【医師監修】卵子の時間を止められる!? 卵子凍結のメリットは… | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活
  4. 【医師監修】卵子の時間を止められる!? 卵子凍結のメリットは…

LOVE

2021.08.15

【医師監修】卵子の時間を止められる!? 卵子凍結のメリットは…

健常な卵子を体外に保存しておくことが可能な「卵子凍結」について解説します。麻布モンテアールレディースクリニック院長の山中智哉医師による連載コラム。

麻布モンテアールレディースクリニック・院長 山中智哉

【卵子凍結】についての知識

(c)Shutterstock.com

「卵子凍結」という技術をご存知でしょうか。

医療技術の進歩により、卵子を凍結し、後の妊娠のために保存しておくことができるようになりました。

映画や小説で、冷凍された人が100年後に解凍されて蘇るというような設定がありますが、卵子のレベルにおいてはすでにそれが実現しているといえば分かりやすいかもしれません。

当初この技術は、卵巣がんなど手術で卵巣を切除したり、抗がん剤や放射線治療を行なう前に、健常な卵子を体外に保存しておくことを目的として始められました。現在では、結婚や妊娠がまだ先になりそうという女性の中にも、卵子凍結を希望される方が増えてきました。

卵子凍結のメリット

(c)Shutterstock.com

卵子を凍結しておくメリットに、若い頃の卵子で将来の妊娠を考えることができるということがあります。女性は誰もがいつか閉経を迎えるように、卵巣の中の卵子は年齢とともに減少していきます。個々の卵子も、排卵はしても、徐々に妊娠しにくくなっていきます。

妊娠が難しい年代にさしかかった頃に子供が欲しいと考えた時、この凍結した卵子を融かして、夫やパートナーの精子と受精させ、受精卵として子宮に胚移植することができます。卵子の若さによって、染色体異常や流産などの発生率を低くできるということもあります。

一方で、卵子を凍結した女性が結婚した後、夫との間で子作りをするのか、凍結卵子で妊娠を目指すのかを悩むという声もあがっています。できれば自然に妊娠したいという気持ちと、保存している卵子をどうしようかという気持ち。卵子の凍結はひとりで決めることですが、妊娠はふたりの想いがあってのことですので、そこに迷いが生じるのは当然のことです。

卵子凍結をすれば、将来の妊娠が保証されるというものではありませんが、妊娠という女性にとって大切なライフイベントのサポートのひとつになる技術だと思います。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

麻布モンテアールレディースクリニック・院長 山中智哉

麻布モンテアールレディースクリニック

日本産科婦人科学会/日本生殖医学会/日本卵子学会所属

不妊治療のクリニックとして、体外受精や高度な技術が求められる治療にも幅広く対応している。いずれは不妊治療だけではなく、アンチエイジングや健康医療 を軸にした分野にも着手し、様々な側面でお悩みを抱える多くの女性のトータルケアを促進できるようなクリニック、夫婦にとって信頼できるクリニックを目指している。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.28

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature