余命わずかな女性とホストの奇妙な関係。新しい生き方の可能性を見せてくれる『余命一年、男をかう』 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 雑誌・書籍
  5. 余命わずかな女性とホストの奇妙な関係。新しい生き方の可能性を見せてくれる『余命一年、男をかう』

LIFESTYLE

2022.01.10

余命わずかな女性とホストの奇妙な関係。新しい生き方の可能性を見せてくれる『余命一年、男をかう』

書評家の石井千湖さんが、「女性のお守り」になるような本を紹介してくれる人気連載。今回は、余命一年の40歳独身女性とホストの奇妙な交流を描いた一冊。

生き方も死に方も私の自由でいい!

恋愛をして、結婚して、誰かと共に生きなければいけないと思ってしまうのはなぜだろう?

今回書評家の石井千湖さんがおすすめする『余命一年、男をかう』はそんな私たちの固定観念を壊し、でも時には人に弱音を吐いたっていい! と気づかせてくれる一冊です。

自立した女性への新たな希望を見出す一冊

『余命一年、男をかう』

「だれに頼ることもなく一人で生きていけるだけのお金を稼いで、収支トントンで終えること」を人生の目標にしていた40歳の女性が、子宮頸がんを告知されてしまう。

吉川トリコの『余命一年、男をかう』は、衝撃的な冒頭に引き込まれる。命にタイムリミットを設けて受け手を泣かせようとする物語に違和感を抱く人や、経済力のある者が貧しい相手を見初めるシンデレラストーリーにノレない人にぜひ読んでほしい。何より世知辛い現実をサバイバルしながら知的好奇心に満ちていて、面白い本を求めている人におすすめしたい長編小説だ。

主人公の唯は、地方都市の機械商社に勤めている。給料は高くないが20歳のときに中古マンションを購入し、日々節約して預金を増やしてきた。恋愛はコスパが悪いからしたくない。自分だけの部屋で好きな香りのお茶を淹れ、好きな俳優の出ているドラマを見ながら趣味のキルトに励む生活に幸福感をおぼえていた。

しかし「余命一年」と医師に告げられた病院で、ピンク色の髪をした男に「金貸してくんない?」と頼まれたことをきっかけに、唯の心境に大きな変化が起こる。

男の名前は吉高。職業はホストで、コロナ禍と家族の病気によって経済的に追い詰められていた。がんの治療をするつもりがない唯は、初対面の吉高にあっさり金を渡し、彼の体と時間を買うのだ。自棄になるにもほどがある。唯は吉高に魅了されていくので心配にもなる。

だからといって、金で結びついたふたりが本当の恋に落ちて…… というような安易な展開にはならないところがいい。まったく考え方が違うふたりの激しいぶつかりあいが、リズミカルな文章でユーモラスに描かれる。

本書は自分で働いて稼いだお金で生きている女性に最大限のリスペクトを払いつつ、ひとりで頑張らなきゃいけないという呪いを解き、新しい生き方の可能性を見せてくれるのだ。

余命一年、男をかう』(講談社)
著/吉川トリコ
『ねむりひめ』で第3回「女による女のためのR‒18文学賞」大賞、読者賞を受賞した著者による最新作。余命一年と宣告された40歳独身の唯がひょんなことからピンク頭のホストに出会い、奇妙な交流が始まる…。自分の中にある、無意識のうちの偏見や先入観に気づかされる一冊。

2021年Oggi11月号「働く30歳からのお守りBOOK」より
構成/正木 爽・宮田典子(HATSU)
再構成/Oggi.jp編集部

TOP画像/(c)Shutterstock.com

石井千湖

いしい・ちこ/書評家。大学卒業後、約8年間の書店勤務を経て、現在は新聞や雑誌で主に小説を紹介している。著書に『文豪たちの友情』、共著に『世界の8大文学賞』『きっとあなたは、あの本が好き。』がある(すべて立東舎)。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature