

彼氏の行動や自分の態度が当てはまるか以下の10項目をチェックしてみましょう!

▢クリスマスイブ、バレンタインデイ、彼氏の誕生日、カップル3大イベントに会えないことが多い

▢彼氏はお酒を飲むのが好き

▢「仕事が忙しい」と言う理由で、会う回数が減った

▢彼氏の先輩に合コン好きの人がいる

▢休みの前日にあなた以外の人と遊びに行くことが多い

▢浮気に関するテレビ番組だとあわててチャンネルを変えることがある

▢メールの着信音が鳴ってもすぐに内容を確認をしない

▢私は相手に尽くすタイプである

▢彼氏は年中、朝シャワー派だ

▢過去に一彼の度浮気を許したことがある

彼氏が浮気をしているかもしれない度をチェック!!

■浮気注意度の結果をチェック!

●当てはまったのが0〜3コの人

浮気してるかもしれない度10%

安心してOK! あなたの彼氏が浮気をしてる可能性は極めて低いでしょう。

●当てはまったのが4〜7コの人

浮気してるかもしれない度50%

浮気はしていないかも。しかし、彼氏の中に浮気心が芽生えている可能性が!

●当てはまったのが8〜10コの人

浮気してるかもしれない度80%

残念ながらあなたの彼氏は浮気をしている可能性が高いそう…。

彼氏が浮気をしているかもしれない度をチェック!!

彼氏の浮気の理由は?

浮気防止
(c)Shutterstock.com

「服装や髪型などの雰囲気をこまめに変えること」が浮気防止に役立つ実践的なメソッドなのだとか。要は男性を飽きさせないことが大切!

というのも「クーリッジ効果」という本能が男性には備わっていることが影響しているそう。「クーリッジ効果」というのは、オスは新しいメスに出会うことで性的欲求が復活する本能のこと。逆説的に言えば、「男性は同じ女性と性的関係を続けるのが困難な生き物」という困った事態でもあります。

そんな状況を打破し「クーリッジ効果」という男性の困った本能と戦うには、女性は定期的に“新鮮さ”を提供しなければならないのです。服装や髪型はもちろんこと、セックスの仕方や香り、口に出す話題なども変化し続ける努力が必要です。

「彼氏の浮気防止に効果的な行動」を心理学的にズバリ解明!

■男性は「目の前の欲望」よりも「幸せを破壊する恐怖」を恐れる生き物

「私って勘がすごく鋭いから浮気されるとすぐにわかっちゃうの。自分でも不思議なんだけど…」これを出会った当初に話しておいたり、彼があやしい行動をとった際に、特に責めるわけでもなく会話にさりげなくこのセリフを紛れ込ませることで、浮気を水際でせき止められる可能性が大! よほど病的な浮気魔でない限り、「目の前の欲望」よりも「幸せを破壊する恐怖」をたいていの男性は恐れるもの。結婚している場合はなおさらです。

男性に<浮気する→パートナーが勘づく→幸せが破壊される>を一連の事柄であると認知させることで浮気心を抑える効果が期待できます。浮気されたくない、そんな女性はイメチェンを繰り返しつつ、勘が鋭い女をアピール、この二段構え戦略をとってみましょう。

「彼氏の浮気防止に効果的な行動」を心理学的にズバリ解明!


彼氏に浮気をされないためには彼女も努力が必要。浮気を防いで彼と幸せな時間を過ごしましょう。

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.21

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature