Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. ブランディング仕事術
  4. 個性を磨いて価値を高めて、信頼を得る!【OEM】と【ブランド】の関係

WORK

2016.11.26

個性を磨いて価値を高めて、信頼を得る!【OEM】と【ブランド】の関係

OEMとは?

こんにちは。ブランディングコーチの大島文子です。
突然ですが、OEMという言葉を聞いたことありますか?
original equipment manufacturerの略で、「他社ブランドの製品を製造すること」を意味します。

ブランド力のある企業が販売や営業は自社で行い、開発や製造に関しては生産力のある専業メーカーが請け負うという仕組みで、企業同士が相互補完的に行われる取引。昨今では、百貨店やスーパーのプライベートブランド(PB)、自動車メーカー、化粧品メーカーなどもこの形態で商品を製造、販売を行っています。

大手スーパーのPB商品は大量発注が見込めますから、ブランド力を持たない専業メーカーにとっては売上拡大になり、ユーザーにとっては専業メーカーの安価で優れた商品が手に入るから選択肢として魅力的です。個人的にはいろんなOEM商品を愛用しています。でも普段の生活でPB商品のメーカーなんて気にしない…。
日本の素敵な商品に「ブランド価値」を付けて欲しい私としては、ぜひその優れた商品力を磨き、専業メーカーが「ブランド」としての信頼を築いて会社の財産に、と願ってしまいます。

ファッション業界では、昨今の価格競争でOEMメーカーの卸価格が下げられて品質低下につながったり、ブランド力があるハズの大手アパレルがOEMを請け負ったりと、さまざまな現象も起こっています。これからますます、グローバルな「ブランド」じゃないと戦えないのかもしれませんね。

個性を磨いて価値を高めて、信頼を得る

最近の我が家はテーブル用醤油を新しいブランドに替えました。長年同じ醤油メーカーのものを購入していたのですが、今はジョエル ロブション監修「ヤマサ 鮮度の一滴 グルメ醤油一筋! それも和食派で味に保守的な夫が夢中なのです。
「ロブションさんて誰?」位の夫ですから、パッケージでは絶対購入しない。でもヤマサさんのブランド力、ロブション監修の話題性で我が家のテーブルに上がったこの醤油の「味」にノックアウト。その上、塩分が控えめなこと、いつも鮮度高く色鮮やかに保つパッケージなども高得点!!
たかが醤油? いえいえ、醤油は家庭の味の基本だから「うちの醤油」と決めた商品のリピート買いが多いと思います。そんな保守的な商品ゾーンに「フレンチの巨匠が醤油を監修」の話題性と優れた商品内容で新商品を投入したヤマサ醤油さん。すばらしいブランディングの成果だと思います。

そしてもうひとつ、コスメブランド「shiro」。
shiroを展開する(株)ローレルさんは、元々グローバル展開する有名ショップ等のOEMを請け負う化粧品メーカーだったそうです。それがここ数年でOEMを止め、自然素材を使うオーガニックコスメの自社ブランドを開発。全国に直営店20店舗を展開しています。

01

そして2017年2月からメイクアップシリーズをスタート。スキンケア、フード、カフェ、トータルビューティーサロンと併せてファッション性の高いコスメティックブランドとして世界が広がっているブランドです。なんとこの秋にはロンドン・キングスロードにもショップをオープンしています。

先日伺った発表会もコスメティックブランドなのに、ファッションショー形式で。さまざまな真っ白のスタイリングを12人のモデルが着てプレゼンテーションしました。そのモデルのメイクがナチュラルなのに華やかで…スタイリングというより、メイクアップでより輝きを増したひとりひとりの「魅力」のプレゼンテーションでした。

02

メイクアップシリーズとしては、アマニ油を配合した亜麻ネイル、ショウガ根油とトウガラシ果実エキスを配合したジンジャーリップバター、ベースにタピオカパウダーを配合し、シアバターとゴマ油がうるおいとツヤ感を与えるシアチークリップバター、がごめ昆布エキスやトマト果実エキス配合のがごめ昆布プライマープロテクト、タピオカパウダーや米粉、シルク、ゴマ油配合のタピオカフェイスパウダーが登場。

どのアイテムも美味しそうな原材料で、ナチュラルなテクスチャーとモダンできれいな発色が魅力的でした。ジンジャーリップバターは本当にショウガのお味がします♡

shiroのメイクアップシリーズもスキンケア同様に香りも素敵でした。ナチュラルで控えめ、そして上質な素材の香りだから品がいい。メイクをする時に色と一緒に香りも重ねていける…。そんなメイクアップシリーズの誕生は嬉しいですね。

毎日の生活を彩るさまざまなアイテムが、大好きなブランドの製品で、美味しかったり、素敵だったり、優秀だったりすると幸せです。

「個性を磨いて価値を高める、そして信頼を得る」それがブランディング。

お得な感じのOEM商品も使い方次第だけど、このようにブランドの個性を際立たせた日本のブランドが増えて欲しいと願う年末でした。

初出:しごとなでしこ

大島文子 BLOOM&GROW INC 代表取締役/ブランディングコーチ

資生堂ザ・ギンザ、三陽商会、パルグループ等にて日本発ブランド及びセレクトショップのブランディングや広告宣伝等マーケティング全般を担当。
ファッション分野にとどまらずライフスタイル雑貨・ショップ等もプロデュース。
大人女子に素敵な時間を提供するブランド育成のための、ブランディング&プロモーションコンサルティング会社(株)ブルーム&グローを設立。
アメブロも更新中▶︎http://ameblo.jp/branding-coach/


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.17

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature