「不倫彼氏・37歳との匂わせ」投稿がやめられません… 弁護士・堀井先生が回答!<第15回> | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 「不倫彼氏・37歳との匂わせ」投稿がやめられません… 弁護士・堀井先生が回答!<第15回>

LOVE

2020.07.27

「不倫彼氏・37歳との匂わせ」投稿がやめられません… 弁護士・堀井先生が回答!<第15回>

結婚願望はなく割り切っているつもりが、不倫相手との「匂わせ」投稿がやめられない女性からの相談。人間関係トラブルに詳しい人気弁護士・堀井亜生さんが、ダメ男、ダメ上司など、Oggi世代の女性たちがハマってしまったトラブルをスッキリ解決する連載です。

弁護士堀井亜生さんの恋と仕事のスッキリ法律相談 PART15

テレビで人気の弁護士・堀井亜生さん。人間関係トラブルに詳しい堀井さんが、ダメ男、ダメ上司など、Oggi世代の女性たちがハマってしまったトラブルをスッキリ解決する連載です。

第15回目は、第15回目は、会社員の牧野晶子さん(仮名・27歳・年収440万円)。

前回記事▶︎「今は結婚できない」と言われてもう4年… 本当に結婚できる?

これまでの記事はこちら

◆割り切っているつもりが、不倫の「匂わせ」投稿をやめられない…!

10歳年上の彼と、1年前から社内不倫をしています。同じ部署の上司で、仕事ができてかっこいい人で、私の方から告白しました。彼には奥さんと子どもがいます。最初は会社帰りに食事やホテルに行く程度でしたが、最近は家族には出張ということにして旅行をしたり、私の家に泊まりに来てもらったり、関係が深まっています。

私は結婚願望はなく、子どもがほしいという気持ちもないので、このまま彼と長く付き合っていければと思っています。割り切っているつもりなのですが、最近になってインスタグラムに裏アカウントを作って、彼とのデートを投稿するようになりました。

たとえば、出かけた場所、食べたもの、お揃いで買った小物、彼の後ろ姿、手の写真などを投稿しまくっています。彼の好きな歌手の曲を聞いているところや、彼の好きな映画のことなども投稿しています。

もちろん彼とは分からないように気を付けていますし、彼もこのことは知りません。最初は非公開のアカウントでやっていたのですが、今は公開のアカウントにしました。それでも我慢できなくて、会社の関係者を見つけてはフォローするようになりました。

自分でもどうしてこんなことをしてしまうのかわからないです。彼にバレたらきっと別れることになるし、万が一奥さんに知られたら慰謝料を請求されるかもしれないと思うと怖いです。そう思ってたまに全部の投稿を消したりするのですが、しばらくするとまた再投稿してしまいます。私はどうしたらいいでしょうか?

◆堀井先生のアンサー

晶子さんは結婚願望はないと言っていますが、本当にそうでしょうか? もしかして、心の中では彼とオープンに交際したいと思っているのではないでしょうか。自分では、割り切っているつもりでも、やはり不倫関係というのは精神的につらいものなので、無意識のうちに罪悪感を覚えて自分の心に負担をかけているのかもしれません。

インスタに投稿してしまうのは、自分は充実した交際をしていて、つらくないんだと思いたいからではないですか。会社の人をフォローしてしまうというのも、“私たちの関係を知ってほしい”という気持ちの表れに思います。晶子さんは自分が思っているよりずっとずっと、精神的に追い込まれているのではないでしょうか。

SNSで不倫が発覚するケースはとても多いです。しかも、晶子さんのような「匂わせ投稿」から発覚するケースは数多くあるのです。私が実際に相談を受けた事例で、晶子さんのように不倫関係の匂わせを投稿していた女性がいました。

奥さんは最初気付いていませんでしたが、知人たちから「あなたの旦那さんに似た男性の投稿がある」と教えられて、女性のSNSを見たところ、写りこんだ持ち物やシルエットから夫の不倫に気づきました。奥さんが夫にそのことを告げたところ、そのようなことをする女性に嫌気がさして、奥さんのところに戻ってしまいました。

晶子さんは自分でもリスクをわかっているようですが、彼の奥さんが彼の行動とあなたのインスタを一致させて、あなたが不倫相手であることを特定する可能性は十分にあります。そして「匂わせ」は徐々にエスカレートするのが特徴です。

最初は思わせぶりな風景などだけを写していたはずが、食事を撮ったり、彼の腕を写り込ませたり、最終的には寝顔を投稿してしまったり…。まず、晶子さんは自分の気持ちと向き合ってみてください。ギリギリ彼とわからないような写真を撮って投稿を書いている時、あなたは虚しい気持ちになっていませんか?

少しでも虚しさを感じることがあるなら、彼と別れて未婚の相手と付き合うとか、いっそのこと彼に「奥さんに別れてほしい」ときちんと申し入れるか、そういう時期まで来ているのだと思います。不倫を続けていても誰も幸せになりません。きちんと“けじめ”をつける時期なのかもしれませんよ。

取材/前川亜紀 イラスト/チカツネナオ

弁護士 堀井亜生

北海道出身、中央大学法学部卒。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)ほか、各メディア、講演等で活躍。夫婦・男女問題に関するリアルな事例の紹介と解説が好評。著書に『ブラック彼氏 ~恋愛と結婚で失敗しない50のポイント~』(毎日新聞出版)がある。趣味は料理、ピアノ。一児の母。公式サイトはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.12.06

編集部のおすすめ Recommended

Feature