Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. 彼氏の浮気発覚で興奮状態の女は、男性から本気で疎まれてしまう!

LOVE & WEDDING

2017.06.24

彼氏の浮気発覚で興奮状態の女は、男性から本気で疎まれてしまう!

結婚したい女性必読! 仕事柄数多くの既婚未婚女性を取材してきたライター吉田が、男性をプロポーズへと駆り立てる極意を伝授!

男性をプロポーズへと駆り立てる極意とは? OK行動とNG行動を実体験を元にレポートします

長年付き合っている彼氏がいるのに、いつまで経っても彼氏からプロポーズされず人知れず悩んでいるという女性は多いですよね。その状態がいかに危険か、ということを再三繰り返させていただいています。

というのも、この状態が続くと、今まで「結婚」という言葉を封印してきていたにもかかわらず、最悪なタイミングで「結婚」を口に出し、プロポーズを促し、そして破局を迎えてしまうという失態を犯しがちだからです。

その最悪なタイミングとは<ふたりの関係が崩壊しかけたとき>

その中でも最もやってはならない<別れ話の最中に結婚を促す>というダメ行動を結婚適齢期にやらかしたライター吉田は、これをきっかけに、その後数年にわたる人生暗黒期を送る羽目に。

その過程を前回お伝えしましたが、今回はその続きからお送りします。

携帯のぞき見で彼氏の浮気発覚! 彼女としてやってはならない行動のオンパレードとは?


(c)Shutterstock.com

長年同棲していた彼氏の行動がおかしいと、寝ている隙にこっそり携帯をのぞき見をした私。そして見たものは、これでもかというぐらいざっくざくの浮気の証拠。頭に血が上った私は深夜3時過ぎだというのに興奮状態で彼氏を叩き起こしたのです。これ経験したことある方ならわかりますよね? 鼓動は早まり、血の巡りがおかしくなるんです。さらには意識が吹っ飛んで理性がまるで効かなくなるあの感覚。

私「ちょっと、これどういうこと?」

浮気相手とおぼしき女性とのラブラブ2ショット画面を突き付け、興奮状態で彼氏を問い詰めます。まさに鬼! 鬼! 鬼ばばあ(涙)!

彼「え? なんなの?」

寝ぼけまなこでやっとこさ起きた彼ですが、私のあまりにも緊迫した状況に、事態が呑み込めずおろおろするばかり。そりゃそうだ。

秘技<浮気男の逆切れモード>に女は立ち向かうすべはないのであろうか……

そしてようやく状況を把握した彼が発した一言がこちら。

彼「てかなんで勝手に俺の携帯見たの?」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

でたよ。でたよ。そうなんですよ。冷静に考えるとこうなる展開は見えるはずなんです。しかし女側に興奮般若モードスイッチが入った時にはこんな簡単な展開すら読めなくなるんですよね。

この先はかつて心通い合ったふたりの会話とは思えない、ひどいやりとりが続きます。はーい、<第七の過ちポイント>です。


(c)Shutterstock.com

私「浮気しといて話ずらさないでよ!」

彼「いやもう携帯とか勝手に見る人とは話すことはないから…」

私「そんなんずるいよ。浮気なんでしょ、これ」

彼「今更お前に何言ったって信じてくれないから話さない」

私「信じるってどういうこと? 浮気じゃないってこと?」

彼「だからもうどうでもよくなったから話さない」

私「話してよ! 浮気じゃないなら教えてよ!」

彼「だからもういい。人の携帯勝手に見るような人とは一緒に暮らせない」

私「…………え、それって…私と別れるっていう意味?(涙)」

あれあれあれ? えっと、いつの間にか浮気男より浮気され女側が劣勢になってません? 携帯を勝手に見てしまったカップルにありがちなこの展開。さぁ吉田劣勢のまま次回に続きます!

初出:しごとなでしこ

吉田奈美 writer

女性誌を中心に、タレントインタビュー、恋愛企画、読み物企画、旅企画、料理企画などを担当。著書に『恋愛saiban傍聴記』(主婦の友社)も話題に。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.19

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature