本人の問題ではないものの… 彼との結婚を迷う理由<働く女性のお悩み相談室#65> | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. お悩み相談室
  4. 本人の問題ではないものの… 彼との結婚を迷う理由<働く女性のお悩み相談室#65>

LOVE

2021.09.25

本人の問題ではないものの… 彼との結婚を迷う理由<働く女性のお悩み相談室#65>

「結婚前提の彼の家庭環境が引っかかっている… 別れても次の出会いがあるか不安…」行き場をなくしたお悩み相談に作家・安本由佳が答えます。

ライター・安本由佳が悩める女性の人生にアドバイス♡<働く女性のお悩み相談室#65>

前回記事『結婚向きの男か、ときめく男… どちらを選ぶべき!?<働く女性のお悩み相談室#64>

こんにちは、ライター・安本由佳です。私のInstagramに届いた、お悩みの中からぜひ皆さんと共有したい内容をピックアップ。一緒に答えを探していきます。

今回みなさんと一緒に考えたいお悩みはこちら!

「大した話じゃない」と言えないなら、やめておいた方がいい

(c)Shutterstock.com

お悩み:28歳で、結婚前提で付き合っている彼氏がいます。ですが彼の家庭環境が複雑で、そのことがずっと引っかかっています。大好きだし、辛い思いをしてきたからこそ幸せにしてあげたいと思う気持ちもある一方、両親にも反対されるし、自分を偽っている気もして…… 悩みすぎて食欲もなくなり体に不調が出るほど。この年齢で彼と別れて新しい出会いがあるのかも不安だし、どうしたらいいかわかりません。

「家庭環境」という彼の生い立ちは、どう抗っても変えられない過去です。

相談者さんのおっしゃる「複雑さ」がどの程度のものか、相談内容からはわからないのですが、変えられない事実について食欲不振になるまで悩んでしまっている…… その現状を考えると、結婚は慎重に考えた方が良さそうですね。

「辛い思いをしてきたからこそ、私が幸せにしてあげたい」

相談者さんの素直な気持ちで、愛情あふれる言葉だと思います。ただ現実問題、気にしないフリを続けるなんて無理。

恋人のままならばともかく、婚姻関係を結ぶとなるとどうしたって家族が絡んできます。いつか限界が訪れて、互いに傷つける結果にならないでしょうか。

彼のほうだって、相談者さんに無理などして欲しくないはず。

彼を幸せにするのは「そんなの大した話じゃない」と笑い飛ばしてくれるパートナーだし、相談者さんを幸せにするのはあれこれ思い悩む必要のない相手です。

28歳…… 出会いなら、この先も必ずある

(c)Shutterstock.com

両親にも反対されていたり、おそらく相談者さん自身も「結婚相手は彼じゃない」と頭では既に理解しているんだろうと思います。

それでも別れを躊躇うのは、28歳という年齢で結婚前提の恋人を失うのが怖いから。

けれどそんな理由で一緒にいるのは彼に対しても失礼だし、結婚したいと願うのなら、未来を考えられない相手とズルズルするのは相談者さん自身のためにもなりません。

大丈夫。まだ28歳です。これから先、いくらだって出会いはあります

もちろん関係が深まるうちに、どんな人でも気になる点は見えてくると思います。

それでも次は二人の努力や歩み寄りで解決できる種類のものか、あるいは思い悩む前に「別に大した話じゃないや」と笑って終われる相手だといいですね。

* * *

お悩み相談は、現在もInstagramのストーリーズで受け付けています(匿名も可能)。真剣な相談内容には、種類を問わず可能な限りすべて答えます。

▶︎安本由佳 Instagram

TOP画像/(c)Shutterstock.com

ライター 安本由佳

慶應義塾大学法学部法律学科卒
化粧品メーカー広報、損害保険会社IT部門で勤務したのちフリーランスへ。
2015年に軽井沢に住まいを移し、ホテルやカフェのPRに従事するほか、軽井沢暮らしを紹介するコラムを連載中。2016年〜2020年1月 東京カレンダーWEBにて執筆。2020年10月15日 講談社文庫より初書籍「不機嫌な婚活」発売。現在Amazonにて販売中


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.17

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature