Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「当人」の意味とは? 正しい使い方や「本人」との違い、類語などを解説

WORK

2022.01.17

「当人」の意味とは? 正しい使い方や「本人」との違い、類語などを解説

「当人」という言葉は、ビジネスシーンや日常会話でよく耳にしますが、正しい使い方を知っていますか? 自分のことを「当人」と使うことで、一人称で表現するより、より「当事者」であることが強調されるため、他者に対して使う場合には注意が必要です。ここでは、「当人」の正しい意味や使い方について紹介していきます。

【目次】
「当人」とは?
「当人」の使い方を例文でチェック
「当人」の類語には、どのようなものがある?
「当人」の対義語には、どのようなものがある?
最後に

「当人」とは?

「当人」という言葉、普段何気なく使っているかと思いますが、正しい意味をご存じですか? 「当人」とは、今話題に出ている、その事柄の直接の関係者を指す言葉ですよね。ビジネスシーンや日常会話でよく耳にする言葉ですが、「本人」との違いや類語などについて、改めて解説していきます。ぜひ、覚えておきたい言葉ですね。

「当人」の意味

「当人」とは、<とうにん>と読み、「その事に直接かかわりのある人、本人、当事者」の、という意味を持ちます。「当人」の「当」という漢字は、いくつかの意味を持ち合わせますが、この場合の「当」は、「その、この、現在の、現在話題にしている、問題の」などという意味になります。

「当人」以外で同じような意味をもつ言葉は、「当時」「当日」「当社」「当地」「当方」などが挙げられますね。

失礼に当たる間柄には「ご当人」を使う

「当人」は、自身を指す言葉としては一般的には使われませんが、例えば、相手に対し、自分の事情や立場を説明するなど、客観的に表現する際に用いられる場合があります。あえて自分のことを「当人」と使うことで、「私が」や「自分が」などの一人称で表現するより、より「当事者」であることが強調されるという効果があるためです。

ただし、他者に対して「当人」と使う場合は注意が必要です。目上の相手や取引先などに対し、「当人」というと、少し不躾に捉えられてしまうことがありますので、その場合は、「ご当人」と丁寧に表現しましょう。

(c)Shutterstock.com

「本人」との違いは?

「当人」と「本人」は、ほとんど同じ意味に感じられますが、微妙にニュアンスが違いますので押さえておきましょう。

「本人」は、「その事柄に直接関係のある人」「その事柄を引き起こした人」という意味です。つまり、「当人」が「今話題になっていたり、問題になっているその人」という意味を指すのに対し、「本人」は「ある事柄に直接接関係のある、他人ではないその人自身」という意味になるのです。「張本人」とも表現される場合がありますね。

例えば、自身が会議の議事録にアサインをされたとして、「私当人が対応します」と表現しませんが、「私本人が対応します」とは言うことができます。

「当人」の使い方を例文でチェック

では、「当人」の使い方を、例文を用いてチェックしていきましょう。

1:「次回のミーティングは、新たにメンバーに加わった、田中さんと小林さんで進行してください。司会・議事録の役割分担は、当人同士で話し合って決めてください」

「当人同士で」という言い方は、よく使われる表現です。「その事に直接かかわりのある人同士で」という意味になります。

2:「明朝のミーティングは、冒頭に社長にスピーチをいただく予定ですが、ご当人のご意向で、こちらの資料を投影していただけますか?」

目上の相手や取引先などに、「当人」というと少し失礼な印象を与えてしまう場合があります。その場合は「ご当人」を使うのが適切な表現です。

3:「人手が足りないという事情もよく分かりますが、当人のキャリアプランも尊重しながら進めてください」

「当人の意向」、「当人の気持ち」などもよく耳にする表現ですね。覚えておきたい表現方法の一つです。

(c)Shutterstock.com

「当人」の類語には、どのようなものがある?

続いて、「当人」の類語について解説をします。

1:「本人」

先にも述べたように、「本人」とは、「その事柄に直接関係のある人」「その事柄を引き起こした人」という意味。

例文:「せっかくのお祝いなんだから、本人の好きなものをプレゼントしようよ」

2:「当事者」

「当事者」とは、「その事柄に直接関係している人」という意味で、「当人」とほぼ同じ意味です。二つ目の意味に、「ある法律関係に直接関与する人」という法律関連の意味も持ちます。

例文:「社内でパワハラ被害が発生したんだって! でも、そのパワハラをしたとされる当事者は、一切を否認しているらしいよ」

3:「当該者」

「当該者」は、<とうがいしゃ>と読み、「当該」とは、「話題において言及されている条件に該当すること」。つまり「当該者」とは、「話題において言及されている条件に該当する人。または申請などにおける本人」という意味です。

例文:「来月、海外からクライアントを招く予定なので、通訳とアテンドができる人材を探している。至急、社内で英語が堪能な当該者を探してください」

「当人」の対義語には、どのようなものがある?

「当人」と反対の意味を持つ言葉はご存じでしょうか? 「当事者ではない人」「物事や事件とは関係がない人」を指す言葉として使えるのは、「第三者」という言葉です。少しカジュアルにした言葉だと「野次馬」や「外野」なども、「当人」と反対の意味に当たります。言葉の丁寧さは、「第三者」が「当人」と同等です。

<例文>
・「第三者の立場から言わせてもらうと、どちらの言い分も間違っていないよ」
・「外野がただ騒いでいるだけで、当人たちは静観して様子をうかがっているようだ」
・「家の近くで野次馬が集まっていたので、何か事件でも起きたのかと心がざわついた」

(c)Shutterstock.com

最後に

「当人」の正しい意味や使い方など、理解は深まりましたか? 意外と知らなかった「本人」との微妙なニュアンスの違いや、言い換え表現など、知っておくと役に立つ場面が出てくると思います。「当人」を使うと相手に失礼な場合がありますので、相手に合わせ、「ご当人」を上手に使い分けましょう。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.29

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature