わたしと結婚する気あるの? バツイチ独身男性が覚悟を決める理由は… | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. わたしと結婚する気あるの? バツイチ独身男性が覚悟を決める理由は…

LOVE

2021.01.20

わたしと結婚する気あるの? バツイチ独身男性が覚悟を決める理由は…

アラサーサラリーマンライター・パピコのもとに舞い込んでくる恋愛相談。様々な恋愛模様から見えてくる男女の本質とは? 働く私たちの理想の幸せのかたちとは? 同世代女子たちの恋愛にエールを送りつつ、独自の目線でアラサーのリアルをレポート! 今回は離婚経験のある独身男性が考える結婚の決め手を掘り下げます。

サラリーマンライター パピコ

離婚経験ありの独身男性の結婚観に聞く! 結婚を決める判断材料って?

パピコのまわりには、アラサー〜アラフォー女子が多いこともあり、彼氏がバツイチというのことはよくあるハナシ。最近はバツイチなんてことを気にする子も少ないけど、女子会の議題に上がるのは、その彼氏が結婚をする気があるのかどうか!

結婚を迫るのも良くないというけれど、やっぱり気になる相手の本心ですよね。そこで男性側の意見をパピコが独自に調査してきました!

バツイチ男性、実際結婚する気、あるの? ないの!?

事例1:金融系勤務50代男性が20代女性としか付き合わない理由

(c)Shutterstock.com

50代男性(日系金融会社勤務)
・バツ1
・子供なし
・彼女年齢は25歳

「俺、20代の子としか付き合わないって決めているんだ。何でだと思う…?」

(そんなこと、知りません。どうせ、若い子がいいんでしょ)と冷たい言葉を浴びせたいところだが、しょうがないので調子を合わせて聞き返してやる。

「え〜、何でですかー? やっぱりアラサーよりも、若い子が魅力的なんでしょうか?」

「パピコちゃん、そんなんじゃないんだよ。」

(いや、でも若い子がいいんでしょ??)イライラするも、ぐっと飲み込む。

「あのね、30歳過ぎ、いや、むしろ28歳くらいの女性は結婚が迫っているでしょ? 俺は、もう結婚する気ないからね。実際に結婚を迫られてお別れした彼女もたくさんいるんだ。だから、20代のまだ結婚までに3年以上の猶予がある子と付き合うんだ。もし数年お付き合いをした後、リリースしてもまだ時間があるでしょ?」

金融系にお勤めのその彼は50代とは思えないくらい、スマートな体型。有名金融機関、高いポジションで活躍しているようだから、20代前半だとしても、言いよる女性も少なくないだろう…

「ま、責任を取りたくないし、迫られたくないんだよね!」

少なからず結婚を意識しているアラサー女子は、相手がどう考えているか悩み、ストレスを抱えてしまうだろう…。実際にそんな友人が数名いる。確かに、悔しいけど彼が言っていることは一理ある。というかニーズには完全にマッチしている。

事例2:IT系40代男性が結婚を決められずにいる理由

(c)Shutterstock.com

40代男性(IT系会社勤務)
・バツ2
・子供あり
・彼女年齢は31歳

「今の彼女とは結婚しても良いかなと思っているよ。実は以前付き合っていた28歳の看護師の子は結婚する気になれなかったんだよね…」

「失敗したから、その辛さも知っているし、子供もまだ小さかったのに、もうあの思いはしたくないかなと思っていたんだけど。今の子とは結婚したい! と直感的に思ったんだ」

お! アラサー女子に希望の光! と思いきや…

「今の彼女は付き合った当初は結婚してもいいなって思いが強かった。けど、最近は彼女の結婚アピールが強くて、例えば、結婚式をしたい? とか、子供まだほしい? とか、ちょっと詰められている感じがあると、ちょっと引いてきてしまっているんだ…」

あちゃー… アラサー女子はよくやっちゃうんです。結婚を何気なく迫らないと、相手が決断しない! と友人にアドバイスをされてその通りにやってしまう。この彼の場合は逆効果だったんですね。

事例3:医療系メーカー40代男性が結婚を決めた理由

(c)Shutterstock.com

40代男性(医療系メーカー勤務)
・バツ1
・子供あり(?)
・彼女年齢は36歳

「結婚? 実際興味なかったよ。でも、今の彼女と付き合って3年経って、実はこの前プロポーズして、婚約したんだ。やっぱり長く付き合って、もう彼女なしの人生は考えられなかったし、あとはやっぱり自分の子供欲しいと思ったんだ」

あれ、お子さんいなかったっけ…? と思ってよく聞いてみると、前妻の前のパートナーとの子供だったみたい。自分の実子はいなかったのね。

このカップルは彼女もパピコの友人。彼女が以前言っていた言葉が印象的でした。

「なんか〜、前は結婚しなきゃ! って思っていたんですけど、今の彼といることは幸せだし、もしタイミングがきたらでいいじゃないかと思っているんですよね〜」

その余裕はどこから来るのか… 大変見習いたいです。。。

3名の男性から学べることは…?

離婚をするのは大変なもの… 一度辛い経験をしていると、確かに一歩踏み出すのにはためらいますよね。サクっと結婚まで進む人もゼロではないですが、相手のことも考えて慎重に、詰めていきましょう(笑)。実子がいるかどうかも、判断する上での大切な事柄ですしね。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

サラリーマンライター パピコ

東京都内で働くアラサーサラリーマン。日々仕事に謀殺されながらも、周囲の人々に抱くフラストレーションを、かえって楽しめる技をもつ。アラサー女性の周りに良くいる多種多様な人物をパピコ独自の目線でつづります。
イラスト/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.02.25

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi3月号『あまり「塗りたくない日」の程リップ、ちゃんと「塗りたい日」の映えリップ』P.162掲載の商品の価格に誤りがありました。正しくは、カネボウ化粧品 ルナソル シークレットシェイパーフォーリップスが¥3,500(セット価格)、カネボウ化粧品 ルナソル デューイマット リクイドが¥3,800になります。お詫びして訂正いたします。

Feature