Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 好きな人に嫌われたかも…【100人に聞いた】距離を置かれる女性の特徴&不安なときに役立つ対処法

LOVE

2022.05.29

好きな人に嫌われたかも…【100人に聞いた】距離を置かれる女性の特徴&不安なときに役立つ対処法

いつも優しい彼が今日は冷たい… 毎日連絡をくれるはずなのに最近疎かになっている…。恋愛をすると小さな不安が大きな悩みに変わり、いてもたってもいられなくなりますよね。今回は、みなさんがどんなタイミングで嫌われたと感じるか&嫌われない女性になるためのポイントなどをまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

【目次】
好きな人に嫌われたかも… と感じたことがある?
【体験談】好きな人に嫌われたかもと思ったタイミングは?
好きな人に嫌われたかもと不安なときの対処法!
異性から嫌われる女性の特徴を確認しよう
最後に

好きな人に嫌われたかも… と感じたことがある?

※アンケート20〜39歳の日本全国の女性を対象にOggi編集部が質問。調査設問数10問、調査回収人数110名(未回答含む)。

20~30代の女性100人に好きな人に嫌われたかも… と感じたことがある? と聞いたところ、はい62%いいえ38%という結果になりました。

半数以上の女性がその環境を実際に体験したり、心当たりがあるという回答です。特に片思い中は、相手の反応に敏感になってしまうものなので、相手の言動や仕草にいつも以上の不安を感じてしまうのかもしれません。

【体験談】好きな人に嫌われたかもと思ったタイミングは?

(c)Shutterstock.com

では実際は、皆さんがどんなタイミングで好きな人に嫌われたかも… と感じていたのでしょうか。アンケート結果で多かった意見を抜粋しましたので、早速チェックしていきましょう。

【1】そっけない態度をされた

今まではずっと優しかったのに突然よそよそしい態度をされたとき、心当たりがなかったとしても、私嫌われたかも… という気持ちになりますよね。その状況だと相手を目の前にして、何か悪いことした? とも聞くことができず、自分のなかにモヤモヤを残したままになってしまうでしょう。

たまたま、その日の相手の機嫌が悪かっただけかもしれませんので、そういった場合は少し時間を置いて様子を伺ってみるのも◎!

「素っ気ない対応をされた」(20代・埼玉県)
「相手の態度が冷たくなったように感じた」(30代・宮城県)
「態度がそっけなくなった」(30代・大阪府)
「冷たい態度を取られた」(30代・愛知県)
「メールやラインの返事や態度が変わった」(20代・東京都)
「ラインの返事が普段と違ってそっけなかったとき」(20代・宮城県)
「会ってくれなくなった」(30代・兵庫県)
「ワガママを言ってしまい、素っ気ない態度を取られてしまった」(20代・群馬県)

【2】SNSの返信やリアクションがない

TwitterやInstagram、Facebookなど好きな人のSNSアカウントと繋がっておくのは至極当然! 相手の本心やその日の出来事などを確認できるので、とても便利なのです。

ですが、自分には返信やリアクションがないのに、他の子にはしっかり反応しているのを見ると落ち込んでしまいます。SNSでブロックやフォロー外し等されている場合は、遠回しに関わりたくないという気持ちを伝えたいのかもしれません。

「SNSの返信がない」(30代・広島県)
「レスポンスがなかったとき」(20代・大阪府)
「なかなかメッセージの返信が来ない」(20代・兵庫県)
「反応が悪い」(30代・東京都)
「反応が微妙なとき」(30代・埼玉県)

【3】LINEやメールの連絡頻度が減る

付き合ったばかりの頃は、彼からたくさんLINEを送ってくれたのに、今では数も少なくなって1日に数通。なかなか既読もつかないし、もう飽きられちゃったかなとマイナス思考が発動。

返事が来ないからといって、自分からその後に何通も連絡をしたり、しつこく電話し続けるなどは逆効果なのでNG! ショックかもしれませんが、それ以上に嫌われてしまうのはもっと辛いので、ある程度待ち続ける時間も大切にしましょう。

「LINEが減った」(30代・愛知県)
「既読スルー」(20代・東京都)
「LINEの返信やメールの返信がなかなか来ない」(20代・神奈川県)
「相手からあまり連絡が来なくなった」(30代・東京都)
「連絡があまりつかなくなった時。あまりにも様子がおかしい」(30代・新潟県)
「LINEの返事がなかなか来なかったり、そっけなかったとき」(30代・愛知県)
「返事が来る速さが遅くなったり、以前の返事よりそっけなくなった場合」(30代・宮城県)

【4】喧嘩をしてからなんとなく気まずい

喧嘩が原因とわかっているようなら、後は根本的な問題を解決すればOKです。今回自分のどこがいけなかったのか、今後どのように改善していくべきかをしっかり胸にとどめておいてください。

仲直りをしてまたいつも通りのふたりに戻れるかと思いきや、なんだかまだ冷たい気がする… という場合もあるかもしれません。そんなときは、もしかしたら彼の中でまだモヤモヤが残っているのかもしれないので、再度謝ってみるか時に身を任せてみてください。

「イライラしすぎて喧嘩中につい嘘を言ってしまい、顔色が変わった」(20代・埼玉県)
「ケンカしてそのまま離れたとき」(20代・東京都)
「相手が怒ってしまった」(30代・広島県)
「喧嘩して何日も仲直り出来ずにいる」(30代・東京都)
「一定期間無視された」(30代・埼玉県)

【5】ネガティブな印象を与えた

もし自分自身の行為が原因で、相手に不快な行為をしてしまったと反省しているようなら、謝罪の言葉なぜそのような行為をしてしまったのかを素直に伝えましょう。

誤解があるようならしっかりと違う旨を伝えて、すれ違いがないように解決させるのがGOOD! 今後信頼を取り戻していくためには、今後のあなたのアクションが鍵を握っています。

「激しい束縛をした」(30代・大阪府)
「浮気をした」(30代・埼玉県)
「幻滅された」(20代・東京都)
「他の男の人と話しているのを見られて、目があった時にシラーっとされた」(30代・兵庫県)
「連絡をしつこくしてしまった」(20代・愛知県)
「追求したり、責めるような事を言ってしまった」(30代・東京都)
「わがままを言ったり好きな人の前で泣いてしまったとき」(20代・愛知県)

【6】自分の言動を振り返って

嫌われたと思われる原因がわからない場合は、今までの自分の言動に相手を不快にさせるものがなかったかを再確認しましょう。これかなあ… と思い当たる部分があるようなら、彼に直接聞いてみるのがよいでしょう。そこで、今まで知らなかった彼の気持ちがわかるかもしれません。

そのアクションが、お互いの価値観を知ることができる大きな前進に繋がるはずです。

「何気ない言動で」(20代・長野県)
「自分の行動が思い返せば迷惑行為だったかもと思う」(30代・東京都)
「自分の自己中な態度や一方的に言いすぎたなと思った」(30代・静岡県)
「卑屈になってしまって、相手に何を言われても否定でしか返せなかった」(30代・大阪府)
「めんどくさい言い回しをしてしまって、相手が呆れているなと感じた」(30代・神奈川県)

好きな人に嫌われたかもと不安なときの対処法!

(c)Shutterstock.com

好きな人に嫌われたかもと不安になると、マイナス思考になり冷静な判断ができなくなります。そんなときこそ落ち着いて、今の現状を打破する対策を考える必要があります。6つの対処法を参考にモヤモヤした気持ちを払拭していきましょう。

【1】ふたりで話し合って解決する

一番の解決方法はふたりできちんと話し合うこと。家、静かなカフェなど落ち着いて話せる場所を選んで、直接会って話すのが理想的です。電話やLINEだと、お互い顔が見えないので、どんな気持ちでその言葉を言っているのか本心が伝わりにくい場合があるからです。

一緒にいる時間が長くなると一緒にいることも当たり前のような感覚になってくるので、そういった経験を機に付き合い始めの新鮮な気持ちを思い返してみるのも◎!

「きちんと話し合う」(30代・兵庫県)
「コミュニケーションをとる」(20代・神奈川県)
「正直な気持ちを話す」(30代・埼玉県)
「もう一度話してみる」(20代・埼玉県)
「よく話し合い相手の話をよく聞き謝り相手の出方を見る」(30代・東京都)
「とりあえずLINEで話をする」(30代・東京都)

【2】彼に理由を確認する

結局、怒っていたり不機嫌になっていたりする理由がわからないといつまでも解決できないので、しっかりと理由を知ることが大切。

素っ気ない態度の理由を聞き、特にないよ! 大丈夫! などと言うようであれば、それ以上深追いせず自分の胸の中だけにとどめておきましょう。仕事などで疲れていて、つい素っ気なくなってしまった可能性もあるかもしれません。少し時間を置いて、見守っていてあげましょう。

「原因を探る」(30代・大阪府)
「確認します」(30代・福岡県)
「自分が納得するまで聞いてみる」(20代・埼玉県)
「何か嫌われる原因があったか尋ねる」(30代・埼玉県)

【3】自分から反省点を見付けて謝罪する

嫌われたかも… と思った時に大切なのは関係修復のタイミングを逃さないこと! 自分にも悪いところがなかったのかを冷静に反省してみましょう。

あなた側から腰低く謝罪をすることによって、彼も自分も悪いところがあったのかもしれない… と自身の反省点を考えてくれるかもしれません。お互いが相手に対する謝罪の気持ちを持つことで、寄り添いの心が芽生えるでしょう。

「誤解を解く」(30代・大阪府)
「素直に謝る」(30代・埼玉県)
「謝る」(20代・東京都)
「悪いことをした自覚があれば素直に謝る」(30代・鹿児島県)
「少し時間を空けてから謝る」(30代・大阪府)
「行動を改める」(20代・福島県)
「自分の思い当たる悪い所を気をつけてみる」(30代・新潟県)

【4】なるべく考えずに気分転換する

ずっと気まずい雰囲気が続くのも、モヤモヤしますよね。そんなときは、リラックスできる趣味などで気持ちを落ち着かせたり、彼以外の人と気分が晴れやかになるような場所へ出かけてみるのもよいですね。

彼との問題から少し離れてみると、意外と自分の考えすぎだったかも… という思考に落ち着くかもしれません。心に余裕がないときは一度全てを忘れて頭を空っぽにしてみるのと、気持ちが楽になるでしょう。

「細かく気にし過ぎるとどツボにハマるので、好きな人のことを考えないように別のことに熱中する」(30代・秋田県)
「他の人と会って楽しい時間を過ごす」(30代・埼玉県)
「人の気持ちは自分ではどうしようもないので、考えないようにする。違うことに集中する」(30代・埼玉県)
「美味しいもの食べたり、楽しい事をして、なるべく考えない」(30代・愛知県)
「考えないようにする」(30代・東京都)

【5】第三者に相談してみる

当人同士はお互いの言い分があるので何が本当に正しい答えなのか、迷ってしまうこともあります。そんなときは、友人や家族、職場の先輩など第三者に相談してみて、客観的な意見をもらうと新たな発見があるかもしれません。

仮に自分に意見が否定されてしまったとしても、なんでわかってくれないの… と悲観的にならずに、冷静な気持ちで意見を聞きいれましょう。

「友達に相談」(30代・福岡県)
「第三者に話を聞いてもらい、客観的に答えを求める」(20代・広島県)
「他の人に助言を求める」(20代・滋賀県)
「仲の良い友達に相談する」(30代・静岡県)

【6】少し様子を見る

あえて気にしていない素振りを見せて、自分からフランクな話題を振ってみたり、いつも通りに過ごしてみたりするのもひとつの方法。ひとまず何もアクションは起こさずに、様子を見ましょう。

寝たら次の日は普通だった! 数日経ったら何事もなかったような関係に戻れた! などの意見も多くありました。

「特に対処はしない。ここで嫌いになられたらそれまでの関係だったのだと思う」(20代・愛知県)
「相手の反応を待つ」(30代・愛知県)
「対処しようがない。それで終わるなら、それまでだったと思うから」(30代・愛知県)
「待つ」(20代・兵庫県)
「様子を見る」(30代・神奈川県)
「自分も距離をおいてみる」(30代・愛知県)
「暫くは自分から行動を起こさない」(30代・東京都)

異性から嫌われる女性の特徴を確認しよう

(c)Shutterstock.com

ここでは、女性同士では人気があっても、男性目線から見るとちょっと苦手かもと思われる女性の特徴を紹介します。案外気付かぬ盲点があるかもしれません。しっかりと内容を理解して、自分には当てはまっていないかを確認していきましょう。

【1】愛想がよくない

愛想がよいと男女問わず人間関係が円滑になり、愛される存在になります。恋愛は頭で動くよりも心で動くので、自分の容姿に自信がない人でも愛想をよくすることで、相手からの印象がグンと上がるはずです。

人に対して冷たい、挨拶ができない、いつもムスッとしている等の性格だと嫌われてしまっても仕方がないですよね。また、愛想がよい=ぶりっこではないので、勘違いしないように気を付けて関わりましょう。

【2】束縛が激しい

一般的に男性から嫌われる女性のタイプとしてあげられるのは、束縛が激しい女性とのこと。

束縛してしまう女性の心理としては、自分に自信がなかったり、恋愛体質で他の趣味がないことも原因。自分に自信を付けるために何か目標を持って取り組んだり、彼との仲を深めるために同じ趣味を持つなど、心に縮こまっていた部分を開放してみましょう。気持ちが開放的になり、少しは束縛も少なくなるかもしれませんね。

【3】損得勘定でしか動かない

食事の席でおごってもらうことばかりを考えている、彼氏から貰ったプレゼントの金額を調べて文句を言う、会社で自分にとってプラスになる上司には媚びを売るなど、自分の利益ばかり追求する打算的な人は嫌われます。

そのときはうまく立ち回れていても、あざとい行動を不快に思う人もいるので、最終的には大切な人との関係を壊す結果が多いでしょう。女性ということを武器にして甘えすぎるのもNGでしょう。

【4】悪口や噂話が大好き

生きていれば嫌なことやストレスもあるでしょう。その発散方法を間違えて、悪口や噂話として広めてしまう行為は男性から嫌われます。男性だと共感できない部分も多いかもしれないので、そういった話を公の場でするのは控えて、女同士で話し合うのが一番なのです。

噂話が好きなイメージだと、もしかしたら自分も何かネタにされているかも? ちょっと関わるのを控えた方がいいかも… とマイナスな視点で見られてしまう可能性もあるので要注意!

【5】自己中心的

協調性がなく、いつだって自分が一番じゃないと嫌だなタイプの自己中女性は、空気が読めないせいでその場の雰囲気を悪くしてしまうことが多いでしょう。もしかすると、自分の考えが正しい、正義! という思考が強いのかもしれません。

プライドも高く、人の話も聞かないので、相手から何か指摘をされても自分は間違っていない! と意見を跳ね返すこともあり、周りと対立しがちです。間違った自尊心を気付かせてあげられるといいのですが、凝り固まった思考を正していくのは難しいことでしょう。

【6】男関係がだらしない

交友関係が広く、どんな男性からの誘いでもついていってしまう女性は、人付き合いがよいわけではなく男関係がだらしないだけ。ひとりの時間が寂しいので多くの男性と連絡をとり、恋愛関係に発展させようとします。

いつも男性と遊んでいるような匂わせをして、チヤホヤしてもらっている自分をみんなに見せつけたいのです。次第に、遊び人ということがみんなに伝わり本性がバレてしまうでしょう。

最後に

人に嫌われてしまうと、生きづらい人生になってしまいやすいものです。日常生活ではもちろん、恋愛の場合も同じです。

もし好きな人に嫌われてしまった場合は、何がいけなかったのか原因を見付けましょう。原因がわからないままだと、また同じことを繰り返してしまう可能性があるからです。今後のお互いのために、もとの火種を消していくことが大切です。

話し合ってもうまく解決できない場合は、少し距離を置いて考えたり諦めてしまうのも手段のひとつ。あまりしつこく理由を聞きすぎたり、相手を責めすぎたりすると逆効果になってしまうので、解決したいときこそ冷静になって、自分自身と向き合う時間を設けましょう。

悲観的になりすぎず、自分に何ができるかを前向きに捉えていくと、よい結果へと結び付いていくはず。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature