Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 【妊活】って何するの? 覚えておきたい妊活基礎知識|杉山力一医師の女性のカラダの不調解決コラム

BEAUTY

2018.10.09

【妊活】って何するの? 覚えておきたい妊活基礎知識|杉山力一医師の女性のカラダの不調解決コラム

多くの女性が関心を寄せる【妊活】の具体的な内容を紹介。不妊治療の名医・杉山力一医師による連載がスタート! 毎日がんばる女性が抱える身体と心の不調や、人に相談しづらい婦人科系の悩みをテーマとし、コラムをとおして日々に生かせるアドバイスを配信します。毎週(火)更新。

医師 杉山力一

妊活とは?

妊活

妊活とは、妊娠についての知識を身につけたり体調管理を心がけたり、出産を考慮した人生設計を考えたりすることです。

まず始めに取り組んで欲しいこと。それは、基礎体温の計測と生理日の記録を継続しておこなうことです。この記録をもとに、排卵日を確認します。排卵日をしっかり確認せずに病院へ相談に来られる方もいらっしゃいますが、まずはふだんの生活の中で、可能な範囲でご自身の周期を知ることが、妊活の第一歩です。

排卵日前後にセックスをして、最長で1年経っても子どもができない場合は、一度病院で受診なさってください。よく「排卵日を意識しすぎてプレッシャーになっている」といった相談があります。もちろん、排卵日を意識することはとても大切なことですが、セックスはその日だけでなくても、その前後でも大丈夫です。ご夫婦ともに、気持ちの余裕を持ってリラックスしておこなってくださいね。

次の方は早めに来院を

以下に当てはまる方は、1年を待たず一度病院で受診することをお勧めします。

■生理不順

まず病院で検査をしてください。生理周期が順調でない場合、排卵日を基礎体温などから割り出すことは困難なので病院で排卵日の特定をすることが必要となります。

■35歳以上の方

35歳になると不妊のリスクが大幅に高まり、場合によっては人工授精などの検討が必要となります。もちろん、自然妊娠される方もいますので、一概に産めなくなるということではありません。しかしながら、高齢出産はご自身の身体にも生まれてくる子どもにもリスクを伴うという事実を、今後のライフプランを描く上で、心に留めておいてください。

1年妊活したら病院へ

妊活をして1年経ったら、一度受診されることをお勧めします。
病院では、担当医が体調(生理周期等)や妊活の状況を聞き取り、その方に必要な検査を行ないます。この場合、夫婦での受診は理想的ですが、予定が合わない場合などがあるので、まずは女性だけでも良いでしょう。

もちろん、男性側に不妊の原因がある場合もあるので、後々、精子検査を受けてもらうこともあります。ご主人がどうしても検査が難しいときは、「ヒューナー(フーナー)検査」という手段もあります。「性交後試験」とも呼ばれていて、セックス後に実際に頚管粘液の中に精子が進入できているかを判定する検査です。このように、検査にも様々ありますので、担当医と相談しながら進めていきましょう。

心への負担も、想像以上に大きくなってしまうこともある妊活。だからこそ、悩んだとき、不安なときは、気負わず婦人科に相談にいらしてくださいね。

医師 杉山力一

杉山産婦人科院長。不妊治療の名医。日本における生み分け法の権威・杉山四郎医師の孫。東京医科大学産科婦人科医局では不妊治療・体外受精を専門に研究。その後、1999年より杉山産婦人科勤務。監修する女性向けアプリ「eggs LAB」では、独自ロジックにより、アプリでの問診で自身の情報を入力することで、これまでにない高い精度での生理日・排卵日予測を実現。不安定な生理周期にも対応した適切なアドバイスや、妊活に関する情報まで、個々の身体の状態にフィットした「あなただけの/あなたのための/今欲しい情報」を発信中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.12.14

編集部のおすすめ Recommended

Feature