Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 浮気
  4. W不倫が双方の家庭にバレた… 義母からの「呆れた」LINEと夫の拒絶【31歳・私たちのリアル不倫】

LOVE

2022.04.17

W不倫が双方の家庭にバレた… 義母からの「呆れた」LINEと夫の拒絶【31歳・私たちのリアル不倫】

不倫はしてはいけないこと… とわかっていたはずなのに、気がついたら足を踏み入れてしまっていたという人もいます。そしてその多くは、関係を終えたあとに深い後悔を口にします。メンタル心理カウンセラーの並木まきが、不倫を経験した女性からリアルな話を聞いていきます。

並木まき

【31歳・ほんの出来心でダブル不倫をした女性】

(c)Shutterstock.com

藍華さん(仮名)は、結婚2年目頃にアルバイト先の正社員である長野さん(仮名)とダブル不倫をスタートさせてしまいました。

「結婚と同時にそれまでの会社は退職し、カフェでアルバイトを始めたんです。そこの正社員である長野さんは、私より1歳年上で、私と同じく既婚者。見た目がタイプだったのと話も合って意気投合しちゃって、LINEを交換してふたりで食事に行く仲になりました」

あるとき、お酒の勢いもあって職場の近くにあるラブホテルで関係を持ってしまい、それ以降は月に1〜2回ほどデートをしてホテルに行く関係が続いたと藍華さんは言います。

カジュアルな関係すぎて「ダブル不倫」の自覚なんてなかった

「実は私、長野さんとはカジュアルな関係すぎてダブル不倫の自覚がまったくありませんでした。ドラマやネット記事などで見かけるダブル不倫ってかなりドロドロしているイメージがあったし、そういうのと私たちの関係はかなり違うなって思っていて。長野さんと私は学生カップルの延長みたいな感じでかなり爽やかな付き合いをしているつもりでした」

しかし双方に家庭がある以上「ダブル不倫」であることに変わりはなく、穏やかな交際だと思っていたのは本人たちだけだというシビアな現実を突きつけられる事態が訪れます。

「長野さんの奥様に私たちのことがバレたんです。奥様が長野さんのスマホを見たみたいで、私の名前はフルネーム登録だったこともありあっさりと私の立場も身バレしました」

その後、藍華さんの周辺を調査したという長野さんの妻から藍華さんの夫にコンタクトがあり、藍華さんの家庭にも不倫が知られる事態に…。

「不倫は絶対に許せない」関係を知った夫から別居を宣言され…

(c)Shutterstock.com

「長野さんとの関係を夫に知られた時点で不倫期間は1年弱でした。私はその時点でもそこまで大ごとにはならないだろうとたかを括っていましたが、甘かったです。

夫の落胆は大きく、不倫を知られてから数日後に夫から『君とはもう無理だ。別居してくれ』と言われてしまい、その1週間後に私は家を追い出されました」

その後、藍華さんは夫に何度も許してもらいたいと話し合いを提案するものの夫はすべて拒否。夫は離婚を望んでいますが、藍華さんが合意しないことから別居期間が長引いています。

「長野さんの家庭は不倫がわかってからも修復の道を選んだと聞いています。だけどウチはもう修復不可能なところまできちゃったみたいです。何をどう頑張ってももうダメっぽいですね。私たちには子どもがいないので夫は早くに離婚したいと言っていますし、私が何度“やり直したい”と言っても聞き入れてくれません。義母からもLINEで『呆れた』と一言だけ連絡があって、それもキツかったです。

これは自分が蒔いたタネ。夫にしてみれば浮気をした妻と別れたいというのもわかります。こんなことになるなんて想像もせず、カジュアルな関係だから平気だろうと考えていた過去の自分がバカだったとしか言えません。あのときに戻れるなら絶対に不倫なんてしないし、タイムマシンがあるなら過去に戻って自分を説得したいくらい後悔しています」

TOP画像/(c)Shutterstock.com

並木まき

ライター・時短美容家。シドニー育ちの東京都出身。28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。数多くの人生相談に携わった経験や20代から見てきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を活かし、Webメディアなどに執筆。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.27

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature