Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. SNS映えで大成功の「モテるクッキー」。美人経営者の創業の理由は「夢を叶えるため」ではなかった

WORK

2017.12.03

SNS映えで大成功の「モテるクッキー」。美人経営者の創業の理由は「夢を叶えるため」ではなかった

今回ご紹介するのは、クッキーショップオーナー・桜林直子さんです。様々な分野でキャリアを輝かせている女性たちが「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」を見つけ、人生観を映し出すドキュメンタリー番組「7ルール」を振り返り、仕事をする女性たちへのヒントを見つけます。

桜林直子さんってどんな人?

クッキーショップオーナー・桜林直子さん

今回ご紹介するのは、クッキーショップオーナー・桜林直子さん。

東京・富ヶ谷にある、クッキーショップ「SAC about cookies」。カラフルなアイシングでSNS映えするクッキーを目当てに、「美味しくてセンスがいい」「大切な人に贈りたくなる」と多くのファンが訪れ、インターネットでの注文も殺到するほどの人気ぶり。

桜林さんは、そのクッキーショップのオーナーです。

クッキーショップ

しかし、桜林さんはクッキー職人ではなく、自身はレシピとデザインを考えるだけ。実際のクッキー作りは全てスタッフに任せています。

また、私生活ではシングルマザーで、娘さんは現在15歳にして“あーちん”という名前でプロのイラストレーターとして活躍中。「ほぼ日刊イトイ新聞」などで連載を持っています。

桜林さんがクッキー屋をはじめた理由は「不自由なく暮らすため」

幼い頃から特にやりたいことがなかった桜林さんは、製菓専門学校を卒業し、21歳でチョコレート専門店に就職。お菓子に情熱を注ぐ社員たちの中で、桜林さんは事務や経理など裏方の仕事ばかりを任されたという。

その後、23歳にして子どもを授かり結婚するも、翌年には離婚。シングルマザーとして娘さんを育てていくことを決意したそう。

桜林さん 娘

シングルマザーとして仕事と育児にすべてを捧げる20代を過ごした桜林さんですが、娘さんが小学生になった時に気がついたのは「長い夏休みに一緒にあげられない」こと。

娘さんとの時間を作りたいが、二人で暮らしていくお金も必要…。

考え抜いた末、クッキー屋さんの開業に至ったのだそう。

なぜクッキー屋にしたのかというと、ケーキ屋であれば冷凍庫やショーケースなどを揃えないと始められず、借金をすることが前提になる。でもクッキーなら、常温で大丈夫。テーブル1つあれば置いておけたり、お菓子の中でも賞味期限が長く、全国に宅急便で送ることもできる。

そのようなことを考えながらお菓子の中でトーナメント戦をした結果、クッキー屋にすることに至ったそうなんです。

クッキー屋

桜林直子さんの「7つのルール」

さて、そんな桜林直子さんが「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」とは…

1.「美味しい」だけでなく「モテる」クッキーを作る

クッキー

男性から可愛いクッキーをもらうと女性は喜ぶ。美味しいクッキーは山ほどあるが、そういうモテるクッキーはあまりない。食べて美味しいのが当然だが、見た目も大事にしている。

2.スタッフに夢組と叶え組を組み合わせる

スタッフ

スタッフを「夢組=やりたいことがある子」、「叶え組=やりたいことがない子」に分け、組み合わせている。「やりたいことがある子」は気持ちは強いができないことも多い。対して「やりたいことがない子」は、「やりたいことがある子」に必要とされることにやりがいを感じたりする。やりたいことがあることが良いというわけではない。やりたいことがなくても、誰かのやりたいことを叶えてあげられるのも才能。

3.娘のお弁当を作り続けるためにSNSにアップする

娘のお弁当

毎日娘のお弁当を作り、SNSにアップしている。お弁当作りは面倒なので、作り続けるため、また、どうせやるなら楽しくやりたいためにそうしている。

4.考えるために歩く

歩く

昔から考え事が多いタイプ。歩くのが好きなので、歩きながら考えることが多い。

5.不機嫌禁止

不機嫌禁止

不機嫌でいてお互いにいいことは何もないので、禁止。「不機嫌なことをアピールして人を動かそうとする」ことが苦手。

6.娘に母のせいとは言わせない

娘と母

娘がやりたいことがある時、影響力がある親がそれに対して意見をすると、それを踏まえて娘が選択するという癖がついてしまう。「最終的に自分がどうあったら幸せか」というのは自分にしかわからないので、自分で考えて自分でどうしたいか言えるようになってほしい。

7.人の半分の時間で倍稼ぐ

働く

共働きと比べると給料も半分で、一緒にいられる時間も半分になってしまう。しかし、娘に「シングルマザーだから仕方ない」と思ってほしくないので、「人の半分の時間で倍稼ぐ」ということを叶えたいと昔から思っていた。

「やりたいことはない。不自由なく暮らしていくためにクッキー屋という道を選んだ」という桜林さん。桜林さんの話すストレートな言葉に、自然体な魅力を感じました!


次回の「7ルール」の放送は、12月5日(火)よる11時~11時30分です。主人公は、なんと! 言わずと知れたあの元AKB48不動のセンター。女優の前田敦子さんです。

しごとなでしこでは、番組の内容をもとに彼女にフォーカスしていきたいと思いますので、是非チェックしてくださいね♡

初出:しごとなでしこ

セブンルール(カンテレ/フジテレビ系列 全国ネット)

【放送日時】4月18日スタート 毎週火曜よる11時~11時30分
番組は“今最も見たい女性”“最も見せたい女性”に密着し、7つのルールを手がかりに、その女性の人生観を映し出す新感覚ドキュメント。スタジオでは、YOUさん、若林正恭さんに加え、芥川賞作家の本谷有希子さん、俳優の青木崇高さんが縦横無尽な人生観トークを繰り広げます。

【7RULES(セブンルール)オフィシャルWeb site/SNS】

オフィシャルWeb

Twitter

Instagram

クッキーショップオーナー 桜林直子

1978年生まれ 東京都出身 38歳。製菓の専門学校を卒業後、都内のチョコレート会社に勤務。販売、企画、人事、経理、商品管理、広報、営業などの経験を経て2011年に独立し渋谷区の富ヶ谷に“笑うように、踊るように、旅するように”がコンセプトのクッキー屋さん「SAC about cookies」をオープン。人気クッキー屋さんの経営者以外に、飲食店のアドバイザーとしても活躍。シングルマザーで、現在15歳の娘のあーちんは「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載をもつイラストレーター。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.16

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature