20~30代女性が感じた同窓会あるあるとは【100人に聞いた】楽しい・驚いた・悲しいエピソードを紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 20~30代女性が感じた同窓会あるあるとは【100人に聞いた】楽しい・驚いた・悲しいエピソードを紹介

LIFESTYLE

2024.07.07

20~30代女性が感じた同窓会あるあるとは【100人に聞いた】楽しい・驚いた・悲しいエピソードを紹介

Oggi世代になると同窓会に出席する機会も増えてくるでしょう。学校を卒業してから関わりがなかった友人と再会できる良いチャンスでもあるので、できたら参加したいと感じる女性も多いのではないでしょうか。今回は女性100人にアンケートを実施し「20~30代女性が感じた同窓会あるある」の調査を実施。楽しかった・驚いた・悲しかったなどのエピソード12選を紹介していきます。

同窓会での楽しいエピソードあるある

合コン
(c)Adobe Stock

同窓会では、「久しぶり!」「元気だった?」と盛り上がる声と共にテンションも上がっていきますよね。せっかくの同窓会なので、思い切り楽しめるのが理想的。まずは、同窓会での楽しいエピソードあるあるをチェックしてみましょう。

※アンケート20~39歳の日本全国の女性を対象にOggi編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

思い出トークで盛り上がった

卒業してから何年も経っているのに、子供の頃に戻ったように思い出話を楽しめるのはとても素敵ですよね。自分が忘れていたことでも友人が「こんなことあったよね~」と思い出させてくれるので、懐かしい気持ちで胸がいっぱいになりそう。

「過去の失敗を面白く話すこと」(20代・兵庫県)
「なつかしい話で盛り上がる」(20代・東京都)
「学生時代の思い出をみんなで話せるところ。自分の記憶だけじゃなくて、友達の記憶もあるのでなお楽しい」(20代・静岡県)
「あの先生が好きだったなどの昔話」(30代・千葉県)
「学生時代の昔話に花が咲いて盛り上がること」(30代・東京都)
「懐かしい話に、そんなことあったねー! と思い出しながら話せること」(20代・青森県)
(30代・島根県)

昔の恋愛のことを暴露し合った

片思いの話、元彼の話、ドキドキしたり失恋した話など、当時は恥ずかしくて打ち明けられなかった思いも今ならば打ち明けることができるでしょう。何年も経ったい今ならば、もう時効のようなものなので、怖いものなしでいろんな話を暴露できてしまいそう。

「学生のころに好きだったと告白された」(20代・京都府)
「過去の恋愛話」(30代・神奈川県)
「昔好きだった人を教え合う」(30代・福岡県)
「昔のカップルの話」(30代・大阪府)
「昔誰が好きだったなどの恋愛トークで盛り上がる」(30代・埼玉県)

久々の再会があった

同窓会のメリットは懐かしい友人と久しぶりの再会を果たせること。地元から離れて住んでいる人は、こういった機会がないと地元の友人と会うことは難しいので絶好の機会でもあります。

「最近会ってなかった久々の人に会える」(20代・埼玉県)
「久しぶりにみんなと会える」(30代・兵庫県)
「懐かしい人に会える」(30代・東京都)
「元カレや好きだった人との再会」(30代・兵庫県)
「小中学生の頃にずっと好きだった人に会いたくて行きました」(30代・埼玉県)

新たな出会いがあった

男女問わず同窓会を出会いの場として認識している人も多いのでは。同級生ならば、今までの過去もある程度知っていることから最初の一歩が踏み出しやすいこともメリット。今現在恋人がいないようならば、そこでのワンチャンの出会いに期待して積極的に会話を増やしてみるのがGOOD!

「出会い」(20代・福岡県)
「初恋の人と遭遇して恋に落ちた」(20代・神奈川県)
「全然興味なかった人と連絡先を交換した」(30代・神奈川県)

みんなの近況を報告し合った

同窓会では、近況報告を伝え合うのが一般的な流れでもあるそう。自分と似た生活スタイルを送っている人がいれば、そこから話も弾み意気投合できるかもしれません。周りの近況を聞いて「自分も頑張ろう」で励まされて、ポジティブな気持ちになれたら嬉しいですね。

「みんなが今どんな生活をしているのか知りたい」(30代・神奈川県)
「みんなの近況を聞くことができる」(30代・兵庫県)
「近況を言い合う」(30代・埼玉県)

同窓会での驚いたエピソードあるある

婚姻届
(c)Adobe Stock

あの頃と今を比較して、そのギャップにびっくりする人も多いのではないでしょうか。時が経ったのだから驚くような出来事があるのも当然ですよね。ここでは、同窓会での驚いたあるあるエピソードをピックアップしてみました。

友人の変化を見た

ドラマのワンシーンのようにイメージと違った相手が現れてびっくり! という話もよく耳にします。冴えなかったあの人が急に大変身を遂げていたり、クラスで一番のイケメンがすごく地味になっているなど、「どんな心境の変化があったのだろう」と驚いてしまうのも無理はありません。

「同い年なのに見た目の差が激しいこと。禿げている人太っている人、肌が汚い人がいる一方で、若々しい見た目を保っている人の二極化が激しいのを見れること」(30代・青森県)
「垢抜けて印象が変わったのを見るのも、逆に全然変わっていないのを見る」(20代・福岡県)
「昔ヤンチャな人ほどおとなしくなってる」(30代・静岡県)
「オタクっぽい見た目になってる子がいた」(30代・神奈川県)
「老けた同級生を見て、同い年なんだなと思うとき」(30代・東京都)
「みんな変わってて誰かわからなかった」(20代・神奈川県)
「友人が意外と老けていた」(30代・秋田県)
「昔と全くかわった容貌のひとがいたら驚く」(30代・大阪府)

結婚報告を聞いた

同級生の結婚報告は同窓会の定番とも言えます。「そことそこって付き合っていたの?」と驚くような同級生同士が結婚していることで、会場はざわめきに包まれるでしょう。また、学校の先生と結婚していたなんていう驚きのケースも。意外な組み合わせの結婚に戸惑いが隠せません。

「あの頃の担任が結婚した」(30代・千葉県)
「意外な人が早くに結婚していた。子どもがいたこと」(30代・兵庫県)
「結婚したペアが意外だった」(20代・三重県)
「意外な同級生同士が結婚していること」(30代・神奈川県)
「学生時代は接点のなかった人同士が結婚したと聞いたときは、驚きました」(30代・埼玉県)

子どもがいた

20代後半~30代になると、結婚して子どもがいる人も増えてくるので同窓会でその発表を聞くことも。親も子どもも同級生という奇跡的な展開に感動して話も弾みそう。写真を見せ合ってほっこりするシチュエーションもあるあるです。

「子どもが居たりする」(30代・島根県)
「同じクラスの男子と私の親友は結婚し、2人の子どもを授かっていた」(30代・栃木県)

同窓会での悲しいエピソードあるある

落ち込む女性
(c)Adobe Stock

嬉しいエピソードがあれば、その反対に悲しいエピソードもつきものです。なかには「すごく傷ついた」「こんなことなら行かなければよかった」といった内容もチラホラ確認されています。実際にどんなケースがあったのかを紹介していきます。

みんなのノリに馴染めない

学生時代にあまり関わりがなかった人とは、思い出話などを共有できないため、その場の空気に違和感を感じることも。初めましての状態に近いので、身内ノリについていくことができずに、疲れてぐったりしてしまうといった体験談をお持ちの方もチラホラ。

「みんなから相手にされない」(20代・山形県)
「忘れられているとか」(20代・埼玉県)
「仲良い人がいなかった」(30代・千葉県)
「他の人が盛り上がっているなか、ひとりぽつん」(20代・福岡県)
「昔ほど馴れ馴れしく話せないこと」(20代・東京都)

まわりと比較してしまった

30歳を過ぎた同窓会では、あからさまに独身者へのマウントをとる既婚者もいれば、遠回しに結婚幸せアピールをする人もいるようです。まわりのキラキラして生活を羨ましく思い落ち込んでしまったという女性も少なくはありません。わざわざ、結婚した? と聞いてくる同級生女子には要注意かも!

「自分よりキラキラ可愛くなっていたり表情が明るくて“人生満喫中です! ”って雰囲気の同級生を見ると少し自分が恥ずかしくなります」(30代・埼玉県)
「周りがみんな結婚したり子どもが産まれていた」(30代・東京都)
「みんなと深く話すことがない、それくらいそれぞれの生活が違ってしまっている」(30代・北海道)
「未婚や子供がいないと周りの話についていけない」(30代・東京都)

出席率が低かった

「自分の近況を話したくない」「楽しいかわからないので不安」といった理由で同窓会に出席したくない人も多いよう。また、仕事の都合や、家庭があることで同窓会に出席できない人も一定数いるはず。最初から欠席として連絡してくれればよいのですが、当日ドタキャンをされると幹事さんの負担になるので気をつけて欲しいところ。

「急に欠席になる人がいること」(30代・神奈川県)
「来ない人もいる」(30代・島根県)
「家庭があってこれない人もいた」(20代・福岡県)

好きだった人に幻滅した

学生時代に好意を寄せていたあの人…久しぶりに会うとなると楽しみな気持ちも隠せませんよね。ですが、実際に会ってみると想像していたイメージとかけ離れていることに大ショック! という人も。案外話してみると性格は変わっていないこともあるので、見た目だけにとらわれない意識も大切です。

「好きだった人が来ない、連絡がつかない」(30代・栃木県)
「好きだった人の衰え」(30代・岐阜県)
「好きだった人の容姿が変わっていた」(30代・福岡県)

▼あわせて読みたい

まだ独身なの!? vs 主婦って時間なくてかわいそう… 三十路同窓会の壮絶な…

最後に

同窓会のお誘いが来ても、最初はなんとなく行きにくいような雰囲気もあるかもしれません。ですが、行ってみれば「意外と楽しかった」と答える人が多い気がします。普段はそれぞれの日常生活があるので、みんなで集まれる機会を作ることは難しく、そういったタイミングがあれば積極的に思い出作りに参加してみることをおすすめします。

TOP画像/(c)Adobe Stock

関連記事

Today’s Access Ranking

ランキング

2024.07.15

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。