パラリンピックって何語? 実は日本で名付けられた言葉なんです! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. パラリンピックって何語? 実は日本で名付けられた言葉なんです!

WORK

2021.08.01

パラリンピックって何語? 実は日本で名付けられた言葉なんです!

4年に一度開催されるスポーツの祭典といえば、オリンピックともうひとつ、パラリンピックがありますよね。このパラリンピックって何語か知っていますか? 言葉やビジネスマナーに詳しい鶴田初芽が起源も含めて解説します。

鶴田初芽

パラリンピックとは?

オリンピックが終わると続いて開催されるのはパラリンピックですね。

ところで、オリンピックに似た響きの言葉だけれど、パラリンピックは何語なのでしょうか?

パラリンピックは何語?

(c)Shutterstock.com

◆パラリンピックは日本発の造語だった!

パラリンピックは1964年に開催された東京大会の際に日本で名付けられました。「対麻痺(ついまひ)」という意味の「Paraplegia」と「Olympic」を掛け合わせてつけられたんですよ。

その後、1988年のソウル大会から正式に用いられようになりました。現在は対麻痺の方だけでなく、様々な障がいを持つ方が選手として活躍する大会となっていることから、沿う、「平行」という意味の「Parallel」と「Olympic」を掛け合わせてもうひとつのオリンピックと解釈されて使われています。

起源はリハビリを目的とした競技会だった

(c)Shutterstock.com

パラリンピックはイギリスのストーク・マンデビル病院の医師ルードヴィッヒ・グットマン卿が、1948年に開催されたロンドンオリンピックにあわせ、第二次世界大戦中に脊髄損傷により下半身が不自由になった16名の車椅子の患者さんによるアーチェリー大会(第1回ストーク・マンデビル競技大会)を院内で開催したことがはじまりといわれています。

もともとは手術よりスポーツを! という方針のもと、第二次世界大戦で負傷した兵士の治療と社会復帰を目的として開催された競技会が起源だったんですね。

その後、ストーク・マンデビル大会は回を重ね、1952年に国際大会になりました。1960年のローマオリンピックからはオリンピック開催国で行われるようになりました。これが第1回のパラリンピックです。

そして、1964年に東京オリンピックが行われた第2回パラリンピックが行われました。その後しばらくはオリンピックと同一都市での開催が定着しませんでしたが、1988年のソウルオリンピックからはオリンピックの直後に同じ場所で開催される現在のスタイルが確立しました。

* * *

いかがでしたか? 1964年に東京で開催されたパラリンピックは医師ルードヴィッヒ・グットマン卿のスポーツを通したリハビリテーションに感銘を受けた中村裕医師の働きかけが実を結んで実現したんだそう。

リハビリテーションから競技スポーツへ大きく発展を遂げたパラリンピックは2021年8月24日から9月5日までの12日間の日程で行われます。

参考/デジタル大辞泉日本パラリンピック委員会

TOP画像/(c)Shutterstock.com

鶴田初芽

都内在住のOLライター。マナーインストラクターであり、実用マナー検定準一級や敬語力検定準一級など、ビジネスにおけるマナーや、マネーに関する資格(2級ファイナンシャル・プランニング技能士、金融コンプライアンスオフィサー、マイナンバー保護オフィサー)などを保有。丁寧な暮らしに憧れ、断捨離修行中!


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.09.18

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi10月号P.60に掲載のフォークバイエヌのピアスの価格に誤りがありました。正しくは¥13,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature