Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. ブランディング仕事術
  4. 仕事も私生活も繁忙期って同時に来る?!【キャパを育てる術】

WORK

2017.09.07

仕事も私生活も繁忙期って同時に来る?!【キャパを育てる術】

仕事と恋愛は似ている!? コンサルティング会社 ブルーム&グロー代表・大島文子が教える、セルフブランディング術をお届けするコラム。

忙しい時に限って色々なことが重なる!?
キャパシティ超えするにはどうしたらいい?

こんにちは。ブランディングコーチの大島文子です。

9月に入り空はすっかり秋模様ですね。

この夏、私はイベント仕事が続いてあっと言う間に8月が終わってしまった感じです。パワーをもらったりはするけど占いにはそんなに詳しくないほう。でも振り返ると忙しい時っていろいろな事が重なりませんか?

私は32歳で結婚したのですが(ちょうど9月に!)、その直前に転職してて。結婚、結婚式、転職、引越しを一気に過ごした記憶があります。

その上、10月にはパリのコレクション出張もあり、仕事の準備プラス自身の名前やパスポート、クレジットカードの変更にも振り回されて…。仕事と私生活の繁忙期って、星の巡りか運命の波か(笑)全てが一気にくる体験。

それはもう、キャパシティ超えの毎日でした。

それからも公私同時の繁忙期は何度か来ましたが、その度毎なんとかに乗り越えて今に至ります。

■1:自分のキャパシティを「ビーカー」に見立ててみる

しごとなでしこの皆さんは、仕事で忙しい時、プライベートでやらなくてはいけない事が溜まってる時、どんな風に乗り越えてますか?

仕事も家の事も「作業」が一番時間とられますよね。メールだって打たないと送れないし、書類もイベントの案内も作る時間って必要。そんなものが山積みになって、1日、2日と自分の処理能力を超え続けた時、それは当たり前にキャパオーバーです。

私はいつの頃からか自分のキャパをビーカーに見立てて考えています

そう、あの化学の実験とかで使うメモリのついたビーカーです。

(C)Shutterstock.com

やらなきゃいけない事が山積みで「思考能力が低下してるなぁ」と感じたら自分のビーカーから水(仕事)が溢れ出してるイメージ。

水が溢れ出してると仕事に支障をきたすので、周りの人に手伝ってもらったり、滞ってる案件を早回しで片付ける術を探します。

この思考能力が落ちると、作業の前の「考えるチカラ」がなくなるので作業効率まで落ちる。

何より水が溢れすぎてビーカーが割れちゃったら決壊です。体調やココロまで壊れちゃう。

でもね、私は自分のビーカーにいっぱいの水(仕事)が入ってその対応を時を繰り返すことで、ビーカーの容量が育っていったと感じています。

決壊しないで、いっぱいいっぱいの時に1人で抱え込まない方法を見つけて、作業処理能力を上げていく。

そうやって30年育てたビーカーは大きめの耐熱ガラスのように丈夫になってるかな?(笑)

■2:後輩の育成も同じこと。割れないビーカーを育てよう。

この7月から私がブランディングに参加しているバッグブランド「FUMIKODA」にPRのスタッフが加わりました。

福田花純さん28歳。異業種の営業からの転職です。

PRと言ってもスタートアップ間もないブランドですから、コミュニケーション、PR、そしてイベント関係までを担当することに。

そして丸2ヶ月後の昨晩、以前この連載でも紹介したFUMIKODA主催のチャリティーオークションイベント「〜未来のIT女子を育てよう!〜SMART WOMAN BACKUP PROGRAM」が開催されました。

222

1

写真はチャリティーオークションの司会をするFUMIKODA クリエイティブ ディレクターの幸田フミさんです。

女性経営者やアーティストなど、さまざまな著名な方々に協力頂き、100名以上のゲストに参加頂いたイベントでした。お仕事帰りの女性たちが、養護施設の女児たちにITスキルアップの支援をするためのチャリティー オークション。目標を超える支援が集まりました。華やかな丸の内ハウス@新丸ビルで大盛況の一夜。

image3

その運営にブランドのスタッフの1人として、深く関わり仕切っていたのが福田さんでした。

全てが新しい体験、仕事。通常のポップアップやPRの業務にプラスしてのチャリティーイベント。いっぱいいっぱいの日々を過ごしているのを見守りながら、このイベントを終えた後の彼女のビーカーの成長が楽しみでした。

念願のモメンタムファクトリー・Orii代表の折井さんとお会い出来た福田さん。

折井さんはFUMIKODAに、美しい日本の伝統工芸orii blueのアクセサリーパーツを作って頂いてます。

3

イベントを終えたら、次のポップアップ、PR、そして2018年春夏コレクションと福田さんのミッションは続きます。一年後の彼女のビーカーが、今より大きく育ち綺麗な光を放っていることを願ってやみません。

しごとなでしこの皆さんも、おひとりおひとりが素敵な色とりどりのビーカーを育ててくださいね♡

初出:しごとなでしこ

大島文子 BLOOM&GROW INC 代表取締役/ブランディングコーチ

資生堂ザ・ギンザ、三陽商会、パルグループ等にて日本発ブランド及びセレクトショップのブランディングや広告宣伝等マーケティング全般を担当。ファッション分野にとどまらずライフスタイル雑貨・ショップ等もプロデュース。大人女子に素敵な時間を提供するブランド育成のための、ブランディング&プロモーションコンサルティング会社(株)ブルーム&グローを設立。
アメブロも更新中▶︎http://ameblo.jp/branding-coach/


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.23

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature