Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. 美人ほど不倫という落とし穴に落ちやすい。それには理由がある|幸せな人生を生きるための恋愛方法

LOVE & WEDDING 結婚したい

2017.08.20

美人ほど不倫という落とし穴に落ちやすい。それには理由がある|幸せな人生を生きるための恋愛方法

ミキ オナリ「かわいい修羅場」

彼氏が欲しい!結婚したい!と、日夜悶えるアラサー女性に贈る恋愛指南のはじまりです

注:モテる男やダメ男とうまく付き合っていく方法を恋愛アクティビストである筆者がえぐる連載。はなからモテようと思っていない男子(あんまりいないけど)を落としたい女性には役立たないアドバイスなのでご容赦ください。モテる浮気男子も、女子にたかるダメ男もいるけれど、男性という存在は、女子には必要な愛すべきもの。だからこそ私たちは良きパートナーとなる男性をうまく見分け、幸せをつかまねばならないのです!

美人ほど不倫という甘美な落とし穴に落ちやすい。それには理由があるのです


▲(c)Shutterstock.com

文春砲! この恐ろしい週刊誌の取材攻勢にビクビクしている有名人が山のようにいる昨今。ワイドショーで浮気がここまで毎日のように報道されるなんてすごい世の中です。
私の知り合いの男性曰く「僕はついつい浮気しちゃうんだけど、決して奥さんがイヤなわけではなくて、むしろ尊敬してるんだ。(←彼の奥さんは美人で有名な歯科医である)だからそういう尊敬するヒトとエッチなんて、そんな失礼なことできないなーって思っちゃうんだよ。でもすごく仲良しだし、もちろん浮気相手には、離婚はしないよ、って最初に言うからね。だましてないよ」と真顔で。

またある男性は、「もうさ、恥ずかしくて奥さんとエッチなんかできないよー。もう家族だもん。でも、愛してるし仲良しだよ。エッチをするしないは、愛してる愛してないの目安にはならないんだよね。だから浮気はするけど、離婚する気なんて一切ないよ」と語る。

ほかにも「子育て中の奥さんがイライラしていて怖いから、できるだけちょっと飲んで帰りたい。だからすぐに呼べる彼女がいると便利なんだよね。しかもエッチもできたら最高です」そう話す男子も。

ねー、これ聞いて女性の皆様。不倫する気になりますか?
浮気なんてこの世の中でしている人はゴマンといるだろうけれど、浮気が成立していると言うことは、オトコとオンナが同じ数だけ浮気しているということ。もちろん基本男性がいけないと思うのですが、その片棒を担ぐ女性もバカだと思う。

浮気とわかって付き合うと、結局嫌な思いをするのは断然女性。なぜって、女性はどんどん好きになるけど、オトコは最初がピークで、その後、どんどん恋心は下がる一方の生き物だから(あ、これは遊び人の男性のことね。女遊びができないタイプの男性は、ひとりの女性に病的に執着するパターンも結構あるのでこれには当てはまりませんね)。女性としては最初は好奇心や暇つぶしで既婚男性に誘われるまま、同世代の男子じゃ連れて行ってくれない素敵レストランでの美味しいデートをしているだけ、だったのが、なんとなく成り行きでエッチをしてからは、どんどん女性の方の“好き”が上回り、ハマるハズじゃなかったのにズルズル細く長く続いてしまう、なんてことが割と多い。その結果ツラい思いで心や顔がどんどんすさみ、どんなに美人でも不倫にハマっている間に婚期を逃しちゃうパターンに。
だって基本、男性は自分から離婚しないから!! 不倫は不倫のままなんです。自分の思い描く理想の結果(妻と円満離婚して自分と結婚してくれる)になんてなるわけありません。
だから、言っとくわ。簡単に妻帯者とデートして、そのまま好奇心で不倫してはダメ。デートでオトコに美味しい食事をご馳走させても、あなたの体を簡単にご馳走しちゃダメ!
美人ほどいろんな男性から誘われる機会も多く、落とし穴もたくさん散らばっている! これを読んでいる美人のあなた、デート相手が既婚者ならば、勢いで体の関係をもつことのないよう、くれぐれもご用心あそばせ!


▲(c)Shutterstock.com


▲(c)Shutterstock.com

PROFILE|ミキ オナリ Miki Onali 恋愛アクティビスト
数多くの女性誌やwebでライターとしてファッションやカルチャーの記事を手がけるかたわら、これまで200人以上の悩めるアラサー女子にアドバイスをしてきた恋の伝道師。自身は、恋愛、結婚、離婚、再婚をすべて経験してきた40代。アラサー世代の姉御的存在として、日々恋愛相談にのっている。


【 おすすめの関連記事 】Read more

Feature