ニットとセーターの違いは? おすすめコーデまでスタイリストが解説 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. feature(fashion)
  4. ファッション用語
  5. ニットとセーターの違いは? おすすめコーデまでスタイリストが解説

FASHION

2023.11.17

ニットとセーターの違いは? おすすめコーデまでスタイリストが解説

ニットとセーターってどう違うの? カーディガンは? 似ているけれどちょっと違うアイテムをクローズアップ。その違いやニットの種類、着こなしのポイントなどをスタイリストが解説します。

【スタイリストが解説】ニットとセーターの違い

同じアイテムをニットと呼んだりセーターと呼んだり。人によって呼び方が違うのはなぜ? そもそもニットとセーターは同じものをさしているのでしょうか? そんな、知っているようで知らないふたつの違いや、着こなしのコツについてスタイリスト・城長さくらさんに教えていただきましょう。

 ニットとは

ニットとは

「ニットとは1本の糸で輪をつくりながら編まれた生地のこと。ニットを使ったアイテムはトップスからボトム、小物までさまざまです」(スタイリスト・城長さくらさん 以下「」同)

ストールやアームウォーマー…ニット小物を存分に楽しもう♡

セーターとは

セーターとは

「セーターとはニット生地でつくられた、頭からかぶるタイプのトップスのことを指します」

本来ニットは編んだ生地そのものを指す言葉。ただし、ファッション的に「ニット」と単体で使う場合は、ニット生地でつくられた「セーター」を指すことが多いです。一方、ニット生地でつくられたパンツやワンピースのことは、「ニットパンツ」「ニットワンピース」など、ニット+アイテム名で呼ぶのが一般的。

キレイ色ニットのボトム考♡ デニム以外のおすすめは…

セーターとカーディガンの違い

セーターとカーディガンの違い

「セーターは前開きでない、上から被るタイプのニットトップス。カーディガンは前開き仕様でボタンを開けたり閉めたりできるトップスのことを指します。カーディガンの素材はニットに限らず、さまざまです」

ダークカラーの服が増える季節、アクアブルーがフレッシュに映える!

【網目の大きさ別】ニットの種類

ニットにはさまざまな種類があり、わけ方もいろいろ。そこでまず、網目の大きさによってどのように呼びわけているのか見ていきましょう。

1.ハイゲージニット

ハイゲージニット

「目の細かい糸を密に編み込んでいるニットのこと。ジャケットのインナーに着るような、薄手のデーターをイメージするとわかりやすいかもしれません。表面が滑らかなので、大人っぽく上品な印象になります」

黒タートルは薄手ハイゲージを選べばすっきりハンサムに着こなせる

2.ローゲージニット

ローゲージニット

「太い糸をざっくり編み込んでいるニットのこと。タートルネックセーターやゆったりとしたカーディガン、ロングマフラーなどによく使われます。表面が立体的で、ボリュームが出るのが特徴的」

〝ピンクonピンク〟で大人の週末コーディネート♡

【編み方別】ニットの種類

セーターにはハイゲージ、ローゲージという区別の仕方以外に、編み方によってわけるケースもあります。編み方は商品名に使われることも多いので、知っておくと商品のイメージが湧きやすくなりますよ。ここでは、代表的な4つの種類をご紹介します。

 1.ケーブルニット

ケーブルニット

「縄のように結ばれた網目が特徴的なニット。セーターやタイトスカート、ワンピースなどによく使われます。網目にインパクトがあるので、一枚で着ても印象的な着こなしが叶います」

ポロ ラルフ ローレンの「きれい色ケーブルニット」で春コーデに品格を!

 2.リブニット

リブニット
「ストライプのように編んだニットのことで、凸凹した独特の形状をしています。伸縮性があり体にフィットするのが特徴的。トップスやボトムに多く用いられていています。編み方によってリブの太さもさまざま」

今が買い! のTheoryの上質ニットでニュアンスカラーコーデ

3.モヘアニット

モヘアニット

「アンゴラヤギの毛を使ったニット素材。やわらかく滑らかな質感で、美しい光沢があります。ふわふわっとした見ためがかわいらしく、トップスやワンピース、マフラーなど、いろいろなアイテムに使われています」

秋の景色に映えるチャコールグレーニットコーデ

4.ワッフルニット

ワッフルニット

「ざっくりとしたローゲージニットで、凸凹としたブロック状の網みめが特徴的。ボリューム感があるため、1枚で着ても存在感を発揮します」。以上、代表的なニットの種類をご紹介しました。

売り切れ注意!『今すぐ欲しい』冬ニットなら♡

【2023年最新】ニットを今っぽく着こなすポイント

定番アイテムでもあるセーターを大人っぽく、感度高く着こなすには? トレンドのレイヤードスタイルや小物使いなど、ニットコーデをよりお洒落に見せる3つのポイントを解説します。

POINT1|トレンドのラメニットを投入!

トレンドのラメニットを投入!

「今季いろんなブランドから出ているラメニット。1点投入するだけで見ためも華やかになり、グッと鮮度が上がります」

定番アンサンブルニットは上品なシャイニー素材で今どきに♡

POINT2|異素材レイヤードで奥行きを出す

異素材レイヤードで奥行きを出す

「今季もレイヤードは引き続きトレンド。ニットに表情の違う素材を重ねることで、コーディネートにリズムや奥行きが生まれますし、防寒対策にも◎! たとえば、シアートップス×セーター、ビッグカラーブラウス×ニットカーディガン、カットソー×ニットビスチェなど、レイヤードを考えるのが楽しい季節ですね」

細見え3Dニットはセットアップで!〈スタイリスト 城長さくら発〉

POINT3|+ニット小物で着こなしをアップデート

+ニット小物で着こなしをアップデート

「ニットトップス+ニット素材のストールやマフラーなど、同素材アイテムを組み合わせると、セットアップ同様、簡単にまとまりが出ます。コーディネートに統一感がほしいときは、洋服と小物の素材を合わせるのも手」

秋冬コーデに深みが出る【上質ストール】4選! きれいめスタイルに合う肌触りと色味に注目

ニットトップスのおすすめコーデを厳選

ここからは今年らしいニットトップスの着こなし実例をピックアップ。定番のタートルネックやモヘアに加え、トレンドのシアーニットや襟付きトップスなど、ワードローブを活性化させてくれるアイテムが盛りだくさん! ぜひ、秋冬シーズンの着こなしに役立ててください。

モノトーンコーデをシアーニットで一新

モノトーンコーデをシアーニットで一新

ハンサムなラップパンツにスニーカーを合わせたカジュアルスタイルも、起毛感のある透けニットを合わせればどこか女らしく。シンプルだけれど新しい、今どきモノトーンコーデが完成。

秋のマスト買いボトムは、センタープレス入りラップデザインパンツ!

お利口さんな襟付きニットをキャメルパンツでまろやかに

お利口さんな襟付きニットをキャメルパンツでまろやかに
引き続き人気の襟付きトップス。秋冬はトラッドスタイルで楽しむのがおすすめ。キャメルパンツを軸にすれば生真面目になりすぎず、優しげな印象も手に入る。

継続人気の襟付きトップスをキャメルパンツで優しげに

シャギーニットでつくる上品な濃淡グレー

シャギーニットでつくる上品な濃淡グレー
グレーを取り入れるなら、地味とは無縁のほんの少しの〝華やかさ〟が欲しいところ。フェミニンなシャギーカーデやキレのあるメタリックパンプスなど、合わせるアイテムのテクスチャーにもこだわりたい。

異素材でこなれた立体感を出す濃淡グレーコーデ

きれい色ニットにメンズライクな足元でこなれ感を加味

きれい色ニットにメンズライクな足元でこなれ感を加味
清涼感のあるカラーニットに女っぷりのいいナロウスカートを合わせたきれいめスタイル。落ち着きすぎないよう、足元はボリュームのあるエンジニアブーツでパンチを効かせて。

この秋冬、足元はエンジニアブーツがいい♡

ベーシックなニットで華やぎパンツを上品に

ベーシックなニットで華やぎパンツを上品に
フレッシュなラベンダーのクロップドパンツを、オフ白タートルとニットジレで品よくまとめて。流行りの色や素材も、ベーシックなニット合わせならきれいめに着こなせる。

オフ白のジレやラベンダー色パンツで華のあるスタイル完成!

甘色ニットを黒小物で引き締めて

甘色ニットを黒小物で引き締めて
大きな黒のボストンバッグに、黒のひも靴。小物が思いっきり辛口だから、ふんわりニット×コットンスカートのガーリーな組み合わせも大人っぽくまとまる。

辛口小物が、甘めコーデを“大人の余裕”に変える

ノルディック柄ニットをすっきりタイトで都会的に

ノルディック柄ニットをすっきりタイトで都会的に
ノルディック柄がアクセントになるグレーのニットに、タイトスカートやチェーンバッグ、ヒール靴など“きれいめ”なアイテムを合わせることでシティになじむ装いへ。首元から白シャツをのぞかせ、顔周りの明るさをワントーンUP!

ほっこりしがちなノルディック柄ニットをシティガール風に着こなすなら…

最後に

「ニット」は毛糸のような素材で編んだ生地のこと。「セーター」はかぶるタイプのニット素材のトップスのこと。正確には意味が異なりますが、今ではセーターのこともニットと呼ばれていることがわかりました。

これからますますニットが活躍する季節になるので、トレンドのデザインを取り入れたり、レイヤードや小物を使ったテクニックなど今季らしいニットの着こなしをマスターして、秋冬のお洒落を楽しんでください!

▼スタイリスト解説シリーズを読む

城長さくら

監修者:スタイリスト 城長さくら

スタイリスト・望月律子氏に師事し、独立。シンプルなアイテムを色やシルエットの組み合わせでおしゃれに味つけするスタイリングで人気上昇中! 現在は『Oggi』などの女性誌や広告、カタログなどで活躍の場を広げている。Instagram(@shiroosa)では日々のスタイリングを公開中。おしゃれのヒントが詰まった投稿はどれも見逃せない。


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.02.26

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。