Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. ブランディング仕事術
  4. バッグブランドFUMIKODAから「IoTバッグ」が登場!

WORK

2016.10.16

バッグブランドFUMIKODAから「IoTバッグ」が登場!

新ブランド始動!現代的なラグジュアリーの提案とは?

こんにちは。ブランディングコーチの大島文子です。
この春のスタートアップからブランディングに参加している、新しいバッグブランド「FUMIKODA」が始動し始めました。FUMIKODAはITビジネスの経営者、幸田フミさんが「MacBook Airを持ち歩くような、働く女性のためのスマートでエレガントなバッグがない!」との長年の思いからスタートしたブランドです。

9月末からパリで開催された展示会「トラノイ ファム」でデビュー。先週末、東京のショールームでプレスプレビューを開催。12月には表参道他でのポップアップも決まりました。

ある素材との出会いから、この春会社を立ち上げ私もブランディングコーチとして参加。半年の間、さまざまな課題を乗り越えて初めての2017年春夏コレクションが完成しました。

01

このブランドはすべて、100%アニマルフリーのエシカル素材なんです。レザーは日本の技術の粋を集めた人工皮革。人間の肌のような細かな組織で作られた、某高級エコカーのシートなどを開発している企業による新素材です。べっ甲のように見えるポイントとなるバーは、鯖江でハンドメイドで仕上げられたコットンセルロース。製造も金具類もすべて日本の職人の手によるメイド イン ジャパンです。この人工皮革のバッグは、軽さや耐久性、手入れしやすさなどの機能と共にエレガントな輝きと柔らかさのある高級感のあるテクスチャーが特徴です。

大切なプレゼンやリッチなレストランでの会食などで、より自信を与えてくれるエレガントなバッグを持ち、動物保護や地球環境に配慮した選択肢を持つ知性がある。そんなラグジュアリーで現代的な女性像を提案しています。また、シグネチャーバッグのARIANNAにはMacBook Airがそのまま収納できるクッションケースが内蔵。

02

カブセ部分は取り外せ、他のカラーに替えたりショルダーバッグのTALAのカブセとチェンジが可能。私はカブセなしのトートとしても愛用しています。

03

そしてITビジネスと縁の深いFUMIKODAならではのアイテムがこちら。

04

GPS機能付き タッセルキーリングPAOLAです。手持ちのアイフォンにMAMORIOというアプリをインストールすることでチャームをつけたバッグや鍵が探索できるIOTグッズなんです!
初めて幸田さんからこのブランドの構想を聞いた時、正直「なんて壮大で、ハードルの高いことに挑戦するんだろう…」と驚きました。ニューヨークでデザインを学んだ経験があるとは言え、ファッションビジネスは初心者。そして何より「日本人の既成概念」を覆すプロジェクト。「高級なレザーを使っている」「海外の有名ブランド」といったことが重要視される現在のバッグ売り場の価値への挑戦だと。

でも彼女の強い意志に動かされて参加し、スタッフの皆さんのパワフルな機動力でここまで来ました。
ファッションブランドは「唯一無二の個性」を持つべきだと考えています。そしてその個性を磨き発信し続け、大勢の方に認めて頂けたとき、「ブランド」が誕生すると。
長い時の積み重ねの1stシーズンがスタートします。

まさに昨夜、メディア向けのプレビューを行いました。さまざまなご意見をいただき、幸田さんにとっても私にとっても素晴らしい夜となりました。

05

初出:しごとなでしこ

大島文子 BLOOM&GROW INC 代表取締役/ブランディングコーチ

資生堂ザ・ギンザ、三陽商会、パルグループ等にて日本発ブランド及びセレクトショップのブランディングや広告宣伝等マーケティング全般を担当。ファッション分野にとどまらずライフスタイル雑貨・ショップ等もプロデュース。大人女子に素敵な時間を提供するブランド育成のための、ブランディング&プロモーションコンサルティング会社(株)ブルーム&グローを設立。アメブロも更新中


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.04.19

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号P.17「目次」におきまして、P.134は正しくは「NATURAL BEAUTY」となります。お詫びして訂正いたします。

Oggi5月号P.49「Theoryのトートバッグ」企画おきまして、キャンペーン対象店舗に「仙台パルコ店」が入ります。お詫びして訂正いたします。

Feature