魅力的で憧れる!「朗らか」の意味や使い方の例文・当てはまる人の特徴をまとめてご紹介 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 魅力的で憧れる!「朗らか」の意味や使い方の例文・当てはまる人の特徴をまとめてご紹介

WORK

2021.01.09

魅力的で憧れる!「朗らか」の意味や使い方の例文・当てはまる人の特徴をまとめてご紹介

「朗らかな人」と聞くと、男女問わず、良い印象を浮かべますよね。ただ、「朗らか」とは具体的にどういったことを指すのでしょうか? 本記事では、「朗らか」の正しい意味や使い方、また当てはまる人の特徴についてご紹介します。

【目次】
「朗らか」の読み方と意味
「朗らか」の使い方を例文でチェック
「朗らか」の英語表現とは?
朗らかな人の特徴・性格
「朗らかな人になるための方法」とは?
最後に

「朗らか」の読み方と意味

(c)Shutterstock.com

「朗らか」ってなんだかいい響きですよね。朗らかな笑顔で毎日を過ごしたいもの。朗らかの言葉の意味から、朗らかに日々を過ごす方法までをご紹介します。

まずは、言葉の意味をおさえておきたいと思います。

朗らかの読み方

「朗らか」とは「ほがらか」と読みます。

朗らかの意味

意味は、「穏やかで晴れ晴れとしている」こと。人の様子や人柄などに使う言葉です。また、「日差しが明るく、空が明るい」ことも「朗らか」といいます。

いずれも、

・穏やか
・気分がいい

ということが共通しています。

「朗らか」の使い方を例文でチェック

実際の使い方をご紹介します。「朗らか」は、聞くことはあっても、書いたり自分で使ったりすることは少ないかもしれません。例文をおさえておくと、自信を持って使えますね。

(c)Shutterstock.com

1:今日は朗らかな秋空だ

真夏の晴れた日のような強い日差しではなく、心地よい穏やかな日差しがさす晴れた日のことを言います。単純に「いい天気」というよりも、「穏やかで過ごしやすい日」であることが伝わります。

2:彼女は朗らかな笑顔でこう言った

人を和ませるような、穏やかな笑顔のことを朗らかな笑顔といいます。女性でも、男性でも用いますし、大人から子どもまで年齢も問いません。

3:彼はいつも朗らかな人だ

朗らかは、気持ちや表情、天気などだけでなく、人柄そのものを指して使うこともできます。こちらも、女性でも男性でも構いません。

「朗らか」の英語表現とは?

「朗らか」を英語でいうと、

・cheerful
・bright
・clear

などが挙げられます。

いずれも、日本語と同じくポジティブな印象ですね。

朗らかな人の特徴・性格

「朗らか」な人とはどんな人なのでしょう。特徴を挙げてみますね。

(c)Shutterstock.com

1:明るい

「朗らか」な人は、いつも明るく清々しい雰囲気です。困ったことがあっても、決して落ち込まず、よりよい解決方法を前向きに探ろうとします。

2:言葉づかいがやさしい

「朗らか」な人は、言葉づかいがやさしいという特徴があります。怒ることがあっても「やめてよ!」ではなく、「それはちょっと困るなあ」とやさしくたしなめてくれるのです。

3:いつも気持ちが一定している

「朗らか」な人は、感情の起伏が緩やかです。それも低い位置で一定しているのではなく、ご機嫌に近い位置で保たれているので、とっても付き合いやすい人といえます。

4:常に自然体

「朗らか」な人は、常に自然体。焦ったり、緊張したり、というシーンがあまりみられません。なぜかというと、自分のことをありのままに受け入れているから。自分を無理に大きく見せようとか、かっこよく見せようとかいう、虚栄心がないから自然体でいられるのです。

5:ユーモア精神にあふれている

「朗らか」な人は、周囲を楽しませることも得意です。ユーモアセンスにあふれ、雰囲気が悪くなったなと少しでも感じたら、サッとみんなを和ませることができます。人を笑わせる時も、人をおとしめたり、自分をさげすんだりということはしません。どこまでもスマートに、品よく、その場を和ませるのです。

「朗らかな人になるための方法」とは?

「朗らか」な人には憧れますね。周囲に「朗らかだなあ」と思う人がいれば、ぜひ、その人を真似してみて。少しずつ、あなたも「朗らか」な人になれると思います。

以下に、「朗らか」な人になるための方法をいくつか挙げてみますので、できそうなものを試してみてくださいね。

(c)Shutterstock.com

1:口角をあげる

「朗らか」な人は、いつも笑顔。それを真似してみましょう。例えば、歩いている時や移動中など、そっと口角を上げてみてください。自分で思うほどニヤニヤしていないものなので安心して。不思議と心が軽くなりますよ。

2:スケジュールに余裕を持つ

「朗らか」な人は、アクセクしていません。忙しくてもそのようにできればいいのですが、急には難しいですね。まずは、スケジュール自体に余裕を持ってみましょう。生活が緩やかになれば、自然と心が穏やかになります。

3:柔らかい言葉を選ぶ

「朗らか」な人は、キツい言葉を使いません。これを真似してみましょう。「これとこれを買ってきて!」ではなく、「これとこれを買ってきてくれるとうれしいな」、「こうしてくれないと困るんだけど」ではなく、「こうしてくれるとうれしいなあ」など。前向きで穏やかな言葉に言い換えてみましょう。

4:自分磨きをはじめる

「朗らか」な人は、ありのままの自分を認めています。でも、自分の悪いところって気になりますよね。であれば、自分磨きをはじめてみましょう。自分に手をかけてあげることで、自分をよく見つめるようになり、自分の良いところが見えてくるようになりますし、自分磨きが成功すれば、達成感が得られて自信につながります。

5:ありがとうという

「朗らか」な人は、どんな人にもやさしく接します。どんな人にも、というのはなかなか難しいですが、ひとつ簡単にできることがあります。それは「ありがとう」と言うこと。家族でも兄弟でも、同僚でも、恋人でも、ことあるごとに「ありがとう」と言ってみましょう。「ありがとう」と言われて気分の悪い人はいませんし、誰に対してもできることのひとつです。

6:人も自分も許す

「朗らか」な人は、自分にも穏やかです。「朗らか」な人になろうとしても、急にはうまくいきませんよね。そんな自分のことを責めたりせず、「今日はちょっと上手にできなかったな」と許すのです。

自分のことが許せれば、人のことも許せるようになります。そうしているうちに、穏やかに人に接することができるようになります。

最後に

(c)Shutterstock.com

「朗らか」って、とてもいい言葉ですよね。「朗らか」な人とは、少しくらい困ったことがあっても、嫌なことがあっても、極端に落ち込んだり、イライラしたりせずに、穏やかに構えていられる人のこと。

そんな「朗らか」な人たちのいちばんの特徴は、人生を楽しんでいること。困ったことも、悲しいことも、人生の中のスパイスだと思って、寛容に受け入れているのです。そんな前向きさと心の広さがあれば、たいがいのことは笑顔で乗り切れそうですね!

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.21

編集部のおすすめ Recommended

Feature