「心」って何? 臨床心理士の著者が人間の心のありかを考察したエッセイ『心はどこへ消えた?』 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 雑誌・書籍
  5. 「心」って何? 臨床心理士の著者が人間の心のありかを考察したエッセイ『心はどこへ消えた?』

LIFESTYLE

2022.01.11

「心」って何? 臨床心理士の著者が人間の心のありかを考察したエッセイ『心はどこへ消えた?』

書評家の石井千湖さんが、「女性のお守り」になるような本を紹介してくれる人気連載。今回は、「心とは何か」をテーマにしたエッセイ集について。

いつの間にか見失ってしまう、自分の「心」

この世の中で今、心は消滅の危機にさらされている。人々は目の前のことでいっぱいいっぱいで、心を見失ってしまう。

それでも自分や大切な誰かを守るために、私たちは「心」を見つけ出さなければいけないのかもしれません。

今回書評家の石井千湖さんがおすすめするのは、改めて「心とは何か」を考えるきっかけをくれる一冊です。

小さな違和感に隠された、自分だけの「心のありか」とは?

『心はどこへ消えた?』

『心はどこへ消えた?』は臨床心理士の「バジーさん」こと東畑開人が、カウンセリングルームに訪れた人々のエピソードをもとに、人間の心のありかを考察したエッセイ集だ。幼稚園で友達に暴力をふるう4歳児から、自分は幸福だと言いながらカウンセリングに来るのをやめられない老婦人まで、個人の内面に秘められた「小さな物語」が立ち現れる瞬間を綴っている。

たとえば「YouTube、安全なカプセル」は、いわゆる「エリート」で社交能力も高いのに、なぜか定期的に人間関係をリセットしてしまう30代女性の話だ。バジーさんのカウンセリングをいつも「そうかもしれない」と受け入れてきた彼女が、その洗練された仮面を捨てて、隠していた本心をあらわにするくだりは胸を打つ。

爆笑する話もある。バジーさんが甲子園の補欠に肩入れする理由を語った「補欠の品格」だ。バジーさんが大学院生だったころ、合宿に行った帰りの電車で、後輩が突然「僕… 実は補欠やったんです」と告白する。

そして、その場にいた3人の心理士の卵がそろいもそろって中学時代に野球部の補欠だったと発覚。それぞれベンチでどんなことを考えていたか暴露大会をするところがいい。生きることの切なさと面白さが凝縮されているからだ。続く「補欠の人格」も、体より心を動かしてきた補欠ならではの名言の宝庫。

最後の「オレンジの傘で」は、深く沁みる話だ。3年間、毎週欠かさず面接に通ってきた50代前半の女性。初めは娘の不登校が悩みだったが、カウンセリングの結果、彼女は自分の心の傷を発見し、人生が思いがけない方向に変わる。ビニール傘を使っていた彼女がオレンジ色の傘を手にした代わりに失ったものとは…。ぜひ読んで確かめてみてほしい。

読んでいる自分の心はどこにあるのか。本書と対話しながら考えることによって、手がかりが摑めるだろう。

心はどこへ消えた?』(文藝春秋)
著/東畑開人
『居るのはつらいよ』で第19回大佛次郎論壇賞受賞、第10回紀伊國屋じんぶん大賞をW受賞した気鋭の著者が、「心とは何か」をテーマにしたエッセイ集。臨床心理士でもある著者のもとに訪れる、さまざまな事情を抱えた人たちの物語や著者自身の日常生活…。生きづらい世の中を生き抜く道しるべのような一冊。

2021年Oggi12月号「働く30歳からのお守りBOOK」より
構成/正木 爽・宮田典子(HATSU)
再構成/Oggi.jp編集部

TOP画像/(c)Shutterstock.com

石井千湖

いしい・ちこ/書評家。大学卒業後、約8年間の書店勤務を経て、現在は新聞や雑誌で主に小説を紹介している。著書に『文豪たちの友情』、共著に『世界の8大文学賞』『きっとあなたは、あの本が好き。』がある(すべて立東舎)。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.22

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature