Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活日記
  4. 妊活初期、悪くない検査結果に浮かれ、悪い予感から目を逸らしていた【33歳の妊活日記3】

LOVE

2017.12.27

妊活初期、悪くない検査結果に浮かれ、悪い予感から目を逸らしていた【33歳の妊活日記3】

33歳兼業主婦ライターが妊活を実録リポート第3回。

バリバリと仕事をしてきた20代、30歳を越えこのまま独身バリキャリを貫くのかと思ってた矢先に社内の先輩男性と縁あって32歳で結婚。

さぁ次は妊娠と考えた2016年5月から、2017冬の今、未だ妊娠に至らず…自分の努力だけでも越えられない壁があることに気がつき、同時に同じ悩みを抱える30代女性の多さを知る。

自分は妊娠できるのか、その答えはまだ見つかっていないけれど、同士のような女性たちへのエールもこめ、またこれから先、妊娠に悩む女性たちに少しでも役立てばと、実録で33歳兼業主婦ライターが妊活をリポートします。

これまでの記事:妊活日記はこちら

妊活日記-3 極度の生理不順な私のホルモン検査の結果はいかに?

(c)Shutterstock.com
(c)Shutterstock.com

前回までのお話。

いよいよ妊活プロジェクト(略して妊活PJ)をスタートした私hana。

かかりつけのレディースクリニックにて、まずはプラノバールという薬を使って強制的に生理を起こさせ、ホルモン検査をすることに。つわりのような副作用に耐え、ついにきた生理様。そうして、いよいよホルモン検査の結果が…(ドキドキ)

(c)Shutterstock.com
(c)Shutterstock.com

初潮から生理不順だった私。生理が月に2度来ることも、一度の生理が10日以上続くことも。2か月以上生理がスキップすることもありました。さらに今の会社に入ってからなんて、完全にピルに頼って、自力排卵は全くしていませんでした。

こんな私だったので、素人判断ながら「絶対に何かしら問題があるだろう」とずっと予感していたものの! やっぱりね。人間だもの。女子だもの。なんてったって妊娠希望だもの。検査結果を聞くときは、それなりに緊張。

そして、肝心の検査結果はねえ……
いいわ…今日は特別出血大サービス! 全部書いちゃうっ!!

「エストラジオール77(基準値20-200)」
「LH18.2(基準値10以下)」
「FSH5.5(基準値10以下)」
「プラクチン6.9(基準値3.5-32.7)」

と書かれた小さい紙を先生に差し出されました。私、心の中でめちゃ叫ぶ。(こういう時、なぜだかいつも、 私の心の声は変な関西弁。旦那と母方が関西人なのよ)

「はいっ! きたでーーーー!!」
「やっぱりな!」
「やっぱり異常あるやん! LHとやらが、基準値の2倍近いやん!」
「不妊専門院紹介状コースやな??」
「先生、そうやな? 先生、早く言ってーな!」

しかしなんと、先生の答えは予想外!!!

先生曰く
「うーん。やっぱりホルモンの値、LHに若干異常があるけれど、まあまずは漢方と排卵誘発剤で治療してみましょうか。」と!
(なんだか文体が高校の時の漢文の日本語訳みたいだわw)

衝撃…

「え!?」
「おや??」
「うそやん! 私の異常ってそんなもんなん??」
「そうなん??」
「でもそんなもんやから、不妊専門院紹介されなかったんやな?」
「まじか。なんだ!」
「なーんだ!!」

急激にまたもや関西弁で浮かれ始める私。お会計を済ませ、なぜだか用事もないのに母親に電話をしながら、商店街で焼き鳥を買って家路につきました。

先生の深刻ではない態度に浮かれ、悪い予感がするものから目を逸らしていた

次の診察は2週間後。クロミッドと呼ばれる排卵誘発剤を飲みはじめているので、その効果を見るそう。つまりは、卵胞(排卵前のたまごちゃんのこと)がちゃんと育って排卵の準備をしているかを確認するのです。

(c)Shutterstock.com
(c)Shutterstock.com

帰宅後、帰り道に買った焼き鳥を頬張りながら、手にしていたスマホで、その時何気なく目に入っていた薬の袋を見ながら「クロミッド」と検索をしてみました。いつからでしょうね、こんなにも何事も検索する癖がついたのは…。

検索をした時に、なぜだか「クロミッド 効かない」という検索ワードが検索窓にちらっと表示されたことに「ドキリ」としつつも、検索ワードとドキリとした自分に気づかぬふりをした私がいました。

だって先生は不妊専門院を紹介しなかったもん。全然深刻そうじゃなかったもん。そんなこんなで、2週間後…いよいよ排卵誘発剤「クロミッド」の効果チェックの日がやってきました。

今思うと、この時の私って本当に単純です。クロミッドを飲んだから「たまごちゃん(卵胞)は育つ!」って疑いなく思っていたんです。いや、本当は疑っていたのかもしれませんが、その疑いを自分で打ち消していただけなのかも。

だって「クロミッド 効かない」の検索ワードにドキッとしていたのは確かだから。

(c)Shutterstock.com
(c)Shutterstock.com

つづく

これまでの記事:妊活日記はこちら

※この連載は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

初出:しごとなでしこ

Hana 33歳兼業主婦ライター

広告代理店で働くアラサー主婦OL。結婚2年目。主婦業、仕事に追われながらも、ただいま子作り奮闘中。夢は、家族でハワイ移住。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.08.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi9月号のP.181に掲載しておりますポメラートのリング名は、正しくは「NUDO」です。お詫びして訂正いたします。

Feature