心底買ってよかった…【首掛け扇風機】はこれを選んで大正解!! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 便利グッズ
  5. 心底買ってよかった…【首掛け扇風機】はこれを選んで大正解!!

LIFESTYLE

2021.07.31

心底買ってよかった…【首掛け扇風機】はこれを選んで大正解!!

‎Jacessの卓上/首掛け両用 携帯扇風機(M3-GHS8-5KG3)についてピックアップ!

首掛け扇風機をいろいろと試した結果、たどり着いたのは……

以前、こちらの記事でもご紹介しましたが、(特に朝の)ウォーキングは、フィジカル面だけでなくメンタル面にもとても良い影響をもたらしてくれるのだそう! 私はそれを知ってからというもの、仕事前のウォーキングが日課になっています。

でもこの時期は、いかんせん暑い。とにかく暑い! 歩いていると、文字通り滝のような汗が出てくるので熱中症対策は必須! そんな私の最近の心強い相棒が、こちら。

アマゾンで見つけた、‎Jacessの卓上/首掛け両用 携帯扇風機です! 価格は、購入当時は¥2,200ほどだったと記憶しています(セール時期などは変動するようです)。

これが実際に使ってみると、ウォーキング中はもちろん、リモートワーク中や料理中など、あらゆるシーンで活躍しているのでご紹介したいと思います!

■とにかく軽量で首が疲れない!

首掛け扇風機を選ぶうえでなにより重視したのが、本体の重量。いくら涼しくても、やはり重くて首や肩が凝ってしまっては元も子もないし、それではなんだかんだいって使わなくなってしまいそうで。

でもこの扇風機の重さは、わずか200g! バナナ1本分よりちょっと重いかな、くらい(かえってわかりづらい!?)。手で持つと多少重さは感じますが、首にかければ気にならない程度。

軽いうえにアームを折り曲げればコンパクトにまとまるので、外出時に持ち運ぶのだって楽!

■風量が6段階も調整できる!

風量は、ボタンひとつで6段階(ゆらぎ/微弱/弱/中/強/最強)調整可能!

扇風機の風も、ずっと当たり続ければ体には負担。そんなときのために風量「微弱」と停止を繰り返す「ゆらぎ」モードも搭載されています。たとえばクーラーと併用して使うときなどにもうってつけ!

逆に最高の風量にするとかなりパワフルなので、炎天下でも心強いです。シチュエーションに合わせて微調整できるのはうれしい。

また電源オフにしたいときは、どのモードからもボタンを長押しするだけでOK!

■アームの角度が自由自在!

アームの硬さが絶妙で、驚くほどフレキシブルに可動するところも稀有なポイント! クネクネと曲げて、口元に額に首に…… と、好きなところに風を当てることができます。

アームの長さが若干長めなので、曲げ方が甘いと肩からズレ落ちそうになるところだけが難点なのですが、しっかりと体にフィットするように巻き付ければ問題ないかと。

■卓上でも好きな角度で使える!

アームが自由自在なので、角度さえ調整すれば、デスクの上に立てて使える卓上扇風機に早変わり!

私は、朝のウォーキング時は首に掛けて、帰宅後はデスクに置いて使っています。リモートワーク中、涼を取るのにもってこい! ファン部分も簡単に向きを変えられるので、2人でシェアすることも可能。

■髪の毛が巻き込まれない!

ファンは髪の毛が巻き込まれない構造になっているので、髪をおろしたまま使えるところも便利!

▲髪をおろした状態で回していますが、まったく絡みません!

■動作音が気になりづらい!

特に屋外で使うときに気になる静音性についても、優秀! さすがに4段階目くらいからはそれなりの音がしますが、2~3段階目までは、動作音はとても静か。

■電池残量がわかりやすい!

電池残量は、点灯しているライトの個数でわかる仕組み(4つ点灯:75~100%/3つ点灯:50~75% 以下同様)で、判別しやすい。

ちなみにUSB充電式で、取扱説明書によると、充電時間:約5時間/連続使用時間:約2.5~約16時間です。

* * *

昨年に続きマスク生活で迎える今夏、早くも欠かせないアイテムになっています!

文/川原莉奈

※記事中の感想は筆者個人の感想です


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.09.27

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi10月号P.60に掲載のフォークバイエヌのピアスの価格に誤りがありました。正しくは¥13,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature