時短なのにおしゃれ【秋冬版ミニマリストコーデおすすめ選】ワードローブ服の選び方もご紹介♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. シンプルコーデ
  5. 時短なのにおしゃれ【秋冬版ミニマリストコーデおすすめ選】ワードローブ服の選び方もご紹介♡

FASHION

2020.11.10

時短なのにおしゃれ【秋冬版ミニマリストコーデおすすめ選】ワードローブ服の選び方もご紹介♡

「ミニマリストのコーデ」とは、自分にとって本当に必要な服だけで、おしゃれに着まわすファッションのこと。おしゃれに自信がない人や、忙しくて時間がない人にぴったりなコーデ術です。ただ、洋服の選び方は人それぞれ。選ぶポイントと自分の好みをチェックしながら、少しずつ取り入れていきましょう♪

【目次】
ミニマリストの【基本】について知っておこう!
ベーシックな【トップス・ボトムス】とは?
冬のきれいめ【レイヤードコーデ】
ミニマリストにおすすめの【アウター】
最後に

ミニマリストの【基本】について知っておこう!

ミニマリストのコーデにはメリットがいっぱい! 毎朝の何気ない服選びですが、迷ったり悩んだり妥協で選んだり…。いざ外出してから「コーデに失敗した」と、後悔することもあったかも知れません。毎日のこと、小さなことですが、意外とストレスに感じている人も多いもの。はじめに、ミニマリストコーデのメリット・デメリット、そして、向き・不向きを確認してみましょう。

【INDEX】
・ミニマリストの『メリット』
・ミニマリストの『デメリット』
・ミニマリスト的『服選びのポイント』

メリット・デメリットとは?

メリット・デメリットとは?

世の中の“情報”もそうですが、あふれて選択肢が多すぎると思考が追い付かず、一つを決めるのにも時間がかかります。ものごとをシンプル化して“労力のエコ”を。

≪ミニマリストとは≫
持つものを必要最小限にすること。ストレスに感じる“無駄”を工夫して省くこと。その意識を暮らしに取り入れることで、自分にとって何が大切で何が必要かを、改めて知るきっかけにもなります。

≪ミニマリストのメリット≫
・洋服の収納が小スペースで済む
・衣替え不要
・洋服の買い替えも大幅減
・コーデがすぐ決まる
・コーデ選びへのストレスを削減
・時間とお金を有効に使える
・気分の上がる服だけになる
・洋服の管理が簡単にできる
・忘れ去られる服がなくなる

≪ミニマリストのデメリット≫
・流行を追わなくなる
・色んな洋服を持てない
・いつも似た雰囲気のコーデになる
・こまめに買い物ができない
・コーデを選ぶ楽しみがない

デメリットがストレスに感じる人には、不向きかも知れません。自分にとって、何が好みで何がストレスなのか… で、感じ方が分かれるところですね。

服を選ぶときのポイントは?

服を選ぶときのポイントは?

≪断捨離からはじめる≫
まずは「たられば服」に別れを告げ、クローゼット内の断捨離を。

次に『ミニマリスト』として、残すべき洋服のポイントをご紹介します。

≪ミニマリストが選ぶ服のポイント≫
・基本は“オールシーズン服”を意識
・夏限定・冬限定服は、割合を決めると増えすぎない
・ボトムは冬限定生地を選ばないのがコツ
・きれいめにもカジュアルにも着られる服
・流行に左右されない服
・どんな服にも合うベーシックな色
・気分が上がる服

※普段どこに出かけて、どんな系統のコーデが自分に必要なのか、事前に書き出してみると選びやすい。
※中には「旦那さんと共有している服もある」という人も。

働く女性のワードローブ、「捨て方」「残し方」

ベーシックな【トップス・ボトムス】とは?

さっそく、シンプルで着まわしやすいトップス・ボトムスからご紹介していきます。秋冬版“流行に左右されないオールシーズンもの”です。「好みに合ってる」「参考にしたい」というコーデを、チェックしてみてくださいね。

【POINT】
・洋服選びの“MY条件”を再確認する
・どのアイテムが何着あれば着まわしやすいかを確認する
・服の買い物が減る分、質のいいものを長く着てコスパUP!
・何かを参考にしても、必ず“自分の好み”を優先する
・“着たときに気分が上がる服”だけを選ぶ

レイヤードにも大活躍『白シャツ』

レイヤードにも大活躍『白シャツ』

“華奢な女性”を印象づける、オーバーサイズのシャツ。スキニーと合わせてメリハリをつくったり、ニットとのレイヤードにも◎。清潔感ただよう白トップスは常備しておきたい。

ストイックな黒パンツを軸に、攻めたデザインに挑戦

クールさ際立つ『ネイビーシャツ』

クールさ際立つ『ネイビーシャツ』

シックなスタイルに重宝する黒やネイビーのシャツ。スッキリしたシルエットなら、パンツやスカートにインしてスタイリッシュに。黒やネイビーのトップスも一枚あると便利。

【キツくない顔】代表メイクの作り方… マストアイテムからコーデまで

『カットソー』もベーシックなカラーを

『カットソー』もベーシックなカラーを

カットソー派でも大丈夫。ゆったりパンツでも落ち感があれば、きれいめコーデは叶います。女性の味方、引き締めカラーの黒パンツも候補に入れて。「傷みやすいトップスはローコストに抑える」と割り切るのも手。

品がいいのにこなれ見え!【ニュアンスカラー】

Oggi世代におすすめ『ワイドパンツ』

Oggi世代におすすめ『ワイドパンツ』

リラックス感のあるきれいめアイテムといえば『ワイドパンツ』。肌なじみのいいベージュでやわらかな印象に。コットン素材なら、オールシーズン着られる。

クリーンな白で一足早く春気分♪ 実はあったかレイヤードスタイル

秋冬のトップスに『黒ニット』は欠かせません

秋冬のトップスに『黒ニット』は欠かせません

ぼんやりしがちな淡色ボトムは、黒ニットで締めると好バランス。ワイドパンツは、あまり太すぎないすっきりシルエットがきれいめ。

小柄でもバランスよくはけるワイドパンツ

大人っぽいのは『マキシ丈スカート』

大人っぽいのは『マキシ丈スカート』

黒ニット×紺フレアスカート。大人の女性に似合うスカートでおすすめなのは長め丈。スニーカーもパンプスもブーツもおしゃれに。動きやすさのチェックも忘れずに。

【日本発ブランド】で見つけるシンプルで上質な大人クローズ!

【黒ニットワンピ】はきちんとシーンにも◎

【黒ニットワンピ】はきちんとシーンにも◎

「時短コーデ」と言えば、ワンピース。きちんと感ただよう黒ワンピなら、ちょっとしたお呼ばれにも違和感ありません。

シンプルモードな休日おしゃれは【ニットワンピース】で

冬のきれいめ【レイヤードコーデ】

冬のコーデで悩むのは寒さ対策のレイヤード。重ね着すると着ぶくれして、カジュアル感が強まることも。ミニマリストのコーデにおすすめなのは『長めカーディガン』。パンツもスカートも、縦長効果できれいめに。

【POINT】
・着脱できる“はおりもの”が便利
・ベーシックカラーはお約束
・カーデ以外の、絶対おすすめなアイテムも必見!

揺れ感が女らしい『プリーツスカート』

揺れ感が女らしい『プリーツスカート』

ニットとスカートの異素材が生むメリハリも、おしゃれのポイントに。フレアスカートが苦手な人は、広がり抑えめのプリーツスカートがおすすめ。大人っぽい細プリーツを選んで。

会社帰りに予定がある日は【薄軽プリーツスカート】が使える

『ワイドパンツ』の大人カジュアル

『ワイドパンツ』の大人カジュアル

ざっくりカーデ×ワイドパンツ。黒で締めて、クールなニュアンスに。

お仕事ON&OFF共に頼れる万能アイテム

『黒デニム』にきれいめをON!

『黒デニム』がきれいめな印象に

「アクティブに動くこと」を加味したい人には、デニムも大切。流行に左右されないストレートがおすすめです。ロングカーデや小物できれいめに。黒デニムならラフになりすぎない。

きれいめカジュアルで、どんな予定にもフレキシブル対応!

『ロングカーデ』はコーデのまとめ役としても活躍

『ロングカーデ』はアクセントとしても活躍

ダークな配色に抜けをつくるのもカーディガンのお役目。アクセサリーや小物で女らしさをプラス。

スタイリスト渡辺智佳さんのプチプラアイテムコーデ

ミニマリストに『絶対おすすめ』なアイテム

ミニマリストに『絶対おすすめ』なアイテム

▲シャツワンピース01
1枚でコーデが決まるシャツワンピース。ばさっと着るだけでおしゃれが叶う、サイズ&丈感です。

ミニマリストに『絶対おすすめ』なアイテム

▲シャツワンピース02
ニュアンスカラーのリブレギンスをのぞかせて、コーデの鮮度を上げるのも◎

ミニマリストに『絶対おすすめ』なアイテム

▲シャツワンピース03
カーデ感覚ではおることもできるシャツワンピは、着まわしの対応力バツグンです。

秋の最旬シャツワンピ着回しコーデ

今っぽいレイヤードも可能!

今っぽいレイヤードも可能!

ロングワンピースは、ワイドパンツとレイヤードすると今っぽく。

シンプルモードな休日おしゃれは【ニットワンピース】で

“大人の余裕”ただようレイヤード

大人の余裕ただようレイヤード

白シャツとゆるニットを重ねて、落ち感のあるワイドパンツを合わせたカジュアルコーデ。この気負いのない雰囲気が、大人っぽさを引き上げる。

いつものデニムを黒ワイドパンツに変えれば、大人の余裕がにじみ出る

ミニマリストにおすすめの【アウター】

アウターも同じく、きれいめにもカジュアルにも合うものが理想。ここでご紹介するデザインは『長め丈コート』です。ロングカーディガンやシャツワンピにも合わせやすくておすすめ。

【POINT】
・スッキリしたシルエット
・スッキリしたデザイン
・取り外せるフード付き

コートに余計な装飾はいらない

コートに余計な装飾はいらない

アウターこそ一着で十分。選ぶポイントは、シンプルでシュッとしたシルエットであること。取り外せるフードがついていれば、カジュアルニュアンスも即完成です。

さっそく、アウター選びのポイントを見ていきましょう。

〝Theory〟の2大名品コート

テイストを変えられる2wayが便利!

▲日常使いにぴったり。フードが付いてるだけで、カジュアル感満載のネイビーコート。

▲フードを取り外すと、シンプルなノーカラーコートに。

▲タートルを合わせたり、マフラーを巻くのもモタつかない。

2WAYコートがお仕事コーデに活躍

クールフェミニンな『フード付きコート』

クールフェミニンな『フード付きコート』

ダークな配色になりがちな冬のコーデには、優しげな色味のアウターで明るい印象に。フードをはずせばノーカラーコートになり、顔まわりすっきり。

クールフェミニンな『フード付きコート』

シンプルなデザイン&品のいい質感が、“きれいめ”のキモ。

女らしく仕上がる絶妙丈の【2wayコート】

薄着派にはダウンがおすすめ

薄着派にはダウンがおすすめ

レイヤードを考える手間も省きたいな… という人は、防寒力バツグンのダウンコートが優秀。着ぶくれしやすいアイテムなので、ウエストラインがくびれている「シュッ」としたデザインを選んで。長め丈でスタイリッシュなので、フード付きでもきれいめ。

クリスマスの夜は細身ダウンで女らしく温かく

最後に

気になっていた『ミニマリストコーデ』。「やってみたい」という気持ちがぐっと高まったのではないでしょうか? これまでの習慣を変えるのは、いきなりは難しいかもしれませんが、時間やお金、そして気持ちにゆとりが持てるのはとっても魅力的。色々着てみて・感じてみて・調整しながら、すべての季節を体験して見えてくることもありそうですね。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.23

編集部のおすすめ Recommended

Feature