Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 人形とのセックスが好きって!? この男性の趣味はムリでした… 別れの理由あれこれ

LOVE

2022.03.12

人形とのセックスが好きって!? この男性の趣味はムリでした… 別れの理由あれこれ

初対面のとき、婚活のプロフィールを見たとき、さまざまな場面で異性の「趣味」を知る機会がありますが、思わぬタイミングで思わぬ趣味を知ってしまった女性も!?〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

アラサー独女を悩ますあんな趣味!?

気になる相手に近づくにはどんな趣味を持っているか知るのが一番の近道! 今回は付き合った歴代彼氏の趣味のせいで別れを選んだアラサー独女を調査。そこで見えてきた男の正体とは一体!?

お気に入りと言われても…(サービス業・Rさん28歳の場合)

(c)Shutterstock.com

「以前付き合っていた彼の趣味にはついていけませんでした。彼は実家暮らしだったのですが一度だけ遊びに行った時のことです。彼の部屋は二間続きの部屋で、一つは物置き部屋になっていました。『適当に部屋の中見てて〜』と彼が飲み物を取りに行った際、隣の物置部屋を開けると…、

思わず叫んでしまいました! そこにはたくさんのリアルな質感の女の子人形が! 人形は全裸だったり下着姿だったり制服姿だったりと、彼が好きなのであろうと想像できるシチュエーションのものが全部で5体ほどあるこだわりっぷり…。

『あぁ〜ほんとはもっとあったんだけどその子たちお気に入りで捨てられなくて』とジュースを持ってきた彼が一言。どうやら彼はこの“ラブドール”という女の子人形を相手にセックスをするのが好きなのだそう。

その後は気にせずに付き合ってみようと頑張りましたが、私と付き合いながらもラブドールとセックスをする様子に公然と浮気をされている気がするし、隠しもせず、実家に無数の人形を置いていることにも不信感が募り、数週間で気持ちが離れてしまいました…。

もちろん個人の趣味は否定しないし、彼のことは大好きだったからむしろ認めたかったんだけどな。私の知らない世界すぎてびっくりしました」

この見覚えのあるマッチョ…(テレビ制作会社・Cさん31歳の場合)

(c)Shutterstock.com

「私は昔からマッチョ系が好きなのですが、その中でもあの彼は忘れませんね。マッチングアプリで知り合った顔良しスタイル良し筋肉良しと三拍子揃ったマッチョくん。付き合いたての頃はガチで惚れていました。

付き合い当初、SNSをやっているか聞いたところ『俺そういうの興味ないから一切登録してない! SNSって何が楽しいのかわかんないよ』と否定していて、実際FacebookやTwitter、Instagramで彼の名前を検索してもヒットしません。けれどあんな形で彼がインスタ中毒だなんて知るとは…。

さっきも言ったように私は根っからのマッチョ好き。インスタをやっている人ならわかると思うのですが、あれって自分の興味のある画像一覧がおすすめで出るじゃないですか。なので私のインスタには国内外問わずイケメンマッチョ達がおすすめされているんですね。ある日ニヤつきながらおすすめマッチョ達を眺めていたら見覚えのあるマッチョが。

あ! 彼氏じゃん! とすぐに気づきました。その投稿者のトップ画面にいくと、そこにはおびただしい数の彼氏の自撮り写真が自慢の筋肉と一緒にアップされていました。彼の名前ではなかったので検索に引っかからない訳です。

よくよく見るとかなりナルシストチックな画像を数時間ごとに投稿していたり、かなり際どいショットや私には見せないような表情のショットまで…。SNSが趣味というかその依存度に若干引いてしまったのと同時に、あれほどSNSには興味ない・登録していないとウソをついて否定までしていたことが私を萎えさせました」

* * *

男女交際を深めるものに“趣味を共有する”ということがあります。一緒に楽しむ間に距離を縮め、相手を理解する絶好の機会かもしれません。しかしこの2人の女性のように彼の趣味を理解するのが難しい場合も… 耐えられない相手の趣味なら早々に見極めてお別れする方が得策かも。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.21

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature