Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. これは“パトロン”? それとも“パパ活”? あざとく逞しく生きる30代女子2人の告白

LOVE

2022.09.26

これは“パトロン”? それとも“パパ活”? あざとく逞しく生きる30代女子2人の告白

会社で出会った“支援者”から、一線を越えることなく金銭援助を受けるアラサー2人のエピソードを紹介。そのひょんなきっかけとは?〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

支援者アリのあざと独身アラサー女性たち

独身女性の心配ごとの一つに“お金”の問題がありますよね。

お金のために、パトロン探しやパパ活に勤しむ人も…? 今回はあざとく支援者を獲得した女性たちを紹介。

地方出身が味方した? 方言効果でプチセレブ(コマキさん・仮名)33歳

年配男性と若い女性
(c)Shutterstock.com

「私は今年で上京10年目。東京ってほんとに物価が高いから、上京当初は結構苦労しました。それに田舎者って思われたくなかったので、必死にお洒落にも気をつかいました。

ただどうしてもしゃべるときに故郷のイントネーションが出ちゃうんです。でもそれを60歳過ぎの上司が気に入ってくれたみたいで、いつの間にか目を掛けてくれるように。仕事がしやすくなるかもと思って、誘われるがままに食事に行くようになりました。

毎回おじさまの自慢話を聞くのは退屈でしたが、田舎から出てきて大変なんです〜なんてアピールしていたら食事に行くたびに数万円のお小遣いをくれるように! 職場内の人だし、向こうからも体の関係などは求められてないのですごくラッキー♡ 下心が見えてきたら即効で会うのもやめるつもりですが、おじさまもセクハラで会社に訴えられたくないでしょうし、危ないことにはならないはず!」

チャージが生き甲斐? 幸運の残高切れ(キョウコさん・仮名)28歳

駅の改札
(c)Shutterstock.com

「うちは社員が全員で8人しかいない家族経営的な会社なのですが、社長の親友だという紳士的な70代の男性が昨年の忘年会に参加されていたんです。私の家がその方と同じ路線だったこともあり、一緒に帰ることになったのですが、改札を通ろうとしたらチャージ残高がゼロの私は改札を通れず…。

するとその方から『これでチャージしておいで』と1万円を渡されたんです! その日から私のSuicaはずっと潤いっぱなし。と言うのも、帰り道に意気投合して私のことを気に入ってくれ、毎週会社に遊びに来るたびにSuicaにチャージをしてくれるんです♪

『現金をそのまま渡すなんて粋じゃない』と言って、毎回私からSuicaを預かって最寄り駅でチャージし、再度届けてくれるんです。いつの間にか彼は社内で“チャー爺さん”と呼ばれるようになりましたw」

* * *

今回は、男女の一線を超えずに支援を受けているアラサー女子のエピソードを紹介しました。いずれのケースも興味深い話ではありますが、この支援は一生続くものではないこと、そして“ただより高いものはない”ということわざの通り、あとから見返りを求められて困る事態にもなりかねません。“引き際が肝心”を心に留めておくことをおすすめします!

TOP画像/(c)Shutterstock.com

この記事も読まれています

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.12.04

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature