自分に似合うメイクを勉強! アイメイクのポイントを押さえてメイク上手に | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. メイクアップ
  4. アイメイク
  5. 自分に似合うメイクを勉強! アイメイクのポイントを押さえてメイク上手に

BEAUTY

2021.03.25

自分に似合うメイクを勉強! アイメイクのポイントを押さえてメイク上手に

マスク生活が当たり前の今。今まで以上に力を入れたいのが、眉から目元のアイメイクです。新たに勉強して、マンネリになりがちだったアイメイクに変化をもたせてみませんか? 今回は、おすすめのアイメイクから今っぽいアイライン、眉メイクの方法をご紹介。少しのテクニックで印象ががらりと変わるアイメイクをぜひ楽しんでみて。

【目次】
メイク下手でも失敗しない! 囲み目メイクHOW TO
さりげなく引き締める! すっぴん風アイメイクHOW TO
オンでもオフでも! 親近感がもてるブラウン系アイメイクHOW TO
クールな大人顔に! 赤っぽアイメイクHOW TO
キツくみられない! やわらかアイラインHOW TO
マスク時代のニューノーマル! やわらか眉メイクHOW TO

メイク下手でも失敗しない! 囲み目メイクHOW TO

今どき「囲み目」のポイントは、上下をぐるっと全囲みしないこと。さらに、アイラインは影をつけるように引き、上にシャドーを重ねてならしてくっきり感を和らげること。これで格段にこなれ感がアップ。

【1】 ベースづくり

 ベースづくり

しっくりなじむ囲み目にはベースづくりが大切。二重幅よりやや幅広い範囲にベースカラー(ベージュ)をぼかして。下まぶた際には目尻⅔に、目尻を5mmほどはみ出すくらいにポイントカラー(カーキ)をスーッとのせて。

【2】上まぶたのラインづくり

上まぶたのラインづくり

上まぶた際のラインはまつげの上に引くのではなく、まつげとまつげの隙間を埋めるようにアイラインをいれる。目頭から目尻に向かって、下からペンシルを入れて左右に小刻みに動かしながら、まつげ際に〝深み〟を出していって。

【3】下まぶたのラインづくり

下まぶたのラインづくり

下まぶた際のアイラインは、目尻から黒目の目頭側の端まで。下まぶた際にもまつげの間を埋めるように描くのがポイント。目頭⅓にはラインは引かず、あえての抜けをつくることで今どきのこなれ感が。

【4】下まぶたの目尻に陰影をプラス

下まぶたの目尻に陰影をプラス

【1】でのせた下まぶたの目尻2/3のシャドーを再度重ねて。チップの先を使ってラインの上にかぶせるようにのせ、シャドーでサンドイッチすることで、ラインが自然になじみつつ、にじみにくくなる効果が。

【5】上の目尻ラインを描き足し、目ヂカラ調整

上の目尻ラインを描き足し、目ヂカラ調整

上まぶた際の目尻側にラインを。今度はまつげの間ではなくまつげの上に1~2mm幅で、黒目の中心真上あたりから目尻に向かって。目尻は3~4mm横にスッと流すように描くと、目の横幅が自然に広がって見え目ヂカラ倍増。

【6】目尻ラインにシャドーオン

目尻ラインにシャドーオン

さらに上まぶたにベースカラーを重ねて。引いたラインの上側に軽いタッチでシャドーをスッと重ねることで、くっきりとしたラインの強さが和らぎ、顔から浮いて見えないバランスのいい囲み目に。

オフィスで浮かない【目元メイク】いまどき囲み目メイクの作り方

さりげなく引き締める! すっぴん風アイメイクHOW TO

温かみのあるベージュブラウン系パレットを使用し、陰影感を仕込み。上品な立体感をつくるのが狙いなので、淡い発色でまとめて、ほぼすっぴん風に!

【1】ピンクベージュをアイホールになじませる

ピンクベージュをアイホールになじませる

ピンクベージュを太チップでアイホールにオン。ほぼすっぴん風の上品な立体感をつくりたいので、淡い発色で十分。

【2】まぶたはソフトオレンジで囲み目メイクに

まぶたはソフトオレンジで囲み目メイクに

アイホールの下半分にソフトオレンジを太チップで重ね、下まぶたは細チップで全体にオン。ほんのりパール感のあるカラーで囲み目メイクで、陰影感とハイライト効果を狙って。

【3】ダークブラウンをまぶたのキワに細いラインで入れる

ダークブラウンをまぶたのキワに細いラインで入れる

細チップでダークブラウンを、目のキワをなぞるようにラインをを引いて。シャドウを仕込むようにラインを入れておくと、リキッドでアイラインを入れるときに浮いて見えない◎。

【4】アイラインをいれる

アイラインをいれる

アイシャドウとの相性を考えて、アイラインはブラウンのリキッドを。指で軽くまぶたを持ち上げ、まつげの隙間を埋めるように描いて目元のフレームをくっきりと◎。

【5】マスカラで仕上げ

マスカラで仕上げ

黒マスカラを上下まつげにオン。さらりとつけて、これ見よがしにボリューム感を出さないのがポイント。

大人のすっぴん風メイクはこうつくる! 若月佑美が実践

オンでもオフでも! 親近感がもてるブラウン系アイメイクHOW TO

ベージュブラウンのソフト囲み目メイクで陰影感のある目元に。ベージュ~ブラウンのパレットを持っていると使い勝手がいい。

【1】ベージュ系でグラデに

ベージュ系でグラデに

アイホールに肌なじみのいい薄めのベージュ、二重幅にベージュをなじませて2トーンのシンプルなグラデに。

【2】キワをブラウンで引き締める

キワをブラウンで引き締める

細チップに締め色であるブラウンを取り、目のキワ全体に。まつげの隙間を埋める気持ちで細く入れて、シャドーラインに。

【3】下まぶた全体にベージュを

下まぶた全体にベージュを

アイホールにのせたのと同じ薄めのベージュをブラシでふんわりと下まぶたにのせて囲み目に。アイライナーを使わずにさりげなく目ヂカラをアップ。

【かわいい系メイク】親近感が必要な日のメイク術|仕事用メイクをアップデート

クールな大人顔に! 赤っぽアイメイクHOW TO

ボルドーカラーでほんのり赤みを帯びた大人の赤っぽアイメイク

【1】アイホールにベースカラーをのせる

アイホールにベースカラーをのせる

コーラルベージュをアイホールになじませる。アイラインだけが目元から浮かないようにベースカラーはマスト。

【2】目のキワにボルドーをいれる

目のキワにボルドーをいれる

ボルドーシャドーを細チップに取り、目のキワ全体にラインを引く。目尻は5mm水平に延長して。

【3】下まぶたの1/3にもボルドーをオン

下まぶたの1/3にもボルドーをオン

【2】と同様に細チップにボルドーを取り、目尻から黒目の手前まで目尻側1/3にラインを。このひと手間で目の横幅が拡大。

【かっこいい系メイク】大事なプレゼンDAYの秘伝メイク術|仕事用メイクをアップデート

キツくみられない!やわらかアイラインHOW TO

黒ラインでくっきり描くと古臭くなるので×。ポイントはブラウンペンシルでキワ埋めすること。

【1】まつげのすき間を埋める

まつげのすき間を埋める

アイライン前にビューラーでカールアップしておく。キワのキワを埋めることが自然な目ヂカラをもたらすカギ。まずはまつげの根元に仕込んで、まぶたのフレームラインをナチュラルに強化。鏡をやや下に見て、少しずつ埋めて。

【2】まつげの上側に少しずつラインを引く

まつげの上側に少しずつラインを引く

目を開けたとき、アイラインはほんのわずかだけ見えるくらいが理想。太さを出そうとせず、「影」のような存在のラインを目ざして目のキワをほそーくなぞる気持ちで目尻から少しずつ描いていきます。

【3】そのまま中間から目頭までラインを引く

そのまま中間から目頭までラインを引く

一気に描こうとするのはブレのもと! 一度ラインがガタつくと修正するのも手間なので、5mm幅くらいで少しずつ描いたほうが失敗しにくく、結果キレイなラインに。

【4】水平に5mmラインを引く

水平に5mmラインを引く

ラインで太さを出さないぶん、目尻は5mm延長させて横に少し目幅を拡大。ハネ上げたり、ラインが長すぎるとやわらかい印象の目元からは遠のくので、あくまでも控えめに。

【5】目尻の三角ゾーンを埋める

目尻の三角ゾーンを埋める

小さな三角ゾーンを埋めるような感覚で、5mm延長したラインの先端から目尻に戻るようにラインを引きます。これで目尻にある元々のくぼみとラインが一体化して自然なデカ目効果が。

【6】指で軽くぼかす

指で軽くぼかす

ラインの存在がくっきり際立つとキツく見えるので、仕上げに軽くぼかしをプラス。線を消さないように肌との境目となる部分だけを、指の腹で優しくそーっとぼかして。これでFinish!

特大プロセスでレクチャー! キツくならない【やわらかいアイライン】を作る6STEP

マスク時代のニューノーマル! やわらか眉メイクHOW TO

ポイントは、形はストレート気味にして主張させないこととやや明るめのブラウンでやわらかく。

【1】スクリューブラシで毛流れを整える

スクリューブラシで毛流れを整える

毛並みがボサッとした状態で描き始めるのは、失敗のもと。スクリューブラシで毛流れに沿ってとかすと、描き足すべき部分が明確に!

【2】太ブラシで全体にパウダーをのせる

太ブラシで全体にパウダーをのせる

明るめブラウンのパウダーを太ブラシで取り、眉頭1cmを除いた全体にオン。眉頭は最後に軽くぼかすだけでいいのでここではそのままに。

使ったのはこのアイテム! 使いやすい3色入りの大人気眉パウダー。
カネボウ化粧品|ケイト デザイニングアイブロウ3D EX-5

【3】眉の下側をストレート気味に描く

眉の下側をストレート気味に描く

なだらかなストレート気味眉の決め手はココ。真ん中の色を細ブラシに取り、下の眉尻側1/2をやや水平に描いて理想の形へと補整。

【4】毛の足りない部分を足す

毛の足りない部分を足す

下側2色を細ブラシで混ぜて取り、少し毛が薄いと感じる部分に描き足して。最初に全体をとかしているから、足すべき部分が一目瞭然。

【5】眉頭を太ブラシでぼかす

眉頭を太ブラシでぼかす

眉頭は軽くぼかす程度にとどめ〝描いた感〟を出さないのがナチュラルに仕上げるコツ。新たにパウダーはつけず太ブラシでぼかして。

【6】眉マスカラで整える

眉マスカラで整える

形をストレート気味にしているので、全体をのっぺりとさせないためにも毛流れはしっかりと引き立てて。眉頭は下から上に、が鉄則。さらに、眉頭を除いた部分をスッスッと数回に分けて眉尻側にとかし、毛流れを整えながら全体をやや明るめにカラーリング。

【働く日の上半分だけメイク】ニューノーマル時代の柔らか「眉メイク」は7stepで!


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.04.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi5月号・別冊付録 Domani春号 P.11に掲載のバッグの価格に誤りがありました。正しくは、¥240,000(税抜)です。お詫びして、訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature