Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. メイクアップ
  4. アイメイク
  5. 古くさくならないおすすめデカ目メイク術|悪目立ちするNGメイク含めてご紹介♡

BEAUTY

2020.03.30

古くさくならないおすすめデカ目メイク術|悪目立ちするNGメイク含めてご紹介♡

少しでもデカ目に! アイラインで強調×強調のメイクは、目を大きくするどころか“不自然に作られた顔”に見えていたかも知れません。今旬のデカ目ポイントは「やわらか×ナチュラル」。特に、黒のアイライナーを手放せなかった人はCHECKしてみてくださいね。

【目次】
古くさくならないデカ目メイクのポイント
デカ目をつくるポイントはアイラインだけじゃない!

古くさくならないデカ目メイクのポイント

黒ラインでメイクしていませんか?

黒ラインでメイクしていませんか?

■おしゃれメイクのポイントは?
・色… 優しいブラウン一択
・入れる範囲… 目のキワのみ
・目尻… 水平に5mm延長
・下まぶた… 入れずに抜け感を

目を大きく見せたいばっかりに「黒ライン」をガッツリ入れて…

黒ラインでメイクしていませんか?

古くさいメイクになっていませんか?

黒ラインでメイクしていませんか?

目を閉じると、ラインが悪目立ちしてしまいます。

やわらかアイラインで目を大きく!

■ブラウンのペンシルライナーでやわらかアイメイク

やわらかアイラインで目を大きく!

1. 軽くまぶたを持ち上げながら、まつ毛のすき間(キワのキワ)を埋めて、フレームラインをナチュラルに強化します。

やわらかアイラインで目を大きく!

2. 太さを出そうとせず、影をつくる感覚で。目を開けた状態で、アイラインはほんのわずか見えるくらいが理想です。目のキワをほそーくなぞるイメージで、目尻から少しずつ描いていきましょう。

やわらかアイラインで目を大きく!

3. ラインがガタつくと修正も手間なので、5mm幅くらいで少しずつ描いていきましょう。失敗しにくいのと、結果キレイなラインに仕上がります。一気に描くのはブレのもとですよ。

やわらかアイラインで目を大きく!

4. ラインで太さを出さない分、目尻を5mmほど延長して目幅を横に拡大。ここでも長すぎたりハネ上げたり強調せず、やわらかく控えめに。

やわらかアイラインで目を大きく!

5. 5mm延長したラインの先端から、目尻の小さな三角ゾーンを埋めるようにしてラインを引きます。ここで目尻の元々のくぼみとラインが一体化することで、ナチュラルなデカ目効果が!

やわらかアイラインで目を大きく!

6. とにかくラインはくっきり際立つとキツく見えてしまうので、ラインが消えない程度に指の腹でそーっとぼかして仕上げます。

特大プロセスでレクチャー! キツくならない【やわらかいアイライン】

アイラインがなくてもデカ目になれる!

アイラインがなくてもデカ目になれる!

繰り返しますが、目を大きく見せようとして締め色をクッキリ入れてしまうと、キツく見えるばかりか抜け感も出ません。締め色よりも「立体感」をつくる意識をしましょう。

■コチラを使ってメイクしてみましょう

アイラインがなくてもデカ目になれる!

・(写真左)A:ケイト|ダークローズシャドウ BR-3
・(写真右)B:エレガンス|レヨン ジュレアイズ 02

アイラインがなくてもデカ目になれる!

1. 中間色のAに締め色を混ぜてつくったダークベージュを、立体感づくりに活用します。まず、目のくぼみに入れ、骨格の陰影を。さらに高い部分には、Bの明るい光をのせて目ヂカラUP!

アイラインがなくてもデカ目になれる!

2. 指の腹でAの中間色と締め色を混ぜ、アイホール全体に塗ります。さらに目頭のくぼみにものせます。下まぶたの目尻側2/3にも細く入れましょう。

アイラインがなくてもデカ目になれる!

3. Bをアイホールの丸みの中央にのせます(少量でOK)。指に残った分は、目を囲んでいる骨の眉尻側部分と、下まぶたの目頭側2/3に入れて完成。

締め色を入れすぎてキツい顔になっちゃう…【ブラウンパレット】の悩みを解決!

デカ目をつくるポイントはアイラインだけじゃない!

肌の色味もとっても大切

顔の大半を占めるのは肌! 目を大きく見せようと思うと、アイメイクに意識が向かいがちですが、肌の色をイキイキした状態に仕上げることも大きなポイントです。

≪ファンデを選ぶポイント≫
適度なカバー力で、厚く見えないものが◎

■肌色の整え方
肌トラブルがある箇所はファンデを重ねるよりも、コンシーラーやシェーディングでカバーする方がナチュラルに仕上がります。その際、顔全体を見ながら目立たないように補正すると、よりキレイに。

クマやシミはハイライトをのせて光で飛ばしましょう。クリームタイプのハイライトを粉の後に。

目のまわりのCゾーンやおでこ・鼻の頭・あご先に指でなじませます。お顔の立体感がより強調されたり明るさがでたりします。

プロ技を伝授! 第一印象を決める好感度UPのベースメイクとは?


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature