彼氏の過去の浮気のせい… 言動すべてを疑ってしまう。解決策は?<働く女性のお悩み相談室#51> | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. お悩み相談室
  4. 彼氏の過去の浮気のせい… 言動すべてを疑ってしまう。解決策は?<働く女性のお悩み相談室#51>

LOVE

2021.06.19

彼氏の過去の浮気のせい… 言動すべてを疑ってしまう。解決策は?<働く女性のお悩み相談室#51>

過去に浮気をした彼のことを信用できず、モヤモヤしてしまいます。どうすれば信じることができる? 行き場をなくしたお悩み相談に作家・安本由佳が答えます。

ライター・安本由佳が悩める女性の人生にアドバイス♡<働く女性のお悩み相談室#51>

前回記事:『またブロックされた… マッチング後の音信不通をどう考えればいい?<働く女性のお悩み相談室#50>

こんにちは、ライター・安本由佳です。およそ1年前から、Instagramのストーリーズでお悩み相談を受けています。

私自身すべての「正解」を知っているわけではありませんが、相談者さんの立場に立って真摯に考え発信し続けたところ、連日たくさんのお悩みが届くようになりました。

Oggi.jpでは、いただいたお悩みの中から、ぜひ皆さんと共有したい内容をピックアップ。一緒に答えを探していきます。

お悩み相談は、現在もInstagramのストーリーズで受け付けています(匿名も可能)。真剣な相談内容には、種類を問わず可能な限りすべて答えます。

▶︎安本由佳 Instagram

さて… 今回みなさんと一緒に考えたいお悩みはこちら!

信用できない相手を、無条件に信じるのは無理!

(c)Shutterstock.com

お悩み:過去に浮気されたことがあり、それから彼氏のことが信用できません。先日も休みの日に出かけていて、夜遅くに「○○(男友達)の家に泊まる」とLINEが来たのですが、疑いたくないのに本当かどうか気になってずっとモヤモヤしてしまいます。どうすれば彼を信じられるようになりますか。

相談者さんが彼氏の言動を信じられないのは当然のことです。

…だって、浮気されたんですよ? しかも相談者さんにバレているということは、彼は気づかれないよう隠すこともせず(できず)、彼女に突き止められ、挙げ句の果てには白状までしたってことですよね。

彼は相談者さんを軽んじ、裏切った。そんな人を無条件に信じられるわけないじゃないですか。

「もうしない。信じてくれ」

彼はそんな風に謝ってきたと思います。

しかしながら信頼は失うのは一瞬でも、取り戻すのは簡単ではない。謝罪の言葉だけじゃ無理。長い時間と労力がかかるんです。

再び彼を信じるには、信頼を積み重ねてもらうしかない

(c)Shutterstock.com

相談者さんは彼に対し「言葉だけじゃ信用できない」とハッキリ伝えていいと思いますよ。

浮気して相談者さんを傷つけたのは彼のほう。

これからも恋人関係を続けていきたいと思うなら、相談者さんをこれ以上傷つけたり不安にさせるようなことはせず、最大限に気を遣って、できるだけ早く信頼を取り戻せるよう努力してもらいましょう。

夜遅くに出先から「男友達の家に泊まる」とLINEを寄越されても信用できない… 彼に前科がある以上、相談者さんがモヤモヤしてしまうのも仕方がないと思います。

それなら、例えば「電話で直接話して欲しい」とお願いしてみてはどうでしょうか。

相談者さんを安心させるため、彼が言葉だけじゃなく行動を起こしてくれたら、少しは安心するし、信じてみようという気になりませんか。

時間がかかるし、お互いかなりのパワーが必要になりますが、こうして一つ一つ信頼を積み重ねていく。それさえできれば、そのうち再び彼を自然と信用できるようになるし、以前より強固な絆を結ぶこともできるはずです。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

ライター 安本由佳

慶應義塾大学法学部法律学科卒
化粧品メーカー広報、損害保険会社IT部門で勤務したのちフリーランスへ。
2015年に軽井沢に住まいを移し、ホテルやカフェのPRに従事するほか、軽井沢暮らしを紹介するコラムを連載中。2016年〜2020年1月 東京カレンダーWEBにて執筆。2020年10月15日 講談社文庫より初書籍「不機嫌な婚活」発売。現在Amazonにて販売中


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.07

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature