絶対行くべき、東京のパティスリー | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. ブランディング仕事術
  4. 絶対行くべき、東京のパティスリー

WORK

2016.10.06

絶対行くべき、東京のパティスリー

こんにちは。
ブランディング&プロモーションのコンサルティングをしている大島文子です。
仕事柄、大人女子にオススメの素敵な空間へはよく足を運ぶのですが、最近、とっても気に入っている2軒のパティスリーがあるのでご紹介したいと思います。

01

ガトーバスクが名物!「maison d’ahni」@白金高輪

1軒目は白金高輪駅の裏手にあるmaison d’ahni(メゾン ダーニ)
シェフパティシエ・戸谷尚弘さんのお店です。こちらの名物は焼き立てのガトーバスク
基本のダークチェリーのフィリングのものと、季節のガトーバスクの2種があります。
この秋はリンゴのガトーバスクが登場していて、とっても美味しそうなんです♡
イートインではこんな感じ。

02

6個入りのボックスは手土産にぴったりです。焼き立てに出合えたらとってもラッキー! ギフトにも喜ばれますよ。

03

最近、ガトーバスク以外にもケーキやタルトにグッときています。

04

シャインマスカットのタルト!
先週、撮影中にモデルさんともこのお店が話題に上りました。どうやら美味しいものに目の無いファッション業界人にも注目され始めたようです。

注目度No.1のパティシエが手がける「PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI」@等々力

2軒目は等々力にあるPÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGI (パティスリ アサコ イワヤナギ)。注目度No.1のパティシエ・岩柳麻子さんが昨年末オープンされたお店です。
店内はシックで、併設されたサロン ド テは落ち着いたグレーの内装。美しい彩りのスィーツが映える空間です。

05

ケーキはお持ち帰りにして、ここでしか頂けないパフェをオーダー。
こちらもブドウのパフェをいただきます♡(どれだけブドウ好き)
さまざまなブドウのコンポート、ブドウとピスタチオアイスクリーム、クリームやブドウのジュレが混ざり、お味はもちろん香りや食感も刺激的なデザート。
五感を研ぎ澄まして、静かに興奮しながら岩柳さんのスィーツを味あわせて頂きました。

06

定評のある焼き菓子もバリエーション豊かで、手土産担当としても頼れるパティスリーです。

両店ともパリで修行し、自らの店をオープンしたパティシエのお店。
住宅地の駅から少し歩いた住宅街にポツンとあり、美しくおいしいケーキや個性のある焼き菓子、出来立てをいただけるイートインを備え、テイストは違うけどモダンな設えも同じ。
パリの奥マレに突然出来たパティスリーを訪たような存在感です。
パリや東京の名店で腕を磨き、自分の個性を磨いてテイストを確立し、スィーツ自体はもちろん、空間やサービスにも世界観を表現している、そんなパティスリーブランドが増えてきている東京。
その世界を継続し進化させていくのは、ファッションブランド同様に難しいこと。ますますの進化に期待したい2ブランドです。

秋の休日、ティータイムを兼ねてのお散歩にいかがでしょうか?

初出:しごとなでしこ

大島文子 BLOOM&GROW INC 代表取締役/ブランディングコーチ

資生堂ザ・ギンザ、三陽商会、パルグループ等にて日本発ブランド及びセレクトショップのブランディングや広告宣伝等マーケティング全般を担当。
ファッション分野にとどまらずライフスタイル雑貨・ショップ等もプロデュース。
大人女子に素敵な時間を提供するブランド育成のための、ブランディング&プロモーションコンサルティング会社(株)ブルーム&グローを設立。
アメブロも更新中▶︎http://ameblo.jp/branding-coach/


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.27

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature