Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. スマホあれこれ
  4. 淫ストール? 嗅ぎやさん!? 長芋申し訳ない… 難解すぎて苦笑しかない誤変換LINE4

WORK

2022.02.27

淫ストール? 嗅ぎやさん!? 長芋申し訳ない… 難解すぎて苦笑しかない誤変換LINE4

不意に来ると思わず笑ってしまうメールやLINEの誤送信。今回はアラサー男女のもとに届いた、誤変換のメッセージの内容をお届けします。〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

なんでこうなった!? 意味不明な誤変換LINE4

会社の同僚や、友人、家族など、多くの人との連絡手段であるLINE。そのLINEで、自分が送りたかった言葉とは違う言葉に変換してしまうこと、いわゆる誤変換をやらかしてしまった方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな誤変換LINEの中から、実際にあった4人のおもしろ誤変換エピソードをお届け♪

すけべなお願い?

「私が職場の後輩から仕事の依頼を受けていた時のLINEです。後輩から頼まれた仕事の資料は、どうやら特定のシステムを“インストール”しないと開けないそうで、そのことを伝えようとした言葉が恥ずかしい誤変換だったんです(笑)。

その言葉は“淫ストール”です。個人的に淫という漢字は、淫乱って言葉でよく見る漢字だったので、見た瞬間咄嗟にエッチなサイトなのかと思ってしまいました…(笑)。後輩はちょっとミスしただけ。変な想像する私が恥ずかしいですよね」(Mさん)

母もテンパリます。

「私がひとり暮らしを始めてやっと慣れたきた頃の話です。この日の私は、帰宅した際に鍵を紛失していることが発覚し、母に助けを求めてLINEをしたのですが、思わず笑ってしまった誤変換が送られてきたんですww

母は、私に“鍵屋さん”を呼ぶよう伝えたかったようですが、“嗅ぎやさん”と誤変換。母もテンパってるんだなぁ〜と、これを見たときは笑っちゃいました(笑)」(Rさん)

堂々たる発言!?

「仕事で難しい案件の商談が終わり、その後の後輩とのLINEです。後輩から商談での俺のひと押しが良かったとLINEで褒められたのですが、送られてきた言葉に思わず笑ってしまいました(笑)。

そのLINEでは、“大胆”という文字が“抱いたん”になっていたんです。私は、後輩の堂々と誰かを抱いたような発言を見逃さず、すかさずツッコミました」(Tさん)

野菜に謝罪??

「私が上司の家でご馳走になるということで、およばれをしていた時のLINEです。嫁から早めに帰ってきてという内容が送られてきたのですが、最初は意味が全くわかりませんでした。

嫁は“長居も”と送ったつもりのようですが、“長芋”って… 分かるわけないですよね(笑)。上司の奥さんはこれをみて、「野菜に謝ってるみたい!」と大爆笑していました」(Sさん)

* * *

今回は4つの誤変換を紹介しました! 友人同士ならまだしも、大切な相手には誤変換送信しないよう最終チェックは怠らずに!

みなさんは誤字・誤変換、誤送信のメッセージを受け取ったことがありますか? みなさんの体験談をこっそり教えて欲しいです♡

投稿はこちらのメールアドレスまで。本文に要項を明記し、ご送付ください。お待ちしています!

■ご職業(職種)
■年齢
■エピソード(なるべく詳しく教えてください)

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.27

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature