【実話】アラサー女性2人が結婚を目前に破棄した理由がエグすぎる… | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 【実話】アラサー女性2人が結婚を目前に破棄した理由がエグすぎる…

LOVE

2021.10.09

【実話】アラサー女性2人が結婚を目前に破棄した理由がエグすぎる…

結婚を直前で破棄にした2人のアラサー女性。別れを選んだ女性たちがとった行動とは?〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

私、こうして結婚破談になりました

幸せ絶頂のはずが目前で破談に! 理由は? 原因は?

2人の経験者が教えてくれた破談のワケをアラサーOLタケ子が聞いてきました。

「彼氏がマリッジブルーになりまして」Uさん(34歳)の場合

(c)Shutterstock.com

Uさんと彼は学生時代お互いにミス・ミスターキャンパスに選ばれるほどの美男美女。それをきっかけに交際が始まり5年前に結婚するはずだったそう…。

「彼と私は付き合い当初からいつか結婚をしたいねと言い合っていて。

学生時代から私は彼の実家にもちょくちょく顔を出していたり、彼も私の親とも仲が良く、家族公認の仲でした。大学卒業後は、二人が社会人経験を積んでから結婚しようと30歳までの結婚を二人の目標にしていたんです。

途中、お互いに仕事が多忙でなかなか会えない時期もあり、いっそ同棲する? という案ありましたが私の親が厳しく、“結婚までは実家にいなさい”と言われ、同棲プランはボツに。

いよいよ30代突入の直前、具体的な結婚話が進むと思っていた私が「そろそろ準備しないとね!」と、彼に言ったら、彼の表情が一変。『結婚できない』と泣きながら言うのです。

どうやら将来独立してやりたい自分の仕事と、私との結婚・育児が同時進行できるか不安になったようで、、、簡単に言えば男性版マリッジブルー。

聞けば相当前から悩んでいた様子。私も呆然としてしまいましたが、生涯をかけてやりたい仕事に対する彼の意気込みを尊重し、結婚目前で別れました。まもなくアラフォーの私は未だに新しい彼氏はできていません…」(Uさん)

「絶対に許せない! 浮気男に制裁を」Sさん(31歳)の場合

(c)Shutterstock.com

交際中の浮気も許せませんが、結婚直前に発覚する浮気はもっとありえない! そう教えてくれたSさんの結婚破談エピソードとは。

「今はほんとあんな奴と結婚しなくてよかったって心から思います。彼とは友人の紹介で出会ったのですが確かにイケメンでしたね。ムカつくけど(笑)。

当時2人とも20代後半だったので真剣交際のつもりでした。私は28歳の誕生日にプロポーズされ、人生最高に幸せな瞬間と思ったのを覚えています。それから結構スムーズに両親への挨拶や式場の手配が進み、新居もほぼ決まっていたのですが…、

『これ、Sちゃんの彼だよね?』そう言い友達が私に見せてくれたのは、女性と腕組みをして楽しそうな彼の写真。その時点で結婚目前。

すぐ彼に問いただそうと思いましたが友達からの助言もあり、確証を得るまでは言わないと決めました。すると共通の友人で彼と同じ職場の男友達が『相手は部下の女の子。多分あいつ浮気してる』そう教えてくれ、私の怒りは頂点に。

後日、例の男友達に手伝ってもらい私は彼の職場へ乗り込みました。浮気をしてるという部下の女の名前も判明していたので彼の上司・部長に『こんなふしだらな事をする社員がいる会社なんですね!』と直訴。もちろん青ざめてあたふたする彼には一切目を合わせず。

社内の不倫問題に厳しい会社だったので、挙式直前の不貞が発覚した彼は即刻地方への異動が決定。部下の女も数日後に自己退職したそうです。同時に彼の両親にも伝えていたのでお金もいただきました。式場のキャンセルや招待客へのお詫びは私がしたけれどもちろんキャンセル料などは彼もち。

今ですか? 実は彼の浮気を教えてくれたあの男性と同棲しています♡ イケメンって感じではないけれど安心できるし、何より浮気をしない相手がそばにいるって幸せ」(Sさん)

* * *

結婚直前での破談は大きな人生の決断でもあるはず。けれど一方が受け入れ難い結婚であれば、それは最良の決断なのかもしれません。結婚破談は精神的にも肉体的にも労力を使うものです。こういった破談を防ぐためにも常日頃からお互いの考えをよく話し合い、両者が納得できる“幸せ婚”を目指したいですね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature