Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. フレンドリーな彼ママに御用心! 母親がアレにまで口出ししてくる男【結婚してはいけない男図鑑】

LOVE

2022.07.05

フレンドリーな彼ママに御用心! 母親がアレにまで口出ししてくる男【結婚してはいけない男図鑑】

魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とするメンタル心理カウンセラーの並木まきが、ダメ男ならぬ“ダメ夫”になる可能性が高いタイプの男性を分類。「こんな男とは結婚してはいけない!」をズバッと指南します。

並木まき

結婚してはいけない男図鑑 #37 マザーが夜の生活に口出ししてくる男

結婚すると“ダメ夫”になるタイプの男性を、メンタル心理カウンセラーの並木まきが紹介! 今回お届けする「結婚してはいけない男」はこちら!

分類:マザコン目(もく)姑問題科

(c)Shutterstock.com

結婚前の段階から、彼の母親が夜の生活に口出しをしてくるパターンは、間違いなく結婚しないほうがいいです(キッパリ!)。母親が息子カップルの性生活に意見をしてくるスタイルにありがちな背景は大きく分けると2つで、ひとつは息子の彼女とフレンドリーを装ってなんでも話したがるケース、もうひとつが息子に対して子離れできていないケースですね。この2つのケースが合体している母親もいます。

いずれにしても、息子の性生活にまで意見をしたがる母親とそれを許してしまう息子という組み合わせは、結婚後に改善が見込める例は極めて稀。むしろ母親からの干渉の度合いが悪化する話のほうが多いでしょう。

夜の生活は、カップルにとって究極の秘め事。であるにもかかわらず「私は母親だから」という理由だけで、そこにズケズケと踏み込んでくるとなれば、彼のマザーにはデリカシーもないと見て間違いなしです。

彼自身の性格やスペックがいいと「お義母さんとは距離を置けばいいし」と目を瞑りたくなるかもしれませんが、結婚後に姑問題に直面するのが多いのもこのパターン。こっちが距離を置きたくても、こういうマザーはそれを許さないんですよね。交際中から夜の生活にまでズケズケと意見できるということは、結婚後には妻のプライバシー領域なんてゼロ! のごとく、アレコレと口出ししてくる姑の姿が目に浮かびます。

しかも、交際中に彼女にエッチネタを話すのを許す男性はマザコンタイプ。結婚してから妻と母親のあいだに対立が起きても、全面的に妻の味方をしてくれる可能性も低いと思います。想像しただけで、地獄…。

例外として「母親が夜の生活に意見するのがイヤだ」と彼に伝えて、改善されればセーフ! でも、彼にその話をしたときに「別にいいじゃん?」的な返事が返ってきたならば…、悪いことは言いませんからその彼との結婚はやめたほうが賢明です。

* * *

次回も、女性たちの心に寄り添うメンタル心理カウンセラーの並木まきが、ダメ男ならぬ“ダメ夫”になる可能性が高いタイプの男性を分類します。お楽しみに!

TOP画像/(c)Shutterstock.com

他にもこんな記事が読まれています

並木まき

ライター・時短美容家。シドニー育ちの東京都出身。28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。数多くの人生相談に携わった経験や20代から見てきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を活かし、Webメディアなどに執筆。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.17

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature