「エンカウント」の正しい意味と語源を解説! 使い方の例文や類語もチェック | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 言葉
  4. 「エンカウント」の正しい意味と語源を解説! 使い方の例文や類語もチェック

WORK

2020.08.11

「エンカウント」の正しい意味と語源を解説! 使い方の例文や類語もチェック

会社の後輩が何気なく使っていた「エンカウント」という言葉。それってどんな意味だっけと、ついつい調べてしまいますよね。ここでは「エンカウント」の意味や語源、使い方まで説明していきます。

【目次】
「エンカウント」とは? 意味や語源を知ろう
「エンカウント」の使い方を例文でチェック
「エンカウント」の類義語とは?
最後に

「エンカウント」とは? 意味や語源を知ろう

「エンカウント」という言葉を皆さんは、聞いたことがありますか? 「英単語に似たような単語があったかもしれない、だけどはっきりとした意味を思い出すことはできない」という人や、はたまた「エンカウントは、ゲームの専門用語だ!」とすぐに気づく人もいるかもしれません。

では、「エンカウント」とはどのような意味で、どのような場面で使うのでしょうか。「エンカウント」の語源や使い方を解説しますので、この単語を使いこなせるようになってくださいね。

(c)Shutterstock.com

まずは、「エンカウント」の意味や語源をご紹介します。

◆「エンカウント」の意味

ゲームでの「エンカウント」とは、コンピューターRPG(ロールプレイングゲーム)において、「敵と遭遇する」ことを意味します。また、ファンタジー系ライトノベル(以下ラノベ)でも、RPGをモチーフにしているものが大半なので、「敵との遭遇」として、「エンカウント」が用いられます。しかし、ラノベにおいては、「エンカウント」を「敵意を持たないものとの遭遇」という意味でも使用します。

実際の日常場面で使われる「エンカウント」とは、「人やものと出会うこと」を意味しますよ。

◆「エンカウント」の語源はゲームから

「エンカウント」とは、英語の「encounter」の「偶然に出くわすこと(遭遇)」という意味から生まれたものです。ゲームをしていた日本人が「encounter」を「エンカウント」と解釈して、このようなゲーム用語が生まれました。そのため、和製英語の「エンカウント」と一致する英単語はありません。また、この「エンカウント」は、動詞ではなく名詞として使われます。

ゲーム上の「エンカウント」には様々な使われ方があります。歩いていて敵に遭遇し、戦闘になることを「ランダムエンカウント」、敵のシンボルに触れることで戦闘になることを「シンボルエンカウント」などと言います。

「エンカウント」の使い方を例文でチェック

(c)Shutterstock.com

先述したように、「エンカウント」は名詞です。動詞として使う場合には、「(~に)エンカウントする/した」などというように使います。具体的な「エンカウント」の使い方を、例文とともに見ていきましょう。

1:「ポケモンGOで、激レアポケモンにエンカウントした」

この場合の「エンカウント」とは、「~に遭遇」という意味での使用例です。ゲーム上での「遭遇」という意味の「エンカウント」は、悪いことを意味することが大半ですが、良い何かに出会った時も稀に「エンカウント」と使用することがあります。

2:「家の中で、ゴキブリとはエンカウントしたくない」

この例文での「エンカウント」は、日常の中で良くないものと出会ったことを意味しています。この他にも、Twitterなどのアプリで「フォロワーとエンカウントしたい」というように、願望を表す際にも使うことができますよ。

3:「ボス戦に備えて、エンカウントなしのアビリティ(能力)を防具につける」

「エンカウントなし」とは、移動場面でランダムにザコ敵と遭遇する確率が、ゼロになるという能力です。これは、ゲームの用語になりますので、日常場面では使えません。

また、「エンカウントなし」は、ボス戦では効果がありません。そのため、「ザコだけでなく、ボス戦でもエンカウントなし」という使い方はできませんので、注意しましょうね。

「エンカウント」の類義語とは?

(c)Shutterstock.com

「エンカウント」はどんな単語に言い換えることができるでしょうか。3つご紹介します。

1:「遭遇」

「遭遇」とは、「予期せずに出会う」ことや「不意に出会う」ことを意味します。そのため、嫌いな人やものに思いがけず出会ってしまった時に使われることが多いです。

また、ゲームやラノベで使われる「エンカウント」と同義になります。しかし、ゲームにおける「遭遇」は、必ずしも悪いことを意味するわけではありません。

【例文】
「厄介な人に遭遇して、最悪な1日になった」
「敵の部隊に遭遇して、戦闘を余儀なくされた」
「レアキャラに遭遇できて、嬉しい」

2:「対戦」

「対戦」とは、「敵味方が相対して戦うこと」を意味します。競技やゲーム場面で使われることが多いです。

【例文】
「県大会でライバルと対戦して、勝つことができた」
「敵のキャラと対戦したが、強すぎたので負けてしまった」
「友達と通信対戦をして、勝った」

3:「出くわす」

「出くわす」を漢字にすると「出会す」と書きます。この単語の意味は、「偶然に出会うこと」、「ばったり出会うこと」です。多くは、人と人や、人と物事が一緒になるときに使われます。

また、時間をかけてゲームした後、ようやく目当てのキャラクターに出会えたときに、「出くわす」という言葉を使うこともできますよ。

【例文】
「敵の部隊長に出くわして、身動きができなくなった」
「難問に、出くわした」
「2時間探して、ようやくレアキャラに出くわせた」

最後に

(c)Shutterstock.com

「エンカウント」とはゲームやラノベだけでなく、日常生活でも使われていることがわかりました。仲のいい友人との会話やSNSなどで活用してみてくださいね。「エンカウント」の他にもゲーム上で使用されていた言葉が、一般的になったものとして、「カンスト」、「フラグ」などが挙げられます。興味を持った方は、他にもどんなゲーム用語があるか、調べてみるのも面白いかもしれませんよ。

同様に、今の日本には、「エンカウント」以外にもたくさんの和製英語があります。英語だと思って話したら、通じなかったなんてこともあるかもしれません。どの単語が和製英語で、どの単語が英語なのかを知っておくことで、恥をかかずにすみますよ。

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.09

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature