体臭の強い同僚への接し方【オネエの精神科医がアドバイス】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 先輩インタビュー
  4. 体臭の強い同僚への接し方【オネエの精神科医がアドバイス】

WORK

2016.10.22

体臭の強い同僚への接し方【オネエの精神科医がアドバイス】

相談なでしこさん/ 29歳・サービス業

同じ職場に体臭が強い同僚(♀)がいます。洗濯の生乾きや香水のつけすぎなどは指摘できますが、体臭に関してはどのように指摘したらいいのかわかりません。おまけに、その人が非常にいい人なので、とても言いづらいです。そもそも指摘はするべきでしょうか? それとも、指摘しないでガマンしたほうがいいのでしょうか?

「指摘する」のではなく、「話題にして、提案する」といいわ

01
指摘するのであれば、本人が改善できることにしましょう。たとえばお風呂に入っていないとか、汗臭いとか、香水が強いとかなら本人が改善できることよね。こういうときは、ソフトな言い回し+ポジティブな言い回しの合わせ技で行けると思うわ。

ソフトな言い回しって、具体的に言うと、たとえば「汗臭い!」じゃなくて「最近暑くて、よく汗かくよね。アナタもそうじゃない?」なんて言い換えをする。香水が強いときは、「香水が臭い!」じゃなくて「香水使ってる?」と聞いてみる。直接欠点をしてあげつらうとムッとされるから、「話題にする」という感じでいいと思うわ。

そして、ポジティブな言い回しで「提案する」。汗臭いときは「私汗臭くなるから、この時期は毎朝シャワーしてるんだ。○○もしてみたら?」って感じかしら。香水のときは「香水はワンプッシュ空間に振ってから、くぐるぐらいがいいって聞いた! ほのかな方が私は好きね」なんて言い方ね。

ちゃんと改善できることで、本人のことを思っていってる雰囲気が伝われば、それで大丈夫だと思うわよ。

参考になったかしら? Tomy

初出:しごとなでしこ

Tomy オネエ精神科医

医師として実際の医療現場で日々活躍するかたわら、ゲイの精神科医という個性を生かし、覆面でブログ、雑誌、webなど幅広いメディアに登場。病気や心のあり方などはもちろん、恋愛や仕事まで、男女のいずれの性を理解し、的確なアドバイスをする人生相談ネタで大人気!


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.25

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature