顔立ちに合わせた【ハイライトで美人効果アップ】メイクに光を加えてナチュラルな立体感を | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. メイクアップ
  4. 顔立ちに合わせた【ハイライトで美人効果アップ】メイクに光を加えてナチュラルな立体感を

BEAUTY

2021.06.05

顔立ちに合わせた【ハイライトで美人効果アップ】メイクに光を加えてナチュラルな立体感を

「つけすぎると悪目立ちしてしまう」「正解がわからない」など、曖昧だったハイライトの使い方を再確認! どういう顔に見せたいか… 意志のあるメイクに必要なのは光。ちょい足しすることで、陰影がついてメリハリフェイスを叶えてくれます。顔立ちごとに効果的なハイライトの位置も変わるので、早速チェックしてみましょう。

【目次】
ハイライトの使い方
【基本編】このひと手間でぐんとあか抜けた顔に
【顔&タイプ別】効果的なハイライトの入れ方
【アイテム】ポーチに常備したいおすすめハイライト
最後に

ハイライトの使い方

のっぺりした顔立ちに陰影感を与えるハイライトですが、さじ加減がわからず、ちゃんと使いこなせているか不安に感じたことありませんか? 実はメイクにメリハリ感を出すだけでなく、顔立ちをやわわらかくする効果もあるんです。今回はより効果的なハイライトの入れ方をご紹介します。

・光を仕込んでツヤ肌効果アップ
・骨格の立体感を強調してシャープに
・気になるパーツは視線目くらまし効果を利用

【基本編】このひと手間でぐんとあか抜けた顔に

光の効果でツヤ肌もシャープな陰影も思いのまま。ここでは、ベーシックな目元や鼻、額、頬のハイライトのつけ方をご紹介します。ナチュラルな立体感をつくる顔上半分のハイライトメイクは、のっぺり感が強まるマスク顔におすすめですよ。

鼻のつけ根と額につけてマスク顔にメリハリを

鼻のつけ根と額につけてマスク顔にメリハリを

まずはハイライトを鼻のつけ根にオン。そこから額の中心部へ広げていくように塗って。リキッドやソリッドタイプなら指にとって。量を調整したいときは、手の甲にのせてから塗るのがおすすめ。

鼻のつけ根と額につけてマスク顔にメリハリを

パウダータイプなら、ハイライトをブラシにとってから塗ります。

仕上がりがぐんとあか抜ける♡ 2021春メイクにおすすめハイライト4選!

目尻と目頭につけて立体感アップ

目尻と目頭につけて立体感アップ

ハイライトは目尻と目頭に。ごく少量のハイライトを仕込むことで、ナチュラルな立体感を演出。

HOW TO【オフィシャル肌】オフィスでも浮かないさりげないツヤ肌のつくり方

あご先につけてシャープな輪郭に

あご先につけてシャープな輪郭に

難易度の高いハイライト。ブラシだと幅広く入ってしまいがちですが、指ならピンポイントに狙えます。パウダータイプのハイライトを指の腹に薄くとり、中指で あご先に入れると輪郭がシャープに◎。

目からウロコ! メイクは【指塗り】でもっとうまくなる|美容プロ発フィンガーメイク

頬の高い位置に仕込んでライトの下で光を集めて

頬の高い位置に仕込んでライトの下で光を集めて

[1]ハイライトを手の甲にとり、軽くのばして。量は両頬で小豆粒くらいで十分。

[2]光を受けやすい頬の高い位置に指でなじませる。ちょうど骨が出っ張っている部分を目安に。

【所要時間たったの5分】ほの暗いバーでセクシーに見せるために足すべきメイクアイテムは…

【顔&タイプ別】効果的なハイライトの入れ方

ここでは、基本編では紹介しきれなかった顔立ちタイプ別のハイライトの入れ方をご紹介します。骨格や目や眉のパーツの位置など、人間の顔は十人十色。自分の顔がどのタイプかわかれば、「ハイライトがしっくりしない」「悪目立ちしている気がする」… という悩みから一歩前進できます。

【面長】頰の内側にハイライトを効かせてメリハリを

【面長】頰の内側にハイライトを効かせてメリハリを

面長顔は頰が長くもったりして見えるので、頰のやや内側にハイライトを。ふっくら感が増すと面長感がやわらぎます。目元のくすみが気になる日には、基本どおりに光を仕込んでもOK。

【丸顔】目元のハイライトで立体感を際立たせて

【丸顔】目元のハイライトで立体感を際立たせて

頰がふっくらした丸顔の人は、目尻にゆるやかなCの字でハイライトを入れ、顔の横幅を引き締めて。唇が薄い人は唇の中央にもハイライトを。頰骨の上のハイライトは頰をより強調させるのでNG。

【ベース型】中央に光を集め、横幅をカムフラージュ

【ベース型】中央に光を集め、横幅をカムフラージュ

エラ張り&横幅があるベース型は、顔の中心部分を強調する光の入れ方で小顔効果を狙って。目の下には長めの逆三角を。鼻根にはやや長めにハイライトをのせると、鼻筋がスッっと通った印象に。

【遠心顔】ハイライトで離れ眉&離れ目をキュッと

【遠心顔】ハイライトで離れ眉&離れ目をキュッと

眉間と両目の間が離れた遠心顔タイプは、顔の中心に光を集めると好バランス。眉間に小さめのTの字、目頭には三角にぼかしながらハイライトをいれて、目元を引き締まった印象に。

【求心顔】外側重心のハイライトで寄り気味印象を薄めて

【求心顔】外側重心のハイライトで寄り気味印象を薄めて

顔のパーツがしっかりしていて、やや中央に寄った印象の求心顔。ハイライトでメリハリを際立たせるのではなく、バランスをとるのに利用。頰骨の上部のやや外側にのせてナチュラルな立体感を狙って。

【しっかり骨格タイプ】ハイライトでやわらかさをプラス

【しっかり骨格タイプ】ハイライトでやわらかさをプラス

頰骨など顔の輪郭がしっかり、パーツも大きめなタイプは、これ以上強調させないことが鉄則。目頭はゆるやかなカーブを描くように光を仕込みやわらかさを、小鼻の脇にも入れて頰の下の影を薄めて。

ハイライト位置 MAPPING|くすみをカバー、透明感を出す! アフター6の時短メイク

【アイテム】ポーチに常備したいおすすめハイライト

ここでは、美人効果が高まるハイライトをご紹介します。最近はハイライト効果のあるチークやフェイスパウダーなど、マルチに使えるハイライトが豊富なので、ベースメイクも最小限にしたい素肌感のある引き算メイクにぜひ取り入れて。

質感で選べるハイライト4選

質感で選べるハイライト4選

(右上)コスメデコルテ|ロージー グロウライザー SPF20・PA++ 30ml
顔全体にもポイント的など、多目的に使えるハイライト。美容液のようなリキッドタイプ。

(左上)Nuzzle フーミー|おでかけUVパウダー SPF40・PA+
立体感を演出するUVカットパウダー。ハイライト、ニュートラル、シェーディングがこれ一つに。

(右下)カネボウ化粧品 コフレドール|スマイルアップチークスS EX01(限定発売)
パウダーをジェリーコーティングした、チーク&ハイライト。なめらかなツヤ感を演出してくれる。

(左下)エトヴォス|ミネラルアイバーム アクアシトラス(限定発売)
スキンケア発想のクリームシャドウ。透明感を引き出す繊細なブルーで、ハイライトに使ってもOK。

仕上がりがぐんとあか抜ける♡ 2021春メイクにおすすめハイライト4選!

最後に

わずかな光なのに、あるのとないのでは大きな違いを生むハイライト。のっぺりした顔は写真を撮るとわかりやすいのですが、無表情でちょっと怖い印象。でもハイライトでメイクに陰影感を与えると、表情にイキイキとした印象を与えてくれます。今回の記事を参考に、立体感を出すハイライトで美人印象を引き上げれば、オンライン会議なども自信が持てそうですね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.06.24

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.155に掲載しているパンツのブランド名に誤りがありました。正しくは、エイチ ビューティー&ユース〈トランスファレンス〉になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature